配信申込

人材や働き方が多様化する中、コロナ禍により人材育成はますます難しくなっています。内閣人事局の調査では、管理職は人材育成が苦手という結果も出ており、現場での人材育成は、必ずしもうまくいっていると言える状況でなくなっているのかもしれません。しかし、そのような中でも育成がうまい上司は存在します。彼らに共通するのはサーバント(奉仕)的な接し方です。どうすればうまく人を育てられるのか、人を育てる上司が行う習慣を学びます。


2020年のコロナ禍で広くテレワークが導入され、個別に働く機会が増えたことで従業員エンゲージメントの重要度がより一層注目されています。従業員エンゲージメントは従業員満足度と違い、根底に企業への愛着や思い入れがあることが業績向上につながるひとつの指標として、日本企業でも近年、注目を集めてきました。どうすれば企業に対し、愛着や思い入れが持てるようになるのか。従業員エンゲージメント向上のポイントについて考えます。


2020年に発生したコロナ禍によって、国内では3密(密閉、密集、密接)を回避する必要に迫られ、企業にはBCP(事業継続計画)策定が求められました。その結果、時差出勤やテレワーク、オンライン会議などの施策が講じられ、人々の働き方や仕事環境に大きな変化が生まれています。この1年でどのような働き方の変化が生じたのか。2021年に向けてヒントにしていただける、データから見た企業が整備すべきポイントと事例を紹介します。


最近は、オンライン会議での失敗や運営の難しさといった声がよく聞かれます。そこには「場の空気が読めない」「発言のタイミングがわからない」「自分の意図が伝わらない」といったオンラインならではのやりにくさがあるようです。もはやオンライン会議はビジネスの場では欠かせなくなっています。よりよいオンライン会議にするための方策を学びましょう。


どんな職場、ビジネスシーンにおいても、笑顔(スマイル)はコミュニケーションの基本です。笑顔は人間関係の潤滑油であり、余裕のない状況にあるほど笑顔の効果は高まります。相手に笑顔をもたらすユーモアのある言葉のやり取りも、人間関係を親密にしてくれます。笑顔とユーモアのコミュニケーション術を学びましょう。


これから迎える人生100年時代は個々でキャリアをつくる時代です。その備えとして、何を学ぶかを考え、行動していく「独学」が欠かせません。テレワークの広がりによって通勤時間が減り、学べる時間は増加傾向にあります。どうすれば貴重な時間を活かして有効に学べるのか。効率的な独学の実践法について考えます。


アート思考とは、自らテーマや課題を設定し、その答えを個々の信念や哲学に基づいて見出していく思考法です。既存の判断基準や価値観では解決できない問題に対して、新たな見方や捉え方によって問いを立てて解決を図るもので、イノベーションにつながる思考としても注目されています。仕事にアート思考を取り入れる方策について考えます。


新型コロナウイルス感染症の流行は、企業にテレワークの必要性を実感させました。また、多くの人が今回新たにテレワークを経験し、テレワークによるマネジメントの難しさを感じています。この先もこうした働き方は定着しつつあり、テレワーク体制の整備は今後も必要といえます。どうすればテレワーク・マネジメントがうまくいくのか。その方策を考えます。


新人の教育シーズンである春から夏の季節。「教え方」について改めて考える機会が多いのではないでしょうか。人は最初に基本を学ぶことで気付きが生まれ、成長できます。職場で基本を重視した「教え方」を確立しておくことは、確実な人材育成につながります。皆さんも基本から始める「教え方」をマスターしましょう。


日本人は、コミュニケーションにおいて本音と建前を使い分けているといわれてきました。しかし、グローバル化やインターネットの活用等が広がる今、ビジネスではスピードが求められ、より結論を早める本音でのやり取りが必要となっています。また、よい人間関係をつくるうえでも本音でのコミュニケーションは重要です。どうすればスムーズに本音でのやり取りを行い、そこに人間関係を構築できるのか。そのノウハウを学びます。

このページのトップへ