ここから本文です

キャリア・コンサルティング(WEB) 利用規約

第1条 (本規約の適用)

パーソルグループ各社(※1)(以下「当グループ」といいます。)は、当グループの登録スタッフ(以下「スタッフ」といいます。)にキャリア・コンサルティング(WEB)(以下「本サービス」といいます。)を提供するため、以下にキャリア・コンサルティング(WEB)利用規約(以下「本規約」といいます。)を定め、スタッフは、本規約により本サービスを利用するものとします。

(※1)パーソルテンプスタッフ(株)、パーソルフィールドスタッフ(株)、パーソルエクセルHRパートナーズ(株)

第2条 (遵守義務)

スタッフは、自己の責任において本規約および当グループが別に定める本サービス提供時点における最新の「サイトのご利用にあたって」を遵守するものとします。

第3条 (個人情報など)

  1. 1. 個人情報とは、個人に関する情報であって、特定の個人を識別することができるもの、他の情報と照合することにより特定の個人を識別することができるものをいいます。当グループは提出いただいた個人情報を個人情報に関する法律、その他法令および諸規則に基づき適正に管理いたします。
  2. 2. 本サービスのために提出いただいた情報は、本規約に定める目的以外には使用いたしません。
  3. 3. 提出いただいた情報は、本人の承諾を得ることなく、第三者への開示・提供は行いません。ただし、以下の場合は開示・提供をすることがあります。
    1. (1)本人ならびに公衆の生命・健康・財産を脅かす可能性がある場合
    2. (2)法令に基づく場合
    3. (3)合併・会社分割・営業譲渡その他の事由により事業承継が行われる場合
    4. (4)明示的な本人の同意がある場合
  4. 4. 本サービスのために提出いただいた情報に関し、不正アクセス・紛失・破壊・改ざん、および漏洩を防止するための合理的な安全対策を講じ、この安全対策について定期的なチェックまたは見直しを行います。

第4条 (サービスの内容)

本サービスの内容は、以下に定めるものとします。

  1. (1)メールによるスタッフ個人のキャリアに関する問題解決の支援
  2. (2)相談事例を検証しスタッフ支援を目的としたセミナーやイベントの開催

第5条 (自己責任の原則)

  1. 1. スタッフは、コンサルタントに対する質問・相談内容において虚偽の内容を含めないものとし、当該質問・相談内容での発言について一切の責任を負うものとします。
  2. 2. スタッフがコンサルタントの回答に対してどのような行動をとるかは、その時点の健康状態、外部環境条件などを考慮し、スタッフの自由な選択、判断、意志に基づき、スタッフ自身の責任で行うものとします。

第6条 (禁止行為)

スタッフは、本サービスの利用にあたり、次のいずれかに該当する行為をしてはならないものとします。

  1. (1)本サービスに関する情報を改ざんする行為
  2. (2)第三者に本サービスを利用させる行為
  3. (3)虚偽の情報を申告する行為
  4. (4)本サービスを利用した営利を目的とする行為
  5. (5)本サービスの利用または提供を妨げる行為
  6. (6)当グループまたは第三者の著作権およびその他知的財産権を侵害する行為
  7. (7)当グループまたは第三者の財産、名誉およびプライバシーなどを侵害する行為
  8. (8)当グループの信用を毀損、または財産を侵害する行為
  9. (9)法令または公序良俗に反する行為
  10. (10)上記(1)〜(9)に該当するおそれがある行為など当グループが不適当と認めた行為

第7条 (責任の制限)

  1. 1. 当グループは、本サービスに係る情報の正確性および品質については万全を期すものの、常に正しく全てのものに有効とは限らず、就職や収入を保証するものではありません。また、本サービスを利用した結果、万が一スタッフが不利益を被ったとしても、故意または重過失により誤った情報の提供が行われた場合を除き、スタッフの自由な選択、判断、意思に基づき情報の利用がなされたとみなし、当グループは当該不利益について一切の責任を負わないものとします。
  2. 2. スタッフは、本サービスの利用によって当グループまたは第三者に損害を与えた場合または第三者との間で紛争が生じた場合には、自己の責任と負担により解決するものとします。

第8条 (一時的な中断)

当グループは、次のいずれかに該当すると判断した場合には、スタッフへの事前の通知または承諾を要することなく、一時的に本サービスを中断できるものとします。

  1. (1)本サービスの提供に必要な設備の故障などにより保守を行う場合
  2. (2)不可抗力により本サービスを提供できない場合
  3. (3)その他、運用上または技術上の理由でやむを得ない場合

第9条 (利用停止など)

当グループは、スタッフが次のいずれかに該当すると判断した場合、スタッフへの事前の通知または催告を要することなく、本サービスの利用を一時停止または禁止することができるものとします。

