ページの先頭です
ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

各契約形態の特長を見る

人材サービスにはさまざまな契約形態があり、どの契約形態を選択するかで期間や依頼業務の内容、適用される法律にも違いがあります。

トラブルを回避し、自社のニーズや業務に合った人材サービスを活用するためには、それぞれの特徴や違いを把握することが重要です。

本ページでは特徴や違いだけではなく、各種契約形態のメリットとデメリット、パーソルグループの人材サービスの活用事例をご紹介します。

人材のことなら

パーソルテンプスタッフに
お任せください

「必要な人材に早くきてほしい」「社内の人員だけでは業務に対応しきれない」というお悩みがあれば、パーソルテンプスタッフにご相談ください。これまで半世紀近くにわたって多くの企業に人材サービスを提供。貴社の課題解決を強力にサポートします。

パーソルテンプスタッフの強み
  • 1. 業界最大級のビジネススケールと、豊富な運用ノウハウ
  • 2. 業務分野ごとに特化した専門性の高いサービス
  • 3. パーソルグループの総合力で、最適な解決策を提示
パーソルテンプスタッフ詳細

各契約形態の特長とご活用のメリット

パーソルグループが提供する人材サービスは「人材派遣」「アウトソーシング(業務委託)」「人材紹介」「紹介予定派遣」の4つに分類できます。

それぞれの契約形態の特長とご活用のメリットは以下のとおりです。

人材派遣とは

労働者派遣は一般的に人材派遣と呼ばれ、派遣元企業と雇用関係にある派遣スタッフが、派遣先の企業で業務を行うサービスです。
人材派遣は、業務の指揮命令権が派遣先企業にあることが特徴です。

社外の人材を活用しながらも、細かく業務の管理を行いたい企業におすすめです。

ご活用のメリット

1必要な時に、必要なスキルを持つ人材を活用
短期から長期まで、また業務の繁閑にあわせて短時間勤務や週3日だけなど、柔軟
にご利用いただけます。社員の育児休業や介護休業時の代替としての利用も可能です。さまざまな経験・スキルをもつスタッフが登録しており、即戦力となる人材を、迅速に確保することができます。
2募集や採用にかかる工数・コストの削減
自社で採用活動を行う必要がなく、応募対応や選考など採用にかかる工数を削減できます。求人広告の出稿などのコストも不要です。
3労務管理の負荷軽減
派遣スタッフの給与計算や支払い、社会保険の加入手続きなどは派遣元が対応します。人事部門の労務管理負荷を軽減することができます。

アウトソーシング(業務委託)とは

アウトソーシング(業務委託)とは、自社業務の一部を外部へ委託するサービスです。 アウトソーシング(業務委託)には法的に厳密な定義がなく、主に「請負契約」と「委任・準委任契約」のどちらかを指します。
請負契約、委任・準委任契約ともに発注企業は業務遂行者への指揮命令権を持ちません。

請負契約とは

請負契約はアウトソーシング(業務委託)の中でも、依頼した業務の完成を目的として成果に責任が生じる契約です。
報酬は成果に対して支払われるため、業務の過程には発生しないことが特徴です。 たとえば、ソフトウェアの開発で請負契約を締結した場合、完成したソフトウェアの納品に対し支払いが発生します。

委任・準委任契約とは

法律行為を委託する契約を委任契約といい、税理士や弁護士に業務を委任する場合などに締結されます。
事実行為(事務処理)を委託する契約を準委任契約といい、研究開発や市場調査、講師など、法律行為にあたらない業務であればすべて準委任契約の対象となります。

委任・準委任契約は業務の遂行(業務自体を行う行為)を目的としているため、成果に関わらず業務過程に対して報酬が発生します。

ご活用のメリット

1経営資源をコア業務へ集中
定型業務などを委託することで工数を削減することができるため、企業の限られた経営資源をコア業務に集中させ、コストの最適化を図ることができます。
2業務品質と生産性の向上
アウトソーシングの受託側企業には専門的な技術やノウハウ、品質を維持するためのしくみ(マネジメントサイクル・業務フロー・マニュアル・ルール・教育など)があるため、業務品質と生産性の向上が可能です。
受託側企業では常に最新の知識やツールを取り入れているため、制度や法律改正などの変化にも柔軟に対応します。
3業務管理負担の軽減
対応人員の採用・教育から運用管理まで一括して委託することで、企業の業務管理負荷を大幅に軽減します。
4業務量の変動に対応
繁忙期と閑散期に応じた体制を構築することで、必要な期間や業務量に合わせた運用が可能になります。

