ページの先頭です
ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

仕事とキャリアのプチまなび:業務に使えるコワザ〜OA豆知識〜


賢く利用!OA Excel活用術 (2010ver)
〜スパークラインでよりデータを視覚的にするワザ〜

スパークラインを使用して、データの傾向を表示する

スパークラインはExcel2010の新機能の一つで、セルの中にグラフを表示できる機能です。わざわざグラフを挿入しなくても、セルの中にコンパクトにまとまって表示されるため、ひと目でデータの推移や傾向をつかむことができます。数字の記載が多い資料を作成する時などは、スパークラインの機能を使えば小さなスペースに視覚的に表現できるので、分かりやすい資料となります。


スパークラインを表示する

  1. (1)スパークラインを表示させたいセル範囲を選択。[挿入]−[スパークライン]グループから表示したい
    スパークラインをクリック。ここでは[折れ線]をクリック。

(1)スパークラインを表示させたいセル範囲を選択。[挿入]−[スパークライン]グループから表示したい スパークラインをクリック。ここでは[折れ線]をクリック。

↓

  1. (2)[スパークライン作成]のダイアログボックスが表示されたら、[データ範囲]にグラフ値の範囲を選択し[OK]をクリック。

(2)[スパークライン作成]のダイアログボックスが表示されたら、[データ範囲]にグラフ値の範囲を選択し[OK]をクリック。

↓

  1. (3)折れ線のスパークラインが表示されました。

(3)折れ線のスパークラインが表示されました。


スパークラインを削除する

[スパークラインツール・デザイン]から[クリア]をクリック。

スパークラインを削除する


スパークラインのスタイルを変更する

[スパークラインツール・デザイン]から▼をクリック。一覧が表示されるので、変更したいスタイルの上でクリック。

スパークラインのスタイルを変更する


スパークラインは元のデータの数字が変わると自動的に更新されるので、元のデータが変わる度に修正する必要はありません。ぜひ、一度お試しください!

ここからカテゴリ内の共通メニューです

登録情報の変更・追加

来社登録をした方の仕事紹介希望の受け付け、登録情報の変更・追加ができます。最新の情報に更新することで、適切な仕事案内や状況に合わせたサービスが受けられます。

紹介した人も、された人もうれしい お友達紹介
スマホで学習できる無料eラーニング
キャリア情報サイト まなびCampanera(新しいウィンドウが開きます)
自分のスキルをチェック アドバイス&チェック