ここから本文です

まなびカンパネラ 今月のイチオシ! OA・資格だけがスキルじゃない! 業務に使えるコワザ レベルアップ!マナー お知らせ まなカンおすすめ「資格」「専門スキル」早見表はこちら

今月のイチオシ!

【その差はなんと1日以上!?】 今年こそは身に付けたい!精度も上げちゃう時短ワザ

Excelのスキルも初級から上級までレベルがあります。これまでまなびカンパネラでも中級以上あると、仕事の効率も上がり、選べる仕事の幅も拡がるとお伝えしてきました。では実際、どんなスキルを使って作業したら、時間の短縮や資料としての見栄えが良くなるのか比較してみました。

例)営業事務のマナ子さんは上司に「年間売り上げ実績を商品×月別に取りまとめたデータ作成をお願い」と言われました。
※データ件数は2,000〜3,000件とし、売上実績一覧は所定のフォームがあるものとします。


■元データと仕上がりイメージ

元データと完成図



■レベル別一覧表
Excelの機能によってかかる工数の差を見てみましょう。

Excelスキル別表 フィルターの設定 集計の設定 ピポットテーブル


実際の作業工程を見比べていかがでしたか?その差は歴然ですよね!使える機能が増えるだけで、作業時間の短縮はなんと時間1日以上!さらに、見栄えもきれいで分かりやすい資料になるのなら学ばない手はないですね!

OA・資格だけがスキルじゃない!

【転職希望の方必見!】できる仕事の可能性をグッと拡げる方法

今あるスキルの中から、“新たな自分”を発見しちゃおう!自分の持っているスキルが何に活かせるかを知っていると、できる仕事の可能性がグッと拡がるんだって!これさえ分かれば、自己PRにも役立つし、転職対策はバッチリだね!

さっそくチェック!

まなBEE

まなBEEの情報公開中!
まなBEEをクリックしてね

業務に使えるコワザ

【Excel2010】新機能!「スパークライン」手間を掛けずにデータを視覚的に見せるワザ

数字の記載が多い資料を作成する時、表があると見やすいですよね、でも毎回表を挿入するのは、結構大変!そんな時、Excel2010の新機能の一つ「スパークライン」を使えば、小さなスペースで視覚的にデータを確認することができるようになります。手間を掛けずに、分かりやすい資料作りが簡単にできる便利な機能です。

今すぐチェック!

レベルアップ!マナー

言いにくいことをうまく伝える方法とは!?

仕事上でもプライベートでも、相手にとって耳が痛いことを伝える時は勇気が必要です。しかし、お互いに良好な関係を保つためには伝えることも避けてはいられません。

では、どんなことに気を付けて伝えたら良いのでしょう。

話の組み立てとして、主張する際に相手が受け入れやすいDESC法というものがあります。相手の書類の提出が遅れるために、その後の処理に影響がある場合を例に見てみましょう。

相手の状況を考え、心に余裕がありそうな時間を選び、「お忙しいとは思うのですが」「私もよくやってしまうのですが」などの配慮の言葉も使いましょう。


【レベルアップポイント】

あくまで相手にとってマイナスになるのが心配です、という態度で伝えることが大切です。またその後のフォローの言葉も忘れずに付け加えましょう。

講師:三上 七恵(みかみ ななえ)

国内大手航空会社(ANA)では客室乗務員として約70万人のお客さまの接客、チーフパーサー、新人トレーナーなどを経験。その後、大手証券会社代表受付など、初対面のお客さまと接する仕事を通じて、第一印象の大切さを実感。現在、接遇マナー、ビジネスマナーなど研修講師、イメージコンサルタントとして各方面にて活躍中。現場ですぐに効果が出る実践的な講義と受講者への細やかな対応に定評がある。

お知らせ

お知らせ キャリア・り・チェック

当サイトはテンプスタッフ(株)がテンプグループの委託を受けて運営しています