人材紹介とは

人材紹介とは、企業の採用要件に適した人材を豊富な人材データベースから探し出し、ご紹介するサービスです。
求める人材を採用業務の負荷を軽減しながら高い精度で採用することが可能なため、効率的で効果的な採用活動を実現できます。

人材紹介は外部人材を活用した契約ではなく、直接雇用契約を結ぶことをお考えの企業のためのサービスです。

ご活用のメリット

1効率的で精度の高い採用活動
求人要件によって絞り込まれた人材の中から面接・選考を行うため、効率よく精度の高い採用活動を行うことができます。
また、面接日時の調整・選考結果の通知などもパーソルグループが代行するため、採用業務の負担を軽減できます。
2成功報酬制による採用コストの明確化

採用決定まで費用が発生しないため、無駄なコスト負担がなく、1人あたりの採用コストを明確にすることができます。

3非公開での採用活動
新規事業に伴う採用活動などにおいて、求人広告などを出すことなく非公開で採用を行うことができます。
4自社の魅力を伝えやすい

パーソルグループが求職者との間に入り、求人票には書かれていない企業の魅力を伝えます。そのため、求人広告などで届きづらかった層にもアプローチができ、求める人材の採用につながりやすくなります。

紹介予定派遣とは

紹介予定派遣とは、直接的な雇用契約を結ぶことを見据えたうえで派遣スタッフを一定期間受け入れ、派遣期間終了後にお互いの合意のもとで直接雇用に切り替えることができるサービスです。

業務や環境など相互のミスマッチを防ぎたいとお考えの企業におすすめな方法です。

ご活用のメリット

1ミスマッチを防ぐ採用
双方の”見極め期間”としての派遣期間があるので、書類や面接だけでは見極めることが難しい経験やスキル、仕事の適性などを実務を通して確認することができます。
2募集・採用工数の軽減

求職者の一次選定や面接等のスケジュール調整・合否連絡はパーソルグループが行うため、募集・採用にかかる負担が大きく軽減され、採用担当者は応募者の選考にのみ注力できます。

3早期離職の抑制
派遣期間中は、パーソルグループが企業と派遣スタッフの間に入り定期的にフォローを行い、スキルや適性がある人材を着実に入社に導きます。この期間にパーソルグループのサポートでしっかりと双方の意向や要望をすり合わせるので早期離職抑制につながります。
4自社の魅力を伝えやすい

パーソルグループが求職者との間に入り、求人票には書かれていない企業の魅力を伝えます。そのため、求人広告などで届きづらかった層にもアプローチができ、求める人材の採用につながりやすくなります。

契約形態別に見るおもなご利用シーン

それぞれの契約形態のおもなご利用シーンをご紹介します。
依頼したい業務やタイミングを以下と照らし合わせることで、自社においてどの契約形態を採用するべきかがわかります。

人材派遣 必要な時に、必要な期間、必要なスキルを持つ人材を活用することができるサービスです。即戦力となる人材を、迅速に確保することができます。

主なご利用シーン

  • ・社員の育児休業期間などの代替補充に
  • ・繁忙期の一時的な増員に
  • ・大量の業務処理への対応に
  • ・専門スキルが必要な職種での増員に
アウトソーシング
(業務委託)
業務の運用そのものをお任せいただくサービスです。パーソルグループが必要な人員の採用や教育、業務の指示・管理などを行い、責任を持って業務を遂行・完了させるため、管理工数を大幅に削減することができます。

主なご利用シーン

  • ・定型業務の効率化に
  • ・外部のノウハウを活用した業務の品質向上に
  • ・処理量の変動が大きい業務への対応に
人材紹介 企業の採用要件に合う人材を、パーソルグループから企業へご紹介するサービスです。自社募集では採用が難しいポジションも効率よく精度の高い採用活動を行うことができます。

主なご利用シーン

  • ・管理職などの役職者の採用に
  • ・特定の業界経験者の採用に
  • ・専門性が高い職種での採用に
紹介予定派遣 直接雇用の前に派遣による契約期間を設け、派遣終了後に双方が合意すれば雇用契約を結ぶサービスです。派遣期間中の見極めにより、採用におけるミスマッチを最小限まで抑制することができます。

