ここから本文です

まなびカンパネラ キャリアのプチまなび スキルアップのこワザ お知らせ

キャリアのプチまなび

皆さまが、この先のキャリアを長い目で見据えたときに、さまざまな「働き方」の可能性を視野に入れて考えていただけるよう、2018年度の「キャリアのプチまなび」では、派遣から正社員への転職ノウハウを紹介しています。

 

はじめる前に知っておきたい「転職活動にかかる期間」

転職活動にはどれくらいの期間がかかりますか?

 

転職を思い立ってから入社まで2〜3ヶ月

一般的に、転職活動にかかる期間は2〜3ヶ月といわれます。

「転職活動」と聞いて、皆さんはどんな“活動”を思い浮かべるでしょうか?WEBでよさそうな仕事・求人を探して応募する、履歴書を書く、面接を受けに行く……この辺りが、いわゆる「転職活動」っぽい“活動”ですよね。

でも、「転職活動にかかる期間は2〜3ヶ月」といった場合、そのような「転職活動」っぽい“活動”の「前」と「後」の期間も含みます。

「前」というのは、具体的に仕事や求人を探す前に、これまでの自分のキャリア・経験を棚卸ししたり、転職の目的を整理したりといった、事前準備的な活動のことです。新卒で就職活動をした人は、「自己分析」「業界研究」などの言葉に聞き覚えがあるかもしれませんが、それと似たようなことです。これに充てる期間が、だいたい1〜2週間といったところ。

「後」というのは、内定が出てから転職先への入社までのことです。「内定が出たら、入社まではゆっくり休んだり旅行でもすればいいのでは?」と思うかもしれませんが、正社員として働いている人は現在勤めている会社と退職交渉をしたり、自分の業務を誰かに引継ぎしたりといったことが必要になります。実はこれが結構時間のかかるもので1ヶ月くらいかかります。

そういう「前」「後」の期間も含めて、「転職活動にかかる期間は2〜3ヶ月」と言っている訳ですね。

 

転職活動はスピードを競うものではない

ただ、この「2〜3ヶ月」というのはあくまでも目安です。

事前準備を入念にする人はそのぶん時間がかかるでしょうし、忙しくてなかなか転職活動に時間を割けないケースもあるでしょう。応募する企業の数や、応募先企業の面接回数や、人事部のスピード感によってもかかる時間は変わってきます。

逆に、電車の乗り継ぎが妙にうまくいくときがあるように、いろいろなタイミングや事情がうまく重なって、転職活動開始から1ヶ月後には次の会社で仕事をはじめられるといったケースもあります。

ただ、例えば応募をはじめてから2ヶ月経って、何社も応募しているのに一向に面接へ進めない…といった場合、あなたの経歴と応募先の募集ポジションがマッチしていないとか、応募書類が魅力的に書けていないといったことが考えられるので、活動全体を見直してみることが必要です。

 

転職活動するなら、契約期間をうまく相談して

さて、派遣で働いている方が気になるのは、派遣期間と転職活動期間をどう見計らって転職活動を進めるかということだと思います。

派遣で働いている方の場合は現在正社員の方と違って、派遣期間が満了する少し前に内定がもらえれば、退職交渉や引継ぎ期間などは必要ありませんから、入社までスムーズに進むことができるでしょう。

ただ、「今の派遣期間が終わるのが7月だから、後2ヶ月で内定をゲットしよう!」と思ったところで、必ずしもその通りに進まないのも転職活動です。だから、活動の進み具合によって柔軟に対応できる体勢でいることが大事。

企業は内定を出したら、基本的にはできるだけ早く入社してもらいたいと考えています。

入社日はある程度は交渉して遅らせてもらうことは可能ですが、「いまの派遣期間が残り4ヶ月あるので、終わるまで入社は待ってほしい」という訳にはいかないことが多いですし、かといって派遣期間の途中で契約を解除するのはできるだけ避けたいもの。

 

派遣で働きながら転職活動をする場合は、派遣会社の担当者に、契約更新期間について相談をしてみましょう。また、後任の方にスムーズに引継ぎができるよう、あなたが培ってきた業務の知識やノウハウをしっかりマニュアル化するなど、準備もすすめておくとよいでしょう。 

