ページの先頭です
ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

派遣の現状を知っておこう

2015年9月の派遣法改正でできた「3年ルール」をご存じでしょうか。中には「派遣社員は3年以上働けないの?」「派遣社員は雇い止めにあう?」など、不安や疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか。しかし、労働者派遣法とは派遣で働く人の権利を守るためのルールが定められた法律なのです。正しい知識を身に付けて、派遣で働くことへの不安を払拭しましょう。今回は特に「3年ルール」に焦点をあてて、派遣法と派遣社員の働き方について解説します。

押さえておきたい「3年ルール」。3年経ったらどうなるの?

2015年9月の派遣法改正において、「専門26業務と自由化業務の区分廃止」「個人単位の派遣期間は最長3年」「事務所単位の派遣受入可能期間は原則3年」という、これまでにはなかった新たな期間制限が設けられました。改正の前と後でどんなことが変わったのか、派遣社員は3年経ったらどうなるのか?この2点についてご説明します。

改正前と後で変わったこととは

これまで派遣の仕事には「自由化業務」と「専門26業務」という区分がありました。「専門26業務」とは、広告デザインや秘書、営業など、専門知識や技術を要する専門性の高い仕事26種類を指します。そしてそれ以外の仕事のことを「自由化業務」としていました。「自由化業務」には原則1年、最長3年という派遣期間の制限があったのに対し、「専門26業種」は3年を超えても更新できる、つまり本人と派遣先が合意すれば、特に上限を設けず連続して働いていけるというルールで運用されていたのです。
しかし改正後はこの区分がなくなり、いかなる職種であっても、一人の人が同じ「組織」で働ける期間は最長3年となりました。例えば同じ派遣先で働く場合、総務課で4年働くことはNG。ただし総務課で3年、人事課で3年、経理課で3年といったように組織を変更するならば、同一の派遣先でも3年以上働くことができます。ただし、事業所単位での受け入れも原則3年という新しい制限も設けられたため、組織を変えて同一の企業で働く場合は3年ごとに過半数労働組合などへの意見聴取が必要となります。

3年経ったらどうなるの?

さらに最近は派遣の働き方が多様化しています。例えば「紹介予定派遣」は、最初から派遣先での直接雇用を見据えた働き方。最長6ヶ月間の期間を派遣社員として働き、その後派遣先と両者合意の上で、正社員や契約社員として入社します。いわば派遣の期間は労働者、派遣先両方の「見極め期間」の役割を果たすというわけです。そのほか契約社員としてプロジェクトに加わる「受託業務スタッフ」は、派遣会社と雇用契約を結び、派遣会社から指示を受けて働くスタイル。研修がしっかりしている、派遣会社から指示を受けるので相談しやすいといったメリットがあります。このように、時代の変化に合わせて働き方も多様化しているのです。

自分の権利をきちんと行使するためにも、派遣法はしっかり理解しておきたいもの。また派遣の働き方もさらに多様化しており、派遣社員が取れる選択肢が増えています。自分のライフプランや希望に合わせてベストな働き方を選択してください。

派遣の働き方

さまざまな働き方を見る

派遣で働く 受託業務スタッフで働く 紹介予定派遣で働く

まずは無料登録

来社予約

仕事情報提供、対面でのご相談、カウンセリングが受けられます。WEBまたは電話で予約後、来社してください。

来社前に「登録情報の事前入力」を行うと、来社時の手続き時間が最大40分短縮できます。

来社予約(新しいウィンドウが開きます)

クイックWEB登録

仕事へのエントリーが便利!優待制度で研修が受講できます。一度の入力で、複数のグループ会社にクイックWEB登録することもできます。

クイックWEB登録(新しいウィンドウが開きます)

電話での来社予約

0120-106-102

月〜金 9:00〜19:00(土・日・祝を除く)

登録に関するよくあるご質問

ここからカテゴリ内の共通メニューです

求人検索 ジョブチェキ!

あなたのお近くのパーソルグループ各社拠点一覧

各拠点の住所や連絡先などをご覧になれます。

紹介した人も、された人もうれしい お友達紹介
スマホで学習できる無料eラーニング
キャリア情報サイト まなびCampanera(新しいウィンドウが開きます)
最新ですか?登録情報の変更・追加