主なご利用シーン

  • ・職場適性が求められる職種の採用に
  • ・実務遂行能力の見極めが必要な職種の採用に

契約形態を明確に認識すべき理由

契約形態を明確にしないまま業務を依頼することには、以下のようなリスクがあります。

  • 法律違反に該当する可能性がある
  • 責任の所在が不透明化して責任問題へと発展する可能性がある

例えば業務委託をする際、契約形態よって業務を遂行する責任を持つ契約と業務によって生じた成果物に責任を持つ契約があります。

この2つの契約形態は一般的に業務委託と1つに括られることが多いです。しかしながら、違いを理解せず曖昧なまま契約した場合、成果が出なかった時に責任問題のトラブルに発展する可能性があります。

業務を発注する際は契約形態の違いを十分に認識のうえ、業務内容や条件、責任の所在を明確に定義した契約を締結することが大切です。

混同されやすい契約形態の比較

人材派遣とアウトソーシング(業務委託)、人材紹介と紹介予定派遣はその特徴から混同されてしまう場合があります。
それぞれの比較は以下のとおりです。

人材派遣とアウトソーシング(業務委託)

人材派遣とアウトソーシング(業務委託)はどちらも社外の人材を有効に活用するためのサービスです。人材を確保するための採用活動や、給与支払や社会保険加入などの労務管理が不要になります。また、必要な期間やボリュームに合わせた活用で、コストの最適化にもつながります。
2つの大きな違いとしては、発注企業の指揮命令権の有無です。アウトソーシング(業務委託)の場合、発注企業に指揮命令権はありません。発注企業が受託企業の人材に対して直接細かな指示を出すことは、偽装請負に該当し法律違反になる場合もあるため注意が必要です。

メリットとデメリットの比較
  人材派遣 アウトソーシング(業務委託)
メリット
  • ・必要なスキルを持つ人材を迅速に確保できる
  • ・必要な期間だけ活用することができる
  • ・直接業務指示を行うことができるため、柔軟な活用ができる
  • ・業務運用の管理工数を大幅に削減することができる
  • ・業務運用に受託会社のノウハウを活用できる
  • ・コストの最適化ができる
デメリット
  • ・原則として、利用できる期間に制限がある
  • ・業務指示や管理を直接行う必要があり、一定の工数がかかる
  • ・直接業務指示を行うことができないため、定型化できない業務には適さない場合がある
  • ・小ロットの業務の場合、コストメリットがでない場合がある
  • ・業務設計やマニュアル作成など、導入までに準備期間が必要になる

人材紹介と紹介予定派遣

どちらも直接雇用を支援するサービスです。採用要件に合わせて絞り込まれた人材の中から選考できるため、効率的で精度の高い採用を行うことができます。

紹介予定派遣は、派遣期間中に能力・適性の見極めが可能なため、採用におけるミスマッチを最小限に抑制することができます。しかし求職者にとっては、派遣期間中に不採用のリスクを抱えることになるため、獲得競争の激しい職種・ポジションの採用には不向きです。

階層別 適した採用手法

活用事例と成果

パーソルテンプスタッフの人材サービスの活用事例とその成果をご紹介します。

人材のことなら

パーソルテンプスタッフに
お任せください

「必要な人材に早くきてほしい」「社内の人員だけでは業務に対応しきれない」というお悩みがあれば、パーソルテンプスタッフにご相談ください。これまで半世紀近くにわたって多くの企業に人材サービスを提供。貴社の課題解決を強力にサポートします。

パーソルテンプスタッフの強み
  • 1. 業界最大級のビジネススケールと、豊富な運用ノウハウ
  • 2. 業務分野ごとに特化した専門性の高いサービス
  • 3. パーソルグループの総合力で、最適な解決策を提示
パーソルテンプスタッフ詳細

ご依頼・お問い合わせ お気軽にご相談ください

0120-106-102 平日9:00〜19:00(土日祝を除く)

お問合わせフォーム

「お問い合わせフォーム」からのご相談については、
ご希望のご連絡方法(メール、電話)で担当者より本日中にご連絡させていただきます。
(17時30分以降および土日祝日のお問い合わせについては、翌営業日のご連絡となる場合がございます。)