複雑化・多様化する社会の中で、限られた時間内で問題を解決していくことは簡単ではありません。そこで大切になるのが、素早く問題の本質を見抜き、解決へとつながる問いを立てていく「シンプルシンキング」です。複雑な問題をどのようにしてシンプルな問いに変換するのか。その手法について学びます。


パラレルキャリアとは、本業以外の仕事を持ったり、社会活動などに参加するなど、本業と第2のキャリアを両立させる生き方です。人生100年時代を迎え、個人が長く発展的に働く考え方の一つとして注目されています。パラレルキャリアの実践に向け個人はどんな準備をすべきか、企業はどのように支援すべきかを考えます。


仕事の中で「説明したのにわかってもらえない」「何が言いたいの?と聞き返された」など、自分の考えが相手に伝わらない場面があります。自分の考えを相手に伝わる言葉に変換できれば、仕事はもっとスムーズに運ぶはずです。どうすれば自分の考えを整理して伝わる言葉に変換できるのか。その手法を学びます。


海外のリーダーたちは部下に失敗談を語ります。失敗を恐れず勇気を持って挑戦してほしいと思うからです。失敗談ほど効果的にビジネスを学べる素材はありません。失敗をどのように捉え、どのように伝えていくべきなのか。失敗談を軸とした人材育成について考えます。


モチベーション向上、組織活性化、生産性向上に役立つことから、表彰・提案制度への注目度が増しています。その内容も、環境やエコといった対外的な分野が対象になったり、褒め合う文化やイノベーションの醸成、人材確保が目的になるなど多岐にわたっています。表彰・提案制度のメリットや新たな傾向、よりよい制度をつくる方法などについて解説します。


ストレッチ教育とは、個人の力量よりも難易度の高い仕事を与えて成長を促す育成手法です。壁を乗り越えることで最大限の能力を引き出し、その経験が個人を大きく成長させます。ただし、成長には的確な目標設定や上司のフォローが必要です。どうすれば効果的なストレッチ教育が行えるのか、その手法について解説します。


共感はコミュニケーションにおける重要な要素です。共感は相手への信頼を生み、それによって人間関係を強化することができます。また、チーム内に共感がなくなると、チーム力も低下してしまいます。では共感の力とはどのようなものなのか、共感で強いチームをつくるためにどうすればいいのか。その考え方について学びます。


スピードと効率が求められる今、仕事における「段取り&根回し力」の重要性が増しています。忙しさの中で物事を確実に進め、そのうえで仕事の質を高めていくには段取り&根回しのスキルが欠かせません。どうすれば効果的な段取りや根回しができるのか、そのコツについて解説します。


忙しく働くなかで、言いたいことが相手に伝わらずに、ストレスを感じるケースは少なくありません。自分の言いたいことを相手に聞いてもらうには、1分程度に短くまとめて論理的に伝える手段が有効です。どうすれば大事なことをわかりやすく簡潔に伝えられるのか。短い時間で相手を説得する話し方について解説します。


数学的思考とは、数学の考え方を活用しながら論理的に物事を捉える思考法です。仕事に活用すれば、物事の本質を見抜く能力が身に付き、効率的な仕事の手法をマスターできます。数学的思考のポイントは何か、どうすれば身に付くのかについて解説します。

このページのトップへ