ページの先頭です
ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

仕事とキャリアのプチまなび:業務に使えるコワザ〜OA豆知識〜


Excel マクロの機能

◆Excel2010:マクロの自動記録

下記の上の表に「罫線」・「太文字」・「項目に色を付ける」のマクロを記録します。

◆Excel2010:マクロの自動記録


・Excel2010:マクロの記録開始

「表示」−「マクロ」をクリックし、「マクロの記録」を選択。

記録中は、Excelの操作ほとんどが記録されます。不要な操作はしないように注意しましょう。

「表示」−「マクロ」をクリックし、「マクロの記録」を選択。

↓

「マクロの記録」のダイアログボックスが表示されたら、「マクロ名」に登録したい名前を入力し、(ここでは「支店毎の月別売上表」と入力)「OK」をクリック。

そうすることでマクロの記録がスタートします。

「マクロの記録」のダイアログボックスが表示されたら、「マクロ名」に登録したい名前を入力し、(ここでは「支店毎の月別売上表」と入力)「OK」をクリック。

↓

一連の操作が完了したら、「表示」−「マクロ」をクリックし、「記録終了」を選択。

一連の操作が完了したら、「表示」−「マクロ」をクリックし、「記録終了」を選択。


・Excel2010:マクロの実行

マクロを記録したエクセルを開いて「表示」−「マクロ」をクリックし、「マクロの表示」を選択。

マクロはデフォルトの場合、作業中のブックに保存されます。しかし、別のブックに保存されているマクロを実行することもできます。別のブックに保存されているマクロを実行する場合、マクロが保存されているブックを開いておく必要があります。

マクロを記録したエクセルを開いて「表示」−「マクロ」をクリックし、「マクロの表示」を選択。

↓

「マクロ」のダイアログボックスが表示されたら、「マクロ名」の一覧から「支店毎の月別売上表」を選択し、「実行」をクリック。

「マクロ」のダイアログボックスが表示されたら、「マクロ名」の一覧から「支店毎の月別売上表」を選択し、「実行」をクリック。

↓

「罫線」・「太文字」・「項目に色を付ける」のマクロが挿入されました。

「罫線」・「太文字」・「項目に色を付ける」のマクロが挿入されました。

今回はシンプルな工程を記録するマクロをご紹介しましたが、数式などを組み込んだ複雑な操作を記録することもできます。Excelで定例的に行なう操作を記録しておけば、作業量を減らすことができます。ぜひ、この機会に、マクロの記録方法を覚えてみてください。

ここからカテゴリ内の共通メニューです

登録情報の変更・追加

来社登録をした方の仕事紹介希望の受け付け、登録情報の変更・追加ができます。最新の情報に更新することで、適切な仕事案内や状況に合わせたサービスが受けられます。

紹介した人も、された人もうれしい お友達紹介
スマホで学習できる無料eラーニング
キャリア情報サイト まなびCampanera(新しいウィンドウが開きます)
自分のスキルをチェック アドバイス&チェック