ページの先頭です
ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

ニュースリリース

2018年2月 8日
パーソルテンプスタッフ株式会社

すべてのはたらく女子への応援企画
「テンプスタッフ×チャラン・ポ・ランタン」第二弾
新ミュージックビデオに新日本プロレスの棚橋弘至が参戦!

〜あの決め台詞やあの必殺技で、はたらく女子の敵を撃退〜

総合人材サービスのパーソルグループで人材派遣・アウトソーシング事業を手掛けるパーソルテンプスタッフ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:和田孝雄、以下パーソルテンプスタッフ)は、2018年2月8日(木)より、はたらく女子応援企画「テンプスタッフ×チャラン・ポ・ランタン第二弾」として、ミュージックビデオ(以下、MV)「いっくよー!with棚橋弘至(新日本プロレス)」を公開します。

■プロレスラーの棚橋弘至氏と「チャラン・ポ・ランタン」がはたらく女子の敵を撃退!

 パーソルテンプスタッフは、すべてのはたらく意欲のある女子に寄り添い支援したいという思いを込めて、はたらく女子への応援企画を実施しています。2017年10月には企画第一弾として、「チャラン・ポ・ランタン」とのコラボレーションにより、はたらく女子への応援ソング「いっくよー!」をリリースしました。第二弾となる本企画では、強力な助っ人として、新日本プロレス所属のプロレスラー 棚橋弘至氏をお迎えし、はたらく女子の敵を得意の必殺技で倒していくコミカルなストーリーが特徴のMVを制作しました。ちょっと疲れた時や忙しい時などに思わずくすっと笑いがこぼれ、また頑張ろう!と思っていただけるような仕上がりとなっております。
 
パーソルテンプスタッフでは今回のコラボレーションの他にも、株式会社ストライプインターナショナルが展開するファッションレンタルの「メチャカリ」と提携し、就業スタッフ限定の特典を用意するなど、はたらく女性の支援に力を入れています。

■はたらく女子応援企画「テンプスタッフ×チャラン・ポ・ランタン第二弾」について

 特設サイトでは、「チャラン・ポ・ランタン」による書き下ろしの楽曲「いっくよー!」の新MVや、棚橋氏との対談ムービー、スマホのカメラを使って毎日の運勢を占うおみくじ(「ポみくじ」)など、はたらく女子に元気を与えるコンテンツを展開しています。

■ムービーストーリー:「いっくよー! with棚橋弘至(新日本プロレス)」
https://www.youtube.com/watch?v=ODHmkut5dmA新しいウィンドウが開きます

―現代のはたらく女子におそいかかる、数々の敵。
松永もも(以下、もも)「お姉さま!二人で戦うには敵が多すぎます!」
松永小春(以下、小春)「ここは我らが“ポ様”をお呼びしましょう!」
もも 「いでよ “ポ様”!」
もも、小春 「GO!ACE!」〜♪

もも 「“ポ様”とは、チャラン・ポ・ランタンの『ポ』担当、棚橋弘至様のことである!」
棚橋弘至(以下、棚橋)「はたらく女子を応援します!ポ様、参上!」

チャラン・ポ・ランタンの楽曲『いっくよー!』に合わせて、
合いの手のように、棚橋の決め台詞「愛してま〜す!」が炸裂。

はたらく女子の敵、「人間関係」「肌あれ」「残業」「無茶振り」らを前に、チャラン・ポ・ランタンのももが、第1試合で戦いを繰り広げます。

戦いの合間、優しい笑顔で、リングで闘うももにコーヒーを差し出す棚橋。

その後、おなじみの必殺技「テキサスクローバーホールド」ならぬ、「美肌クローバーホールド!!」を繰り出し、はたらく女子の敵・肌あれをやっつけます。

そして、第2試合がスタート。
ももに代わって、果敢に敵たちに立ち向かう、小春。

勝ち目がないように見えた3人ですが、サビに入ると、元気な歌声とダンスで、気持ちを奮い立たせます。

腕立て伏せ、腹筋のトレーニングをこなすチャラン・ポ・ランタン。
決戦に向けて準備を整えます。

連敗続きのチャラン・ポ・ランタンからバトンを受け取り、ついに棚橋がリングの上に…!
次から次へと、はたらく女子の敵を倒します。

棚橋から勇気をもらったももは、もう一度立ち上がり、棚橋の必殺技「ハイフライフロー」ならぬ、「お仕事ハイフライフロー!!」を披露!
棚橋とチャラン・ポ・ランタンは、見事にはたらく女子の敵を成敗したのでした。