  1. (1)本サービスへの申し込みおよび通知内容などに虚偽があったことが判明した場合
  2. (2)メールの内容が本サービスの趣旨に合わないと当グループで判断した場合
  3. (3)メールでの連絡がとれない場合
  4. (4)本規約に違反した場合

第10条 (サービスの廃止)

当グループは、やむを得ない事情により、本サービスの提供を行わないと判断した場合には本サービスを廃止するものとし、全てのスタッフに対するサービスを終了するものとします。

第11条 (情報の削除など)

当グループは、次のいずれかに該当すると判断した場合には、スタッフへの事前の通知または承諾を要することなく、相談内容の削除、複写および移動などを行うことができるものとします。

  1. (1)本サービスの申し込みが当グループの定める期間または量を超えると判断した場合
  2. (2)本サービスの運営上必要な場合

第12条 (著作権)

  1. (1)当グループが本サービスにおいて提供するすべての著作物等(テキスト、電子メール、WEBサイトなど掲載された媒体を問いません)の著作権は、当グループに帰属します。
  2. (2)スタッフは、どのような理由があっても前項に定める著作物等を、当グループの事前の許諾を得ないで複製・公開することはできません。
  3. (3)スタッフが前項に違反したことにより当グループは第三者に損害を与えた場合、スタッフは自己の責任において、当グループまたは第三者に与えたすべての損害を賠償するものとします。

第13条 (本規約の変更)

  1. 1. 当グループは、スタッフの承諾を要することなく、本規約に新たな規定の追加または変更を行うことができるものとします。なお、新たに追加または変更される規定についても本規約の一部を構成するものとします。
  2. 2. 前項に基づき本規約の内容を変更する場合、原則としてその変更が適用される日の7日前までに当グループのWEBサイトへの掲載その他の方法により変更内容および変更内容が適用される時期を予告・周知するものとします。
  3. 3. 法令に適合した内容に改める必要があるなど即時対応の必要があり、即時対応のための変更であると明示して内容変更が行われる場合には、前項にかかわらず、変更内容が周知された日から内容変更後の本規約が適用されます。

第14条 (損害賠償)

スタッフは、本規約、当グループとの契約および法令の定めに違反したことにより当グループに損害をおよぼした場合、当該損害を直ちに賠償しなければなりません。

第15条(反社会的勢力の排除)

  1. 1. 当グループおよびスタッフは、自らまたはその代表者、責任者もしくは実質的に経営権を有する者が、次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを保証するものとします。
    1. (1)暴力団
    2. (2)暴力団員
    3. (3)暴力団準構成員
    4. (4)暴力団関係企業
    5. (5)総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等
    6. (6)その他前各号に準ずる者
  2. 2. 当グループおよびスタッフは、次の各号に掲げる行為を行わないことを表明するものとします。
    1. (1)暴力的な方法による要求をすること
    2. (2)法的な責任を超えた不当な要求をすること
    3. (3)取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いること
    4. (4)風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて当グループおよびスタッフの信用を毀損し、または当グループもしくはスタッフの業務を妨害すること
    5. (5)反社会的勢力である第三者をして前各号の行為を行わせること
    6. (6)反社会的勢力に対して、名目の如何を問わず資金提供を行うこと
    7. (7)第三者が反社会的勢力であることを知りながら、当該第三者との取引を行うこと
    8. (8)その他前各号に準ずる行為
  3. 3. 当グループおよびスタッフは、自らが第1項の各号に該当し、もしくは前項の各号に該当する行為を行い、またはそのおそれがあることが判明した場合には、直ちに相手方にその旨を通知する義務があります。
  4. 4. 当グループおよびスタッフは、互いに、相手方による反社会的勢力との関係の有無に関する調査に協力し、相手方から求められた事項については、客観的、合理的なものである限り、これに応じなければならないものとします。
  5. 5. 当グループまたはスタッフは、相手方が、前各項に違反した場合には、何らの催告をなしに直ちに、当グループ・スタッフ間で締結した一切の契約を解除することができるものとします。
  6. 6. 当グループまたはスタッフは、前項に基づき契約を解除したことにより、相手方に発生した一切の損害について、賠償責任を負わないものとします。

第16条 (全般)

  1. 1. 本サービスに関連して、スタッフと当グループとの間で紛争が生じた場合には、当該当事者がともに誠意をもって協議するものとします。
  2. 2. 前項により協議をしても解決しない場合、パーソルエクセルHRパートナーズ(株)が単独で原告または被告となる場合には大阪地方裁判所、それ以外の場合には東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

付則
本規約は2006年3月27日から実施します。
改定 2019年04月01日
改定 2020年04月01日