WEB制作の派遣の仕事|派遣の求人検索・人材派遣会社はテンプスタッフ

WEB制作

ニーズの高いWEBサイトやアプリの制作にかかわる仕事

WEB制作の仕事の特徴

  • 需要が高い
  • 柔軟性
  • 専門性高

WEB制作の仕事内容

企業のホームページやキャンペーンサイト、アプリの作成・修正・管理、会社案内や製品サービス案内などのデジタルコンテンツ制作などを行う、クリエイティブな仕事です。WEB制作の基本的な知識と技術が求められます。

人気の理由・魅力

POINT 1

業界問わず活躍できる

多くの企業がホームページやSNSを運営しているので、業界を問わずはたらけます。さまざまな企業から依頼を受けるWEB制作会社や広告代理店はもちろん、企業内のWEB制作担当としての仕事があります。サイト設計や、SEO、WEBマーケティングなどの知識も身に付けられると、プロジェクトの進行管理をするWEBディレクターとしても活躍できます。

POINT 2

デザイン系ソフトのスキルが身に付く

Illustrator、Photoshopなどのデザイン系ソフトや、HTML/CSS、JavaScriptなどの開発言語を用いてホームページやキャンペーンサイト、アプリなどの制作を担当します。WEBデザイナー、コーダーとしてフリーランスではたらくことも可能です。

POINT 3

スクール卒・独学からでもチャレンジできる

WEB制作の仕事に必須の資格はなく、実務未経験からできる仕事もあります。WEBデザインスクールや独学でもWEB制作の経験があれば、スキルを活かしてはたらくことができます。

こんな方におすすめ

  • ニーズをくみ取って形にできる方 WEB制作はクリエイティブな仕事ですが、自分の好きなようにサイトをつくればよい訳ではありません。お客さまの要望を受けて商品・サービスなどのイメージに沿った魅力的な提案ができるよう、柔軟な発想力が必要です。
  • コミュニケーション力がある方 WEB制作は多くの場合、デザイナー、コーダー、編集・ライターがそれぞれ独立して動き、WEBディレクターが監督の役割を果たします。そのため、一つの目標に向かうチームの一員として、業務を円滑に進められるコミュニケーション力も大切なスキルです。

求められる経験・スキル

  • WEB制作の基本的な知識
  • デザイン系ソフトの使用経験

あると活かせる

  • アドビ認定プロフェッショナル
  • WEBクリエイター能力認定資格
  • ニーズをくみ取る力

身に付くスキルの例

WEB制作の知識

WEBの基本と開発言語の知識が身に付きます。HTML、CSSなどの基本的なものに加えて、JavaScriptやPHP、Rubyなどの言語や、近年重要性が高まっているUI・UXのスキルも身に付くと、今後さらに活躍の場が広がります。

デザイン系ソフトのスキル

lllustrator、Photoshop、Dreamweaverなどのデザイン系ソフトのスキルが磨けるので、他のクリエイティブ系の仕事でもその知識と技術を活かしてはたらけます。

仕事例

業務 業務内容
デザイン デザイン系ソフトを用いて、サイトやバナーなどのデザインをする
コーディング 開発言語を用いてコードを記述し、Webブラウザ上で見える形にする
ディレクター・進行管理 WEBサイトの企画の立案や制作現場の指揮運営や、制作がスムーズに進むようにスケジューリングや進捗管理なども担う
保守 リリース後、WEBサイトの改善・最適化(メンテナンス)を行う

1日の流れ

9:00

仕事開始

今日のスケジュールの確認。メールとチャットのチェックも行う。

10:00

ホームページ更新作業

ホームページのテキストと画像を差し替え。

12:00

休憩

13:00

記事の校正、戻し

ライターからSEO記事がアップされたので、校閲・校正を行う。

15:00

デザイン発注

チームでつくっている構成案を、外部デザイナーに発注。

16:00

検証作業

来週リリース予定のホームページの検証を実施、修正箇所をコーダーに連携。

18:00

終業

WEB制作のキャリアステップ

WEB制作で培った知識や経験を活かして、より専門性が求められるWEBデザイナー・コーダーとしてフリーランスで活動したり、案件の進行管理を行い全体を指揮するWEBディレクター・WEBプロデューサーへのステップアップも可能です。

WEBデザイナー・コーダー

WEBディレクター

WEBプロデューサー

関連職種