ページの先頭です
ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

【東京・大阪】医薬翻訳セミナー(無料)

医薬翻訳講座とは、製薬業界の臨床開発部門にて翻訳を行っている方、安全性部門において翻訳を行っている方または今後ご希望される方向けの講座となっております。
課題文の翻訳から、皆さんの現在の課題点の抽出・把握をし、フィードバックすることで、スキルアップを支援します。

受講対象

  • ・開発翻訳経験者
  • ・開発以外の医薬翻訳経験者

講師の紹介

津村 建一郎 (つむら けんいちろう)
T Quest代表/株式会社アスカコーポレーション 顧問

東京理科大学大学院卒業。外資系メーカー、CROにて30年以上にわたり医薬品などの臨床開発業務に携わっており、様々なプロジェクトを成功させてこられました。
現在は、Tquestを設立し、代表を務められています。翻訳、メディカルライティング、翻訳学校での講義、医薬品などの開発コンサルティング等、多方面で活躍されています。

講師は都合により変更となる場合がございます。


セミナー内容

【治験実施計画書(プロトコール)の翻訳】

治験実施計画書(プロトコール)はある治験に関するルールブックです。今回はその治験実施計画書(プロトコール)の英訳のポイントについて勉強していきます。
英訳ですので、読者は非日本人(日本語が理解できない)と考えられ、主語のはっきりしない曖昧な表現を旨とする日本文をどの様にして主語が必須で単純明快を旨とする英文するかのポイントを説明します。

事前の課題があります。

  • 【講義内容】
  • 1.治験実施計画書(PRT)とは何でしょうか
  • (1)PRTには何が書かれているか
    (2)PRTは誰がいつ作成するのか
    (3)PRTは誰が何の目的で使用するのか
  • 2.治験の実施におけるPRTの役割
  • (1)PRTの標準的な構成
    (2)PRTの約半分は定型文
    (3)PRTからの「逸脱」と「違反」の違い
    (4)PRTの改訂について
  • 3.PRTを翻訳してみましょう
  • (1)英訳の第一歩は「和文和訳」!
    (2)時制についての注意点
    (3)誤解/誤読を防ぐSingle meaning
    (4)注意したいその他のポイント

開催スケジュール・お申し込み

定員

20名

定員を超えた場合は抽選となりますので、あらかじめご了承ください。

開催スケジュール

開催コース 東京 大阪
治験(IB)翻訳 2016年9月24日(土)13:00〜16:00
受付終了
予定なし
副作用報告(CIOMS)の英訳 2016年11月19日(土)13:00〜16:00
受付終了
2016年11月26日(土)13:00〜16:00
受付終了
治療実施計画書(プロトコール)の翻訳 2017年2月11日(土)13:00〜16:00 予定なし

お問い合わせ

テンプスタッフ(株)研究開発事業本部

医薬翻訳セミナーに関するご相談をWEBと電話で承っています。

電話でのお問い合わせ先

0120-102-857
(東京会場/メディカル新宿オフィス)

0120-643-102
(大阪会場/メディカル梅田オフィス)

平日 9:00〜19:00(土・日・祝を除く)

関連リンク

関連する理系・製薬専門職スキルアップ講座をご紹介します。

提携校で受講できる理系・製薬専門職講座をご紹介します。