ページの先頭です
ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

【わたしの生きる道】
〜テンプスタッフ創業者の履歴書〜vol.04

おなかいっぱいご飯を食べたい

おなかいっぱいご飯を食べたい

私の小学生のころはずっと戦争の時代だった。農家ではなかったから、父が亡くなったのを境にして、次第に食卓が寂しくなっていった。
農家造りの家の庭で6、7羽の鶏とヤギとウサギを飼っていた。鶏小屋の前に座っていると、めんどりがちょっとお尻を下ろすようにして小さく鳴く。卵を産んだときのしぐさだ。まだ温かい卵を手に取って「うまれたよー」と母のところに持っていくと卵かけご飯が食べられた。ヤギの乳もおいしかった。
でも普段はご飯茶わんの底にサツマイモが混じった雑炊が少しあるだけだった。サツマイモは2人の兄が庭に作った畑で育てたものだ。ある日、母に「1度でいいからおなかいっぱいご飯を食べたい」と大きな声で言った。母が何と答えたか覚えていないけれど、きっと切なかったろう。

(日本経済新聞朝刊2013年6月2日掲載の『私の履歴書』より引用)

テンプスタッフのママ支援(新しいウィンドウが開きます)
社会貢献活動 スカラシップ制度
イメージキャラクター テンプりん。の紹介
篠原の創業ストーリー わたしの生きる道