メリット色々
無料登録は
こちら

メディカル解説!
製薬業界の派遣

製薬業界の派遣の仕事

医薬品の開発から承認申請、販売後まで

医薬品は、発売される前の研究段階が非常に長い製品です。人の命や健康にかかわるため、長い基礎研究で効き目や安全性を確かめた後、限られた人数の患者さんで効果と安全性を慎重に確認します。(これを臨床試験/治験と呼びます)得られた膨大な科学的なデータは、国の厳しい審査を経て医薬品として承認されます。

発売後も、医療現場から継続的に副作用情報が報告され、安全性が監視されます。このため、製薬業界では、薬の開発から発売後まで、様々な科学的・医学薬学的データを扱う専門的な仕事が多いことが特徴です。世界同時開発が主流となり、英語を活かせる場面も非常に多くなっています。

すべての部門で、仕事のご紹介が可能です!

製薬業界派遣の仕事例

医学薬学知識が必要な仕事、事務経験を生かせるお仕事など多種多様です。未経験からチャレンジできる仕事も多くあります。

職種 仕事内容
CRA(モニター) 治験が法律に則って適正かつ安全に行われているか医療機関をモニタリング、諸々の手続きやデータの確認・回収を行う専門職。高い倫理観と医学薬学知識が必須です。
QC&開発アシスタント 治験で発生する多種多様な重要書類を法律的な観点でチェックするQC。アシスタントは外勤で多忙なCRAの代わりに書類を作成、患者データ回収状況等の進捗管理を行います。
データマネジメント(DM) 治験や製造販売後調査で収集された患者データ(症例報告書/調査票)の内容確認、矛盾点の追跡調査、データの管理。統計解析用にデータベースを完成させます。
安全性情報(PV) 治験中および発売後の薬に関して、国内外から副作用の疑われる情報を収集、評価、行政への報告を行う。文献などあらゆる情報を扱い世界に共有するため英語力が活かせます。
統計解析(SASプログラマー) DMが完成させた臨床データを生物統計学を用いて解析、治験薬の効果を確認します。SASは生物統計に一番適したソフトとして広く普及しています。
薬事・メディカルライティング 治験結果を総括した新薬の承認申請書類のほか、行政に提出する各種許可申請書類は、データの信頼性と定められた様式通りに作成する正確性が求められます。
市販後調査(契約関連) 販売後の薬に関する調査の契約手続きや進捗管理が主な仕事です。医療機関、患者数ともに治験より大規模で営業現場と連携しながら進めます。
一般事務 医薬知識や経験が必要な求人のほか、セクレタリーや経理・人事・広報などの管理部門でのOA事務、英文事務など一般事務的なお仕事も安定的にニーズがあります。

求められるスキルとやりがい

製薬業界は、人々の健康や医療に貢献できるやりがいのあるお仕事です。
専門性が身に付き、長く働けます。
「くすり」や「治療法」に関する最新情報に触れることができます。

このような方が活躍しています!
  • 薬剤師・看護師・獣医師など医療系資格をお持ちの方
  • 農学・バイオ・生物など自然科学系の大学をご卒業された方
  • 医療事務・一般事務経験の豊富な方

有資格者の方は医療現場で得た知識を活かせます。
医学薬学以外の専攻の方も一般事務的なお仕事から始めて知識と経験を積み、
長く活躍されている方が多数いらっしゃいます。

製薬業界の派遣ならChall-edge

製薬業界派遣になぜ強いのか?

  • 製薬業界での長年の信頼と実績
    医薬品開発分野の専門職派遣事業を業界内で最初に立ち上げたのがChall-edge。外資内資問わず、大手新薬開発メーカーを中心に、CRO(医薬品開発受託機関)、ジェネリックメーカー、医療機器メーカーなど多数の企業様と強い信頼関係で結ばれています。グループ内に医薬品開発支援機関(CRO)もあり、常に業界の最新情報が入ってきます。
  • 安心して働ける、きめ細かなサポート
    お仕事紹介は、業界知識・企業ニーズ・業務内容を熟知している製薬業界専任スタッフが担当。あなたの希望やスキルを十分に考慮します。営業やフォロー担当者も製薬業界に精通しているので、就業後のバックアップも安心。定期的なフォローアップ面談では、職場の悩みから、業界動向を踏まえた今後のスキルアップの方向性など、何でもご相談ください。
  • スキルアップを支援する研修制度
    製薬業界の臨床開発・安全性情報部門等で働く上での基礎知識から、キャリアアップを目指すためのコースまでオリジナルのプログラムが揃っています。講師はすべて経験豊富な業界経験者です。
    詳細はコチラ

キャリアアップ事例

キャリアアップ事例

  • Aさんの場合

    一般事務からモニターサポートへ
    一般事務スタッフとして働いていましたが、将来のことを考えて何か専門的な仕事がしたいと考え始め、友人から「製薬業界は専門性が必要だけど、安定してて長く働ける」と聞きました。Chall-edgeに相談すると営業事務の経験を活かせる開発アシスタントの仕事を紹介されました。初めは専門的な用語や書類が多く大変でしたが、製薬業界に通用するスキルが身につけられました。
    詳しく見る
  • Bさんの場合

    安全性情報スタッフから医薬翻訳者へ
    健康や医療の分野で得意な英語を活かしたいと医薬翻訳家を目指して勉強していましたが、未経験、かつ生物や薬学の出身ではない私は、なかなかチャンスが得られずにいました。Chall-edgeを通じて、CROの安全性情報の入力の仕事を始め、沢山の海外症例に触れました。日頃から営業担当が派遣先企業に希望を伝えてくれていたので、症例が増え人が足りなくなってきたタイミングで簡単な翻訳を任せてもらえることに。経験を積んだ今では重篤症例など本格的な医薬翻訳を担当しています。
    詳しく見る

Pagetop