ここから本文です

まなびカンパネラ:ピボットテーブルの機能

◆ ピボットテーブルの設定方法

Excel 挿入タブ、テーブルグループに、ピボットテーブルのアイコンがあるので、クリックして設定開始。

Excel 挿入タブ、テーブルグループに、ピボットテーブルのアイコンがあるので、クリックして設定開始。

↓

集計したい元データの範囲を、ドラッグして選択。

集計したい元データの範囲を、ドラッグして選択。

↓

表に入れたい項目を、ドラッグ操作で各ボックスに配置。ここでは、「製品名」を「列ラベル」、「店舗」を「行ラベル」、「売上金額」を「値」に配置し、更新。

表に入れたい項目を、ドラッグ操作で各ボックスに配置。
ここでは、「製品名」を「列ラベル」、「店舗」を「行ラベル」、「売上金額」を「値」に配置し、更新。

↓

すると、一瞬で上記の表が出来上がり!とても簡単な操作で、複合的な集計表ができ、便利です!

すると、一瞬で上記の表が出来上がり!とても簡単な操作で、複合的な集計表ができ、便利です!

その他の例(1) 月ごとの総売上を集計したい場合

「売上金額」を列ラベル、「日付」を「行ラベル」に設定。

「売上金額」を列ラベル、「日付」を「行ラベル」に設定。

その他の例(2) 店舗ごとに商品別の売り上げを集計したい場合

「製品名」を列ラベル。「店舗」を「行ラベル」、「売上金額」を「値」に設定。

「製品名」を列ラベル。「店舗」を「行ラベル」、「売上金額」を「値」に設定。

この他にも「日別売上」や「商品の販売数の集計」も同様にできます。簡単、便利ですね!

もっと詳細な設定方法を知りたい方は「e-ラーニングaca-ne」で、学習しましょう!
申込はこちらから