はたらく歓びを、いっしょにつくる テンプグループ

0120-252-102
9:00~19:00(月~金)/9:00~16:00(土)

お問い合わせはこちら

テンプスタッフのアウトソーシング

業務に応じたマネジメント・リソース活用/業務特性に合わせた運用体制

テンプスタッフの強み

お問い合わせはこちら

私たちは、人と組織の成長創造インフラの実現を目指し、
各分野に特化した専門性の高いアウトソーシングサービスを提供しています。

テンプスタッフの業種別アウトソーシングサービス

各種事務・事務センター

・一般事務
・総務事務
・経理事務
・学校事務
・官公庁、自治体での事務業務
・データ入力
・スキャニング
・翻訳 等

採用代行

・新卒採用
・中途採用
・アルバイト、パート採用

受注センター

・受注受付処理
・受注入力処理
・納期回答
・出荷指示
・売上計上
・請求書発行
・入金確認 等

受付業務

・総合受付
・応接室、フロア案内
・レセプション
・代表電話応対
・湯茶提供
・官公庁、自治体窓口受付など
 各種窓口業務全般

金融事務

・新規契約受付
・既契約者情報更新
・保険金支払査定業務
・保全・解約処理業務
・住宅ローンに関わる事務
・個人資産書作成業務 等

コールセンター

・コールセンター業務(受信・発信)
・ヘルプデスク業務など
 電話、WEB、メール対応を伴う
 窓口業務全般

電話での資料請求・お問い合わせ

0120-252-102
9:00~19:00(月~金)/9:00~16:00(土)

WEBからの資料請求・お問い合わせ

お問い合わせはこちら

それだけじゃない!テンプスタッフ3つの強み

01.豊富な人材とインフラ

常駐管理者

運用品質は、プロジェクトを運営する常駐管理者が要になります。アウトソーシング事業独自の教育プログラム、外部講師研修、リーダー同士のナレッジ共有などを通じてお客様の業務品質維持、改善の活動を担保いたします。

人材供給体制

全国の登録・採用拠点および人材データベースをアウトソーシング事業においてもフル活用しています。その為、お客様社内での常駐型運用においても、あらゆるエリアで質の高い運用を実現すべく、人材を確保することが可能です。

充実したインフラ

都内に2か所および宮崎に2か所のオフサイト運用センターを構えております。オンサイトとオフサイトを使い分けたハイブリット運用も可能です。詳しくはこちら

リソースデザイン

業務の特性(難易度、業務量変動など)に合わせて、マネジメントとオペレーションのリソース(人材)をデザインします。特に業務量変動に合わせて勤務時間や勤務日数の異なるメンバーを適正に配置し運営することを強みとしています。スタッフそれぞれのスキル、働き方に長年向き合ってきたテンプスタッフならではのスタイルです。

シェアリングメンバーを活用した調整イメージ

時間を指定した配置

午前中に集中する業務については、繁忙時間帯である9時~12時までシェアリングメンバーを増員した人員体制を組むことができます。

曜日を指定した配置

曜日繁閑のある業務については、業務量のボトムの曜日に合わせてコアメンバーを配置、繁忙曜日に不足する人工のみシェアリングメンバーを配置することができます。

02.各分野に特化した専門性

運用実績

数多くの受託案件を継続運用することにより、各分野(業界/業務)にフィットした業務構築方法、業務改善施策等のナレッジが蓄積されています。

運営体制

豊富な運用実績をもとに業界・業務ごとの専門組織による運営体制を構築しています。
また高い品質を維持するために、業務調査、構築を行うコンサルティング部門、教育採用、品質管理、コンプライアンスを支えるサポート部門と各工程においても選任体制としています。

企画提案/調査・構築コンサルティング/業界・業務毎に特化した運用組織/品質管理・内部統制機能/常駐管理者採用・育成

03.労働法に適応した確実な運用

コンプライアンス

オンサイト運用における偽装請負の排除や、派遣法、労働契約法に関する課題についても、業務の継続性を踏まえた解決策をご提案いたします。

電話での資料請求・お問い合わせ

0120-252-102
9:00~19:00(月~金)/9:00~16:00(土)

WEBからの資料請求・お問い合わせ

お問い合わせはこちら

そもそもアウトソーシングとは?

自社の業務や機能を外部の業者に委託すること。

業者に任せることで自社のリソース(ヒト、モノ)をコア業務に集中させることができます。
ノウハウを持っている専門事業者に委託することで、
生産性の向上や設備投資の抑制等を図ることができ、経営全体の効率が上がるというメリットがあります。

さまざまなアウトソーシング事業が存在し、
管理部門業務、事務業務、コール業務、営業、物流、システム開発・運用など広範囲にわたっています。
発注企業の事業所内で運営するオンサイト型とアウトソーシング企業の事業所で運用するオフサイト型があり、
ITインフラの進歩によって地方や海外での運営可能領域が広がっています。

労働関連法制が変化していく中、直接雇用、人材派遣活用、アウトソーシングの3つの選択肢を再検討し、
自社のリソースプランを見直す企業が増えてきております。

アウトソーシングのメリット

業務特性に合わせた
運用体制を構築

業務品質と生産性の向上

ご契約時に受託業務に求められる品質基準を設定させていただきます。
品質を維持するためのしくみ(マネジメントサイクル・業務フロー・マニュアル・ルール・教育など)をもとに業務運用をしてまいります。

業務量の変動に伴うリスクの軽減

必要な期間や業務量に応じた運用体制の構築が可能になります。繁忙期には業務量の増加に対応するため、固定費の変動費化が可能です。

各種業務に応じた
マネジメント、リソース活用

業務管理負荷の軽減

対応人員の採用・教育から運用管理まで一括して対応するため、企業の業務管理負荷を大幅に軽減することができます。

経営資源のコア業務への集中

定型業務などの非コア業務で活用することにより、企業の限られた経営資源をコア業務に集中させることができます。

まずはお気軽にお問い合わせください

電話での資料請求・お問い合わせ

0120-252-102
9:00~19:00(月~金)/9:00~16:00(土)

WEBからの資料請求・お問い合わせ

お問い合わせはこちら