棚橋は、敵から「テンプスタッフ」のタオルを受け取り、それで汗を拭いた後、包み込むような笑顔で敵に差し出すおなじみのパフォーマンスも披露。

棚橋とチャラン・ポ・ランタンの強さに感服した敵は、タオルを受け取り、最後は全員で『いっくよー!』に合わせて仲良く踊り出します。

最後は、ももが技をかけられていたシーンのオフショット。
笑顔で幕を閉じます。
すべてのはたらく女子に。
テンプスタッフ

■出演者プロフィール

<チャラン・ポ・ランタン>
もも(唄/平成生まれの妹)と小春(アコーディオン/昭和生まれの姉)による姉妹ユニット。 '09年に結成、2014年にエイベックスよりメジャーデビュー。
お笑い芸人・アイドル・女優、映画/ドラマへの楽曲提供、演技・CM・声優・イラスト・執筆など、日々ボーダレスな活動を行っている。大人気ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』OP曲「進め、たまに逃げても」が話題に。

<棚橋弘至>
「新日本プロレス」所属のプロレスラー。
1976年11月13日、岐阜県大垣市生まれ。キャッチコピーは“100年に一人の逸材”。
立命館大学法学部時代にプロレスラーを志し、在学中に入門テストに合格、卒業後の99年に入門。
主なタイトル歴はIWGPヘビー級王座、IWGPインターコンチネンタル王座、G1 CLIMAX優勝2度(07・15年)など。
近年はテレビのバラエティー番組やドラマへの出演、執筆活動など、リング外での活動も精力的に行い、再燃しつつあるプロレスブームを牽引する。
2018年9月には主演映画「パパはわるものチャンピオン」の公開も控えている。

【関連リンク】
新日本プロレス新しいウィンドウが開きます
棚橋弘至Twitter新しいウィンドウが開きます 

■パーソルテンプスタッフ株式会社について<https://www.tempstaff.co.jp/

 パーソルテンプスタッフ株式会社は、パーソルグループの「派遣・BPOセグメント」中核会社として、人材派遣、ビジネス プロセス アウトソーシング、官公庁受託事業などのサービスを提供しています。2017年7月より、テンプスタッフ株式会社からパーソルテンプスタッフ株式会社へ社名変更。グループの総力をあげて、労働・雇用の課題の解決を目指します。

■「PERSOL(パーソル)」について<https://www.persol-group.co.jp/新しいウィンドウが開きます

 パーソルは、2016年7月に誕生した新たなブランドです。ブランド名の由来は、「人は仕事を通じて成長し(PERSON)、社会の課題を解決していく(SOLUTION)」。働く人の成長を支援し、輝く未来を目指したいという想いが込められています。
 パーソルグループは、人材派遣サービスの「テンプスタッフ」、転職サービス「DODA」やアルバイト求人情報サービス「an」をはじめとし、ITアウトソーシング、設計開発にいたるまで、国内外の幅広い企業群で構成されています。グループのビジョンである「人と組織の成長創造インフラへ」を実現するために、労働・雇用の課題の解決に総合的に取り組んでいます。

【お問い合わせ先】
パーソルホールディングス株式会社 グループ経営戦略本部 広報室
TEL: 03-6385-6829/FAX: 03-6385-6107/MAIL: pr@persol.co.jp

ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。発表日以降に変更となる場合もあります。
あらかじめご了承ください。

ここからカテゴリ内の共通メニューです

テンプスタッフのママ支援(新しいウィンドウが開きます)
社会貢献活動 スカラシップ制度
オリジナルキャラクター テンプりん。&ミルりん。の紹介
篠原の創業ストーリー わたしの生きる道