こわざ

自分の仕事はどこに繋がっている?〜仕事の全体像をつかむ

仕事をしていれば、誰でもミスをする。でも…

同じミスを何度も繰り返したり、ミスがなかなか減らなければ、いずれ会社の事業に大きな影響を与えるミスが起きてしまうかもしれません。

特に事務の仕事は、よく数字を取り扱います。数字はお金に直結することも多く、たった1字の記入ミスが、お客さまとの関係を悪化させたり、会社の信用を損なったりする可能性があります。

では、ミスを極力なくすにはどうすればいいでしょう。今回は、具体的な対処法というよりは、「考え方」「仕事の捉え方」の話をします。

 

仕事の目的と意味を理解する

ミスを根本からなくす上で大事なのは、仕事の目的と意味を理解することです。それは、例え自分の担当する仕事が、最終的な成果物になるもっと手前の段階の仕事であっても、です。

間違った思い込みをもって仕事を進めては、いつまでたっても正しく業務を完遂できません。予断を持たず、仕事の目的と意味を依頼者にしっかり確認しておけば、分からないことが生じたときに、誰に何をどう聞けば解決するかが分かり、的確な対処をすることができます。あるいは、ないとはいえない「依頼者のミス」に気づける可能性もあります。

それでもミスは起き得るものですが、ミスが起きても問題の影響範囲を特定しやすいので、全部一から見直すために納期に間に合わないという事態も避けられるはずです。

 

仕事は一人で完結しない、前後に連なっている

トヨタ生産方式の基本的な考え方の一つ、「後工程はお客さま」という言葉は有名で、広く製造業の品質保証の分野でその考えが取り入れられています。
自分の担当する工程で100%の品質のものをつくろい、後工程が「社内の人」だと思えば気の緩みが出るかもしれないから、お客さまに渡すくらいの気持ちで丁寧に仕事をしよう、そういった意味合いです。

これは、工場の話だけでなく、事務の仕事でも同じように考えることができます。自分の仕事を渡す相手を「お客さま」だと考え、次の仕事をしやすい形に整えて渡すということです。

契約書の作成を頼まれたら、印鑑の必要な箇所に付箋を貼ることがあるでしょう。数秒で済むことですが、それが押印漏れを防ぐことにつながります。それと同じように、細やかな心遣いが、一連の仕事全体におけるミスを少なくするケースはいくらでもあります。

「後工程はお客さま」、そのように考えて日々の仕事をしてみてはいかがでしょうか。

 

まなびカンパネラ編集部

お知らせ

【首都圏】貿易スタッフデビューを叶える実務講座

仕事直結の貿易知識を、リーズナブルな特別価格で学べるJ.W.オースティンの「貿易事務スタッフ養成講座」。テキストは絵や図をたくさん使い、はじめてでもとても分かりやすいと好評です。

6月2日(土)より開催の「アーリーサマークラス」の予約を承っています。

 

 

■【DHCの英語講座】TOEIC対策コースがWEB対応強化でパワーアップ

 

「TOEICLISTENING AND READING TEST講座」の5コースが、特別価格適用のままで「音声ダウンロード」「課題提出」のWEB対応ができるようになりました!
人気の講座をぜひお手軽にご受講ください。

 

 

■登録スタッフの方はお得に使える!【1ヶ月無料でおためし】ファッションレンタル「メチャカリ」

 

パーソルテンプスタッフの登録スタッフの方なら、定額で洋服が借り放題の「メチャカリ」がお得にご利用できます。
なんとすべて新品!キッズやメンズも登場してパワーアップした「メチャカリ」をぜひご利用ください!

 

 

■★Wワークで働こう!★自分の都合にあわせて月1回2時間から★
自由な働き方を実現する家事代行スタッフのお仕事♪

 

「急に予定がなくなった!」「残業もないし、土日にもう少し働きたい!」など、ご予定やご都合に合わせて自分の好きな時間を選んで自由に働ける!もちろん現在就業中でもダブルワークOK!
パーソルグループの家事支援サービス「ショコラ」が、あなたのちょっとした空き時間を働く機会にかえます。

 

当サイトはパーソルテンプスタッフ(株)がテンプグループの委託を受けて運営しています