360度評価は、上司や部下、同僚など対象者と立場が異なる人が対象者の人物像を多面的に評価する手法です。広く知られるようになった手法ですが、なかには「導入したが、うまく使えない」という声も聞こえます。失敗する要因とは何か、どうすれば成果を上げることができるのかについて解説します。


業務の改善手法として広く知られるPDCAですが、いざ実践してみるとなかなか成果が上がらないということがあります。その要因として考えられるのは「的確な計画がつくれない」「正しい状況把握ができていない」「通常業務に加えて負荷がかかり過ぎる」などでしょう。どのようにすれば効果的なPDCAが実践できるのかについて解説します。


戦いの原理や原則、戦略・戦術について書かれた孫子の兵法。その教えはビジネスにおける戦略書として多くの経営者が参考にしています。また、人間社会を生き抜く指針として現代人にも多く読まれています。「戦わずして勝つ」「いかに負けないかを考える」「勢いを活かす」など、ビジネス場面でも参考になる負けない技術について解説します。


ビジネスリーダーの成功者の共通点として、「やり抜く力」が注目を集めています。この力があれば、モチベーションが持続し、逆境も前向きに捉え、粘り強く努力し続けるようになります。どうすれば「やり抜く力」を育てられるのか。社員の「やり抜く力」を育てる方法や、目標達成に向けモチベーションを維持する方法について解説します。


パフォーマンス・デベロップメントとは、定期的に上司が部下に対して仕事や行動についてフィードバックを行い、成長を支援していくマネジメント手法です。部下の育成と同時に、顧客への最大限の貢献を引き出すことができることから、企業の注目が集まっています。パフォーマンス・デベロップメントの概要と効果、また、パフォーマンス・デベロップメントで活用される面談手法「1on1ミーティング」について解説します。


クライシスマネジメント(危機管理)とは、企業が危機に直面したときに被害を最小限に抑える対処方法を指します。近年は自然災害だけでなく、サイバー攻撃、情報漏えい、風評被害など企業における危機の種類はさまざまな分野に及んでいます。事が起きた時にいかに被害を最小限に抑えられるか。危機管理の概要、対処法について解説します。


ビジネスで使われる文書には、連絡や指示の文書、取引に関する文書、企画や提案の文書、報告や記録のための文書などさまざまな種類があります。しかしながら、「内容がわかりにくい」「相手に訴えかけてこない」文書になってしまうことも少なくありません。せっかく時間をかけて作成しても、相手に伝わらない文書では意味がなくなってしまいます。どうすれば、わかりやすく伝わる文書がつくれるのかについて解説します。


近年、法的な環境整備およびセキュリティなどの技術開発が進み、企業で電子契約が導入しやすくなっています。企業は書面契約から電子契約に切りかえることで、印紙税の削減、紙などのコストの削減、業務効率化といったメリットが得られます。電子契約を導入するにはどうすればよいのか。電子契約の概要、導入に必要な要素、企業事例などについて解説します。


ビジネス領域にITが導入され、さまざまなデータが得られるようになり、仕事の現場ではデータを使いこなすビジネス統計力が求められつつあります。現場の数字を把握し管理することで、売上を伸ばしたり、業務効率の向上につながります。ビジネス統計とはどのようなものなのか、数字の管理でどのようなことが可能になるのかについて解説し、実際の企業事例をご紹介します。


イノベーションが求められる現代において、個人や組織には常に新たなアイデアが求められています。「既存の要素の組み合わせ」と言われるアイデアを、どのように創造すればよいのでしょうか。「ゼロからイチを生む発想術とは」「成功するブレインストーミングのコツとは」など、創造的ひらめきを生む手法について解説します。

このページのトップへ