ページの先頭です
ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

仕事とキャリアのプチまなび:キャリア支援:よくある相談例

資格

【相談】

就職活動をするのですが、何か資格を取得した方が良いでしょうか。

現在パートタイムで働いていますが、今後はフルタイムで働きたく、就職活動をしようと思っています。これといって専門的な仕事の経験はないため、何か資格を取ったほうが良いでしょうか。

【相談者】

32歳 女性
正社員にて事務職で働いていたが、結婚を機に退職。1年ほど前からパートタイム勤務を始めたが、やはりまたフルタイムで働きたいと思うように。就職活動をするにあたり、何か資格取得が必要なのではと思っている。

【回答】

資格はないよりは、あるほうが良いです。ただし、むやみに取るのではなく、希望する仕事やこれまでの経験と照らし合わせて、必要な(取るべき)資格を調べてみましょう。

就職活動において、資格が一番力を発揮するのは、経験を証明できる場合です。それ以外にも知識の裏付けになりプラスの評価につながったり、努力して資格を取得した、という前向きな姿勢が評価されることもあります。ただし、自分の経験とまったく関連のない資格を一から目指すよりは、関連のある資格に絞って、取得を検討したほうが良いでしょう。

例) 伝票処理担当 簿記3級、2級
貿易事務 貿易実務検定
事務全般 MOS資格
秘書・部署アシスタント 秘書検定2級、準1級
英文事務 TOEIC

また、専門知識を必要としないと考えられている職種(例えば一般事務や部署アシスタント業務)は、実務経験をスキルとして認められることが多いので、求人情報を見てみたり、仕事に応募してみたりなど、実際に行動をしてみるのもおすすめです。

直接的な経験はなくても、細かい数字扱う仕事を続けた場合に簿記を取得したり、OA操作経験はあるものの、実務では使ったことがないアプリケーションのMOS資格を取得したりすることは、スキルの補完として企業にアピールすることができるでしょう。また、希望する職種が該当すれば、医療事務や福祉、保育などの分野では、資格がないと就業できないケースがあります。この場合は資格を取得することで、未経験からチャレンジできる可能性が広がります。

【まとめ】

まず、ご自分の職歴と今後希望する職種を照らし合わせ、どんな資格が必要かを見極めた上で取得を検討しましょう。

ここからカテゴリ内の共通メニューです

登録情報の変更・追加

来社登録をした方の仕事紹介希望の受け付け、登録情報の変更・追加ができます。最新の情報に更新することで、適切な仕事案内や状況に合わせたサービスが受けられます。

紹介した人も、された人もうれしい お友達紹介
スマホで学習できる無料eラーニング
キャリア情報サイト まなびCampanera(新しいウィンドウが開きます)
自分のスキルをチェック アドバイス&チェック