医療技術などの進歩によって平均寿命が長くなり、100年という長い期間で人生を捉える新しい考え方が提唱されるようになりました。人生100年の時代を迎えるにあたり、私たちは働き方や余暇の過ごし方についてどんな意識を持ち、どのような準備をすると良いのでしょうか。そのためのヒントをご紹介します。


今年は明治維新から150年目にあたり、西郷隆盛ほか維新の志士に関する話がメディアでもよく取り上げられています。当時と同じように、時代の大きな節目を迎えていると言われている今、私たちが明治維新から学べることは少なくありません。明治維新で起こった出来事や志士たちについて、改めて考えてみませんか。


外国人観光客が何を購買するのかという傾向を語る際に「コト消費」という言葉がよく使われるようになりました。この「コト消費」は国内でも「モノ消費」に変わる消費の新しいスタイルとして、10年ほど前から徐々に見られるようになってきました。「コト消費」を楽しみながら、プライベートの時間をより豊かに過ごしてみませんか。


3年前に国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」。この目標は、世界的に共通した今後の方向性を示しており、国や企業だけではなく一人ひとりにとって重要な指針となるものです。これからの仕事への向き合い方、生き方のヒントとしても役立ちます。SDGsの概要と、既に多く見られている国内外の取り組みを紹介します。


ポジティブシンキングは、問題に挑む時や壁を乗り越える時に、自分自身にとって大きなプラスの力となって作用します。経済界やスポーツ界などの多くの著名人も、物事をプラスに捉え考えることの効果を語っており、それを生かして成果に結びつけてきたことも知られています。そんなポジティブシンキングについて紹介します。


目標やビジョンを立て、綿密なプランに沿って行動することは大切です。いっぽう、プランから外れたところで偶然浮かんだ一見関係のない気づきの中に、意味のあるアイデアやブレークスルーのきっかけが見つかるケースは少なくありません。実際に、そうして生まれた大発見や発明は過去にいくつも見られます。理論や理屈だけを拠りどころとしない、セレンディピティという可能性を秘めた力についてご紹介します。


グローバル化が進むにつれて、国籍、ジェンダー、世代、人種、文化、宗教など、さまざまな違いに配慮した考え方や言動が重要視されるようになりました。ダイバーシティという言葉は、新聞やメディアでも使われ、広く知られていますが、仕事上も生活上も大切にしたい姿勢です。改めて、その意味や向き合い方について考えてみませんか。


新たなボランティア活動として、地域振興のサポート、観光地でのガイド、スポーツ競技会のアテンド、自然災害被災地での復興支援などが増えてきました。インターネットの活用が進み、参加を呼びかける側と参加する側もつながりやすくなっています。なかには、ビジネスパーソンとしてのスキルが活かせたり伸ばせたりできるものもあります。そんなボランティア活動の最近の傾向や、参加することで得られる効果についてご紹介します。


「おもてなし」という言葉が、海外に対して日本らしさを伝えるキーワードとして、よく使われるようになりました。海外観光客を意識したサービスの中でもたびたび耳にするフレーズです。この精神は仕事にも活かせるもので、実際に数々の企業が活用しています。ビジネスパーソンとしても「おもてなし」を日常的に取り入れてみませんか。


海外での日本ブーム、外国人観光客の増加は、日本の文化や慣習に関する世界からの注目の高さを表しています。今後もそれは続き、外国人から質問される場面も増えるのではないでしょうか。そんな時のためにも、改めて日本の伝統やその意味を確認しておきませんか。日本的な文化や慣習が特に多く見られる年末年始の行事と仕事に役立つ内容をご紹介します。

このページのトップへ