旧メールマガジン⁄ビジネスタイプ診断

「大事な商談の日、あなたの【勝負アイテム】はどれ?」

今回はあなたの「仕事中毒度」を診断します。
仕事への取り組み方は人それぞれですが、疲れがたまって集中できなくなったり、惰性で動くようになったりするのは困りもの。
ONとOFFを適切なバランスで切り替えて、新鮮な気持ちで仕事に取り組みたいですね。そこで、あなたの中毒度別に、ワークライフバランスを充実させるためのヒントをご紹介します。

1.「新品のシャツ」を選んだあなた
診断結果: 中毒度はそれほど高くないようです

「新しいもの」を身につけると、それだけでも気持ちが高まり積極的になれるあなた。仕事への中毒度は、それほど高くはないようです。
仕事はもちろん大切だけれど、趣味や付き合いなどもおろそかにしたくないという気持ちが強く、プライベートを犠牲にしすぎないよう、要領よく仕事をこなしていくタイプといえるでしょう。

アドバイス

仕事であまり無理はしたくない・・・と思っても、プロジェクトによっては、多少の無理をしてでも仕事に集中しなければならないことがあるものです。そんなときには、仕事への集中を途切れさせないために「ゴール後の楽しみ」を設定してみましょう。「これが終わったら気になっていた話題の小説を読もう」など、自分なりの楽しい目標を決めることで、目の前の仕事に取り組む気持ちを保ちやすくなります。あまり長い期間を設定すると集中が途切れてしまうので、プロジェクトをいくつかの段階に整理するなどして、わかりやすい区切りをつけるのがおすすめです。

>>>問題に戻る

2.「前の商談成立の日にはいていた靴」を選んだあなた
診断結果: 中毒度はやや高めです

前回、商談がうまく行った時の服装を靴まできちんと覚えているあなたは、仕事の細部までしっかりと把握し、集中して取り組む人。仕事中毒度は、やや高めのタイプです。仕事に夢中になると、寝食を忘れて没頭することも珍しくないようです。

アドバイス

いったんプロジェクトに取り組み始めると、次々と課題を見つけ、全力で取り組むあなた。ようやく一段落してみると、時間がなくて片付けられなかった自宅の部屋の中がぐちゃぐちゃに…ということもあるのでは。
もともと几帳面なあなたにとって、片付いていない部屋はストレスのもとにもなってしまいます。この際、スケジュールの中に「片付けタイム」を組み入れてしまいましょう。一度習慣にしてしまえば、片付いた部屋をキープするのはあなたにとってそれほど困難なことではありません。自宅がゆったりくつろげる「リラックス空間」になれば、気持ちの余裕を持って翌日からの仕事がスタートできるはず。

>>>問題に戻る

3.「お気に入りの写真を携帯の待ち受け画面に」を選んだあなた
診断結果: 中毒度は低めです

人に見せることはあまりない待ち受け画面を勝負アイテムに選んだあなたは、静かなプライベートタイムを大切にする人。仕事中毒度は低めと言えるでしょう。
仕事に対する基本的な考え方は、どちらかというとドライなもの。プライベートを犠牲にしてまで仕事にのめり込むのは、割に合わないと考えるタイプといえるでしょう。

アドバイス

一人でじっくりとプランを練ったり、ツールを使いこなしてデータを解析したりすることが得意なあなたですが、どちらかというとその能力を趣味の分野に向けてしまうことが多く、せっかくの能力を仕事に活かしきれていない可能性があります。そんなあなたは、仕事で頻繁に使うものに知的なこだわりグッズを取り入れるとよいかもしれません。スマートフォンにタスク管理のための最新のアプリケーションを入れてみる、スケジュール帳に凝ってみるなど、仕事をすればするほどあなたの知的好奇心や探究心が刺激されるため、仕事へのモチベーションが高まるでしょう。

>>>問題に戻る

4.「長年使っている万年筆」を選んだあなた
診断結果: 中毒度はMAX

毎日のように職場で愛用しているものイコール勝負アイテムのあなたは、仕事中常に真剣勝負!仕事中毒度はMAXです。「仕事でプライベートを犠牲にするなら本望!」くらいに思っているのではないでしょうか。プロジェクトのハードルが高いほど燃えるタイプでもあります。

アドバイス

プライベートを犠牲にしてでも仕事には集中して取り組むあなた。しかし気持ちは集中していても、身体には疲れがたまって気付かないうちに業務効率が落ちてしまっている可能性があります。小旅行などで、物理的に仕事から距離を置いて身体と頭を休めるのがよいでしょう。温泉に一泊するといった時間に余裕のあるプランにし、仕事用の携帯やPCを持っていかないなど、完全に仕事ができない状況にするとさらに効果的です。仕事をしない時間を作ることが、結果的に仕事の効率UPにもつながるでしょう。

>>>問題に戻る

>>ビジネスタイプ診断 トップへ

このページのトップへ