メールマガジンの定期配信をご希望のお客さまは以下のボタンからお申込みください。

配信申込⁄停止

いまを勝ち抜く人間力

VOL.56

自分ノートを使いこなす

ペーパーレス化が進み、例えばメモをとるのにもパソコンやタブレット、スマホなどのデジタルツールを使う人が増えています。それらを駆使する人がいる一方で、意図的に紙のノートを使いこなすビジネスパーソンも少なくありません。コンサルタント、スポーツ選手、東大生のノート術なども話題になっています。ノートを仕事に活かすポイントをご紹介します。


VOL.55

生活習慣病にならないための基礎知識

近年、生活習慣病の若年化が問題になっています。中高年以外でも注意が必要な病気となりつつある生活習慣病ですが、日頃から食事や運動などに気を付けた生活を送れば、充分に予防可能とも言われています。健康な身体はビジネスパーソンにとって大切な資産です。自分のパフォーマンスを存分に発揮するためにも、生活習慣病対策を意識して日常生活を一度見直してみませんか。


VOL.54

アフォーダンスを活用する

モノの形や色や感触といったさまざまな要素が、人の言動や感情に無意識のうちに影響を与えているというアフォーダンス理論をご存知でしょうか。30年程前から広く知られるようになり、モノのデザインや操作性、企業の販促活動やコミュニケーションにも活用されています。アフォーダンスの考え方、活用法をご紹介します。


VOL.53

オフィスの片付け術

身のまわりにあるモノの整理整頓法や収納法が、テレビや書籍などでもさまざまに取り上げられ、注目されています。そんな整理整頓や収納のアイデアを、オフィスにも活用してみませんか。仕事の効率や質が高められ、より快適に取り組めるようになります。


VOL.52

男性脳と女性脳を知る

同じ職場で同じ仕事をしていても、男女で物事の受け止め方や反応に違いがあると感じる経験は誰にでもあるのではないでしょうか。これは、脳のつくりに違いがあるために生じる現象です。違いを心得ておけば、男女間でのよりよい理解や関係性構築の助けとなります。男性脳と女性脳の知識を職場で役立ててみませんか。


VOL.51

つながり力を磨く

一人で物事を考えたり何かに取り組んでいると、行き詰まってしまうことがあります。そんな時、誰かに相談してみたり仲間と一緒に進めてみると案外うまくいくことも多いものです。これは、他の人とつながることで新たに生まれた「つながり力」が作用するためです。「つながり力」の効果や成果、作り方のポイントをご紹介します。


VOL.50

色の持つ力を活用しよう

オフィスの中、商品パッケージ、街角、店内の装飾やディスプレイなど、仕事空間や生活空間にはたくさんの色があふれています。そこには色の持つ力が活かされているケースが少なくありません。仕事においても、色の持つ力を活用してみませんか。


VOL.49

弱み・弱点を「能力化」する方法

人は誰もが〈強み〉〈弱み〉の両面を持っています。一般的には、「自分が持っている〈強み〉を伸ばそう」という教育法やトレーニングは重視される傾向にありますが、〈弱み〉に注目することで、自身の能力を高めることも可能です。自分の〈弱み〉をしまい込まずに、しっかり向き合ってみると、じつは新たな自己発見や自己向上につながるのです。


VOL.48

チョコレート・コミュニケーション術

バレンタインデーは季節のイベントの一つとしてオフィスでも定着しつつあります。その理由は、チョコレートを受け渡す際に生まれるやりとりが、職場の活性化や仕事の効率化にも一役買ってくれるところにあるようです。そんなイベントを機に、チョコレートをコミュニケーションに活用する方法を取り入れてみませんか。


VOL.47

見直したい手紙コミュニケーション

2013年に実施した文化庁による「国語に関する世論調査」によると、「手紙の伝統的な書式を守って行くべきだ」「今後もなるべく手書きにすべき」と回答する人が約5割いました。8年前の前回調査よりも増加しています。手紙を出す機会の多い年末年始を控えたこの時期だからこそ、もう一度、手紙によるコミュニケーションの基本を確認してみませんか。

このページのトップへ