旧メールマガジン⁄ビジネスタイプ診断

「『入口』という漢字を書いてみてください。」

オフィスで手書きする機会はめっきり減りましたが、画一的なワープロ文字と違って、手書き文字には書いた人の個性が表れるものです。今回は、あなたの手書き文字から性格を診断し、あなたと部下のコミュニケーションがより円滑に進むヒントを紹介します。

手元にある紙に「入口(いりぐち)」と書いてみてください。

「入口」の「口」という字に注目してください。あなたの「口」という字で最も目立つ特徴を1つだけ挙げるなら、次のうちどれでしょう?

>>ビジネスタイプ診断 トップへ

1.「全体的に丸い」を選んだあなた
診断結果: 明るく、創造力・アイデア・ユーモアにあふれるタイプ

あなたは、自分の斬新なアイデアを実現させるために、障害を取り除くという経験を人より多く積んでいることでしょう。そのため、若手の企画を通すために力を貸したいと考えるので、部下から「話のわかる上司」と思われているようです。ユーモアを交えた日ごろのコミュニケーションで部下との関係を築けているあなたは、大きな仕事を前にしてもポジティブな発言でチームのモチベーションを高めることができるでしょう。

アドバイス

決められた範囲でルール通りに行動するのはちょっと苦手なあなたと、細かいことや意義にこだわる部下は、対極にあるタイプです。そのため、そんな部下を持った場合、あなたはチームの勢いをそがれるように感じてしまい、その部下を批判したくなるかもしれません。しかし、慎重派が減速するところには、必ずリスクが潜んでいるもの。「取り越し苦労」で済んだら幸運だと思って、そんな部下の話にもじっくりと耳を傾けるよう心がけましょう。

>>>問題に戻る

2.「角が鋭くとがっている」を選んだあなた
診断結果: いつでも用意周到で、行動がきちっとしているタイプ

いつも最悪の事態を想定し、ぬかりなく準備をするあなたは、リスク管理が得意。過去に起きた事故や失敗の例など、ネガティブな情報にも淡々と向き合い今後の事故防止策を用意周到に練り上げていきます。その綿密な事前準備により、チームを慎重かつ的確に導くことができるでしょう。

アドバイス

常識を重んじ、前例やルールなどの枠組みがないと不安になりやすいあなたは、マイナス要素ばかりを挙げて部下のモチベーションを下げてしまわないように気を付けたほうがよいでしょう。また、少しルールを曲げてでも何かをやりとげてしまうタイプの部下が許せなくて、厳しく罰することに意識が集中してしまうこともあるのでは? 彼らを裁くことだけに気を取られないようにしましょう。今までのやり方でうまくいかないときこそ、こうした部下の意外な発想に助けられることは多いものです。

>>>問題に戻る

3.「線と線が離れ、すきまが広く開いている」を選んだあなた
診断結果: オープンマインドで、失敗に寛容なタイプ

部下を委縮させないあなたは、現場の声をくみあげるのが得意。管理職の耳に直接入りにくい些細なトラブルなども含め、仲間の人間らしい生の感情をありのままに引き出し、みんなが気持ちよく働ける職場環境づくりのために調整ができるので、上司からも部下からも人望が厚いことでしょう。

アドバイス

人々の考え方の相違に寛容なあなたは、さまざまな部下の意見に共感しやすいために、叱るべきときにも叱っていないことがあるかもしれません。また、部下がかわいいあまり、失敗から学ぶという貴重な経験をさせる前に助け舟を出してしまう傾向がありそうです。日ごろから、部下を自立した社会人に育てるためには何が必要かを第一に考えるようにするとよいでしょう。

>>>問題に戻る

4.「すべての線がぴたりとくっついている」を選んだあなた
診断結果: 正義感が強く、考え方が真面目なタイプ

生真面目で好き嫌いがはっきりし、物事に妥協しないあなたは、仕事の質を高めるためなら労苦を惜しみません。どんなに高い山でも一歩一歩着実に歩みを進めて踏破するようなストイックさが、部下たちを指導するメンターとしての地位をゆるぎないものにしていることでしょう。

アドバイス

常に厳しいほうの道を選んで自分を高めていくあなたは、何事に対しても理想が高め。尊敬のまなざしを向けられる一方でその厳しさから近寄りがたい上司と思われているかもしれません。時には、部下に歩み寄って仕事以外の話題を楽しむなど、互いの距離を縮めることを心掛けましょう。そうすれば、いざ厳しい指導をしたときにも、伝えたいことの真意が部下の心に素直に入っていくようになるでしょう。

>>>問題に戻る

>>ビジネスタイプ診断 トップへ

このページのトップへ