Why Don`t Think Issue. 業務効率化、人材不足、ビジネスの拡大、ファシリティ縮小など、課題をお持ちではないですか? 地域密着のオフサイト型アウトソーシング 業務効率化 × コスト削減 × BCP対策 ジョブシェアセンターWhy Don`t Think Issue. 業務効率化、人材不足、ビジネスの拡大、ファシリティ縮小など、課題をお持ちではないですか? 地域密着のオフサイト型アウトソーシング 業務効率化 × コスト削減 × BCP対策 ジョブシェアセンター

About Job Share Center ? ジョブシェアセンターとは?About Job Share Center ? ジョブシェアセンターとは?

テレワーク等、多様な働き方が進む中、都心部のオフィスまで通勤に1時間かかっている、週5日フルタイムで勤務時間が固定されている等、郊外在住の方、子育てや介護等の事情で就業条件に制約がある方にとっては、働きたくても両立の難しい状況が、まだまだあります。
そこで、パーソルテンプスタッフでは「働きたいと願う人々に雇用の場を提供」するため、育児や介護、資格取得などと両立可能な職住近接で働く場として、ジョブシェアセンターをスタート。
フルタイム勤務者1人で担当する職務(ポスト)を2人以上がペア、またはチームになって分担(ジョブシェアリング)し、1人あたりの稼働時間としては短いながらも、効率的にお客様からの業務を遂行し、職住近接を実現しています。

ジョブシェアセンター東村山・ジョブシェアセンター神戸名谷においては、東村山市、神戸市との公民連携で、地域交流、地域の雇用創出、地域活性化を目指しています。
ジョブシェアセンター東村山は、東村山市市民センター内に開設。「東村山就職情報室(ハローワーク)」「東村山市障害者就労支援室」「ほっとシティ東村山」とも連携しながら、市民の方々の雇用の場を提供しています。
また、ジョブシェアセンター神戸名谷では、子育て環境の整った住宅地に、市有財産であった閉園予定の幼稚園を活用し、働く場所を設け、カフェ、家庭菜園、セミナー・イベントを開催するコラボレーションスペースも設置。
地域の方々への就業機会の提供を行うとともに、日常的に地域の方々が集う施設を目指しています。

Facility Features ジョブシェアセンターの特徴Facility Features ジョブシェアセンターの特徴

Point01

高いマネジメント力による業務品質

複数の仕事を複数のスタッフでシェアリングして対応するため、細やかな業務の進捗管理とマンマネジメントが重要です。
各センターにはセンター長(PM)を中心とした運用体制を構築し、スピーディーかつ高い業務品質の維持に努めています。

Point02

一連の業務全体だけでなく、切り出した一部業務も対応可能

一連の業務全てをアウトソースしたい、というご要望はもちろん、効率性を高めるために一部業務を切り出し、社員で対応しているフローと組み合わせたい、というご要望にも対応可能です。

Point03

オンサイト/オフサイト(※1)両方での業務運営についても、柔軟に対応

オンサイトでご対応されている運用PJTと連携した業務対応も可能です。
パーソルテンプスタッフへご依頼いただいたオンサイト型での業務運用のうち、執務スペースや効率性の観点から、一部は外部へ切り出したいというご要望にも、センター長(PM間)の連携を通じて、柔軟に対応させて頂きます。

(※1)
オンサイト=お客様先に常駐し業務運営を行うこと。
オフサイト=お客様先に常駐せず、外部で業務運営を行うこと。

Point04

安心安定の体制を維持

自宅から通いやすい職住近接で働くスタッフが中心。「仕事内容」や「職場環境」への満足度も高く長く働き続けたいと考えるスタッフが多いため、安心安定の運用体制を長期にわたり構築できます。
また、スタッフの方々には、これまでのキャリア・経験を活かしながら、さまざまな業務に従事いただき、経験やスキルを積んでいただくことでスキルアップにつなげていただいています。

