忙しく働くなかで、言いたいことが相手に伝わらずに、ストレスを感じるケースは少なくありません。自分の言いたいことを相手に聞いてもらうには、1分程度に短くまとめて論理的に伝える手段が有効です。どうすれば大事なことをわかりやすく簡潔に伝えられるのか。短い時間で相手を説得する話し方について解説します。


数学的思考とは、数学の考え方を活用しながら論理的に物事を捉える思考法です。仕事に活用すれば、物事の本質を見抜く能力が身に付き、効率的な仕事の手法をマスターできます。数学的思考のポイントは何か、どうすれば身に付くのかについて解説します。


情報過多といわれる今、欲しい情報を効率的に調べる力が問われています。インターネットからの膨大な情報が加わり、どこで何を調べるべきか、必要な情報を見分けるにはどうすればよいのかの判断が難しくなっています。情報収集の手順やインターネット検索のコツなどについて解説します。


有効求人倍率が飛躍的な伸びをみせ、人材の採用が年々困難になっています。この環境下での応募者は貴重であり、目的に準じた面接をしなくては欲しい人材は採用できません。最近は、社内で活躍する人材が持つ特性に着目したコンピテンシー面接が行われるなど、活躍人材を見つけるノウハウも進化しています。成功する採用面接の手法について解説します。


部下に仕事を任せることは上司の大切な仕事の一つです。部下の力を最大限に引き出せば、チームの総合力が上がり、より大きな成果を出すことができます。部下と信頼関係を築き、いかに「この上司ならば協力したい」と思わせるかがカギとなります。仕事を「丸投げ」と「任せる」の違い、仕事を任せることのメリット、心構えなどについて解説します。


平成29年に介護離職した人は9.9万人に上ります。その多くは企業の中核を担う40代〜60代であり、貴重な人材の流出は企業にとって痛手となっています。そのような事態にならないよう、企業には情報収集・発信、仕事と介護の両立支援体制の整備などが求められます。介護離職に対し備えるべき対策について解説します。


情報はインターネットで得られ、AIの導入が進みつつある現代において、これから人に求められるのは問題解決力、考える力です。そこで必要となるのが問題解決のベースとなる能力、“地頭力(じあたまりょく)”です。地頭力は、トレーニングで鍛えることができます。地頭力とはどんなものか、また、そのトレーニング方法について解説します。


人事部には人事考課、研修データ、従業員満足度調査など多くのデータがありますが、これまでは個々の目的での活用だけで、広く課題解決に活かすことは行われてきませんでした。施策を行った後にさまざまな人事データの変化を確認すれば、人事でもPDCAサイクルが回すことで課題の原因の発見や改善が可能になります。人事データの活用の必要性、その活用法などについて解説します。


アスリートは、スポーツメンタルトレーニングを取り入れて成績の向上を図っています。これは試合に臨む際、自分の心をコントロールし強化する手法であり、ビジネスのさまざまな場面においても応用できるものです。スポーツメンタルトレーニングの概要、手法について解説します。


ホラクラシーとは、従来の中央集権型・階層型のヒエラルキー型組織とは異なり、階級や上司・部下などの関係が一切存在しないフラットな組織管理体制です。個人は組織管理にしばられない自由な活動が可能になり、意思決定もトップダウンではなく組織全体に権限が分散された形の中で進められます。その特徴およびメリット、違い、事例などについて解説します。

このページのトップへ