RPAの専門人材によりRPA開発の推進および運用体制を整備

シェアード会社/人事部門

活用前
生産性向上を図るため、RPAの活用を見直すことで定型的な業務の工数を削減したいと考えていたが、RPAの知見がなく、何から着手していいかわからなかった
活用後
メンテナンス不足で使用できていなかったRPAの再利用が可能になり、定型・定例業務の対応工数が不要となった。
これを通じて、他業務でもRPA活用の可能性を積極的に模索する風土が醸成でき、社内のRPA開発・運用体制の整備につながった

「RPAアソシエイツ」について詳しく知りたい方へ

もっとサービスを知る

RPAアソシエイツのご紹介

RPAアソシエイツは、RPAやデジタルツールの知識・スキルを持ったスタッフを派遣し、業務の効率化を推進します。「生産性向上のためのRPA活用」「RPAアソシエイツの人物像」「活用事例」など、サービスのご利用を検討するうえで知りたい情報をまとめました。

目次

01サービスを利用した背景

迅速にRPAが活用できている状態にするために、RPAの経験者を受け入れ社内のノウハウを高める必要があると考えた。今後の内製化も見据え、業務委託ではなく直接指揮命令のできる人材派遣を活用することにした。

02当社のご支援

RPA専門人材である「RPAアソシエイツ」を派遣。開発済みRPAの改修(現状の業務ヒアリングとそれに合わせた改修)、新規開発に向けた業務選定(業務のヒアリング、対象業務の選定、開発~テスト、部署への納品、運用レクチャー)を行った。

03導入した成果

RPAの改修が進み、業務効率化に寄与したのとあわせて社内のRPAに対する理解につながった。他業務に対してもRPAを適用して効率を図りたいという相談が増加し、1年半で15業務のRPA化を実現。RPAアソシエイツの専門人材がすべての開発を担当するのではなく、社員の開発に寄り添ってレクチャーすることで、社員のRPAスキルも向上。自社内でRPA推進をできる体制が整った。

お役立ち情報のご案内

人材不足を解決したい方必見!

正社員雇用だけじゃない!人材不足を乗り越える3つの方法とは?

人材不足を解決するための手段は正社員の採用だけではありません。 本書では、外部人材の活用や、RPAやSFAなど業務効率化に有効なツールの活用、多様な労働者の受け入れについて解説しています。今後の人材市況の見通しも確認できますので、ぜひ参考資料としてお役立てください。

その他のスペシャルインタビュー

育成型無期雇用派遣「funtable(ファンタブル)」仕事に向き合う真摯な姿勢と、高い成長意欲を持った人材の活用は組織の活性化にもつながりました

サントリービバレッジソリューション株式会社

RPAの活用で各部署の業務効率化に大きく貢献。既存業務そのものを減らし、新たな業務に取り組める環境を生み出す

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

派遣から業務委託に切り替え。人員は半分に削減でき、社員の負担も減少!

国分中部株式会社

人材派遣の活用により組織が活性化。課題であった業務の属人化も解消。「社員のはたらきがい」と「地域を代表する会社」へ貢献

茨城いすゞ自動車株式会社

人材採用のノウハウから課題解決に最適なサービス相談まで、人事と組織運用のパートナーとして協力していただいています

株式会社東京スポーツ新聞社

奨学金の申請に対応する業務で負担大。試しに委託してみたら『天国と地獄ほど違う』

慶應義塾大学

受付業務に大学として『はじめての業務委託』を導入し、多方面に好影響

愛知大学

物流業界全体が繁忙。業務量が増加するなか、貿易業務に対応するための人材として育成型無期雇用派遣サービス「funtable(ファンタブル)」をはじめて活用

山九株式会社