Point05

IT関連スキルなど、充実した教育体制

個人情報、セキュリティに関する教育・研修はもちろん、IT関連スキルの教育・研修など、恒常的なスタッフ育成を行っています。

Point06

高度なセキュリティ対策の徹底

ISMS認証を取得、就業スペースへの通信機器の持ち込み禁止、ICカードキーによる入退室管理、フロア内への監視カメラ設置など、安心して業務をご依頼いただけるよう、情報セキュリティ対策も徹底しています。

(※2)POINT 04の補足
管理体制

センター長
(PM)

センター長(PM)、プロジェクトリーダー(PL)でセンター全体、オーダーの進捗管理、シフト組み、スタッフ配置を対応しています。

プロジェクトリーダー
(PL)

複数のオーダーを、複数のメンバーでシェアリングして対応しています。

ジョブシェアセンター
スタッフ

業務のアサインは、スタッフのスキル・志向性、稼働量を踏まえて、決めていきます。

(※3)POINT 06の補足
各センターいずれもISMS認証を取得し、
セキュリティ対策を徹底

就業スペースへの通信機器持ち込み禁止のため、ロッカーを用意

各フロア毎にICカードキーを設置し、入退室管理を徹底

フロア内には監視カメラを設置

業務ごとにデスクを分けて、業務の混在、情報漏えいを回避

仕分け処理のダブルチェック等は、別デスクで対応

Case Study ジョブシェアセンターの業務活用事例Case Study ジョブシェアセンターの業務活用事例

Case01ファインケミカル関連商社様の
経理・請求業務

業務内容

  • 毎日:納品書の発行・郵送対応
  • 月4回:締日毎に請求書を発行・郵送
    ※PC、プリンタはクライアント様貸与

対応件数・対応人数

納品書

  • 件数:約50件/日
  • 人数:1人/日
  • 月間工数:0.5時間/日×営業日数

請求書

  • 件数:約200件/回
  • 人数:4人/日
  • 月間工数:120時間

業務の流れ

ご担当者と当センター長(PM)にて、各種ご相談・ご要望など随時連携して対応

  • 専用システムに
    ログイン

  • 納品書・請求書の
    発行

  • 印刷内容の
    確認

  • 郵送準備

  • 郵送

Case02行政・自治体様の
申請書類仕分け業務
※オンサイトPJT業務の一部を当ジョブシェアセンターにて対応

業務内容

  • 公的補助金に関する申請書類仕分け業務

対応件数・対応人数

  • 件数:約3,000件/月
  • 人数:6~8人/回
  • 月間工数:240時間

業務の流れ

受託事業の「仕分け」の部分のみ、当ジョブシェアセンターにて対応。
不明点や相談は、オンサイトPJT⇔ジョブシェアセンターで、スムーズ・スピーディーなコミュニケーションを取りながら対応

  • 申請書を受領

  • 受領件数の確認

  • 書類の仕分け

  • 封入と
    ファイリング

  • 原本返送

Process 導入プロセスProcess 導入プロセス

導入までの図はあくまで一例です。
まずは、お問い合わせフォームより
ご連絡ください。

ご提案

  • お客様
    ヒアリング
  • 概算お見積
    提示
  • 仕様確定
    契約締結

業務開始

  • 運用準備・試行運用
  • 業務委託
    スタート
ご依頼・ご相談はこちら

Faq よくある質問Faq よくある質問

Q

うちの業務だけ専門で体制構築していただけないでしょうか?
クライアントや特性の違う業務が混在するのが心配なのですが…

A

業務ごとに分けて座席を決めていますので混在することはありません。
また、スタッフの徹底したシフト管理をもとに、どの時間に、誰がどういう業務を行っているのかを可視化・全体共有し、業務進捗管理していますのでご安心ください。

Q

概算費用に関しては、どのくらいかかるのでしょうか?
従量制も可能なのでしょうか?

A

業務内容や業務量によって変動があります。費用については都度ご相談させていただきます。
従量制についてもご相談可能です。
(例、申込書の入力業務と不備チェック業務の場合、約30万円/月~)