ページの先頭です
ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

派遣先の忘年会や新年会に誘われたら?

飲み会の機会が増える年末年始は、「派遣先でも忘年会などが開催されるけれど、派遣社員も参加していいの?」と気になる方も増えるでしょう。一方で、「貯金したいから参加は避けたい…」「気を遣ってしまうから憂うつ」といった声も耳にします。実際のところ、派遣社員の立場ならどう対応するのがよいのでしょうか。また「苦手だからなるべく穏便にお断りする方法は?」など、よく聞かれる疑問について解説します。

参加は無理のない範囲で

「飲みニケーション」という言葉があるように、飲み会は職場の人とコミュニケーションを深めるいい機会です。派遣社員の場合は、出席が義務ではありませんが、もし誘われたら無理のない範囲で参加できるとよいでしょう。もちろん、そのような場が苦手であったり、他の予定があったりと参加が難しい場合はその旨を伝えましょう。また「ぜひ行きたい!」という方は、積極的に参加して職場のメンバーとコミュニケーションを深めましょう。

要注意!出席しても業務扱いにはならない

また、一般的な仕事やバイトと同様、業務終了後のイベントは業務外の扱いになります。すなわち、業務終了後の飲み会は時給が発生しないので注意しましょう。

最近は職場での飲み会に対して「勉強時間や社外交流の機会が減る」「翌日の仕事の効率が下がってしまう」「参加できない人もいる」といった声が挙がっているのも事実です。業務外の時間はできるだけ自由に使いたい、という方は、断っても問題ありません。ただしその際は、誘ってくれた相手が不快な気持ちにならないよう配慮することが大切です。「せっかくのお誘いですが…」という謙虚な姿勢と、「誘っていただいてありがとうございます」というお礼の一言があるといいですね。

苦手な場合は就業前にチェック

上でも述べたとおり、「こうした飲み会は苦手」という方も一定数存在します。気がすすまないので行きたくない、もしくは事情があって行けないという方は、就業前に派遣会社のコーディネーターに相談するのがおすすめです。また、断ること自体にストレスを感じるという方も多いはず。派遣会社に飲み会に参加したくない、あるいはできない旨を伝えれば、イベントごとが多い会社を避けて紹介してもらうこともできます。

一般的な就職であれば「飲み会の有無」で就業先を選ぶのはなかなか困難。しかし派遣であれば、派遣会社を通して派遣先の企業の雰囲気や風土を事前に知ることができます。こうした派遣ならではのメリットを活かして、自分の希望にぴったり合った職場を探しましょう。

飲み会に誘われたら親睦を深めるためにも、無理のない範囲で参加できるとよいですが、無理をして参加する必要はありません。またあらかじめ就業先の雰囲気や風土を確認できるのが派遣のメリット。イベントごとが苦手な方は派遣会社のコーディネーターにその旨を伝えて確認しておくとよいでしょう。

丁寧なヒアリングで、ご案内できる仕事の幅が広がります

面談付きの登録では、来社や来社不要の方法も選んでいただけます。

面談付きの登録では、来社や来社不要の方法も選んでいただけます。

仕事へのエントリーが便利!優待制度で研修が受講できる

0120-106-102

0120-106-102

平日9:00〜19:00(土日祝を除く)

ここからカテゴリ内の共通メニューです

求人検索 ジョブチェキ

あなたのお近くのパーソルグループ各社拠点一覧

各拠点の住所や連絡先などをご覧になれます。

紹介した人も、された人もうれしい お友達紹介
スマホで学習できる無料eラーニング
キャリア情報サイト まなびCampanera(新しいウィンドウが開きます)
最新ですか?登録情報の変更・追加