ページの先頭です
ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

仕事とキャリアのプチまなび:キャリア支援:よくある相談例

職務経歴書

【相談】

書類選考を通過できない。自分のアピールポイントが分からない。

転職を希望していますが、書類選考をいつも通過できません。数社で複数の職種を経験し、仕事内容もバラバラなので、自分をどうアピールしたらいいのか分かりません。できるだけ早く仕事に就きたいので、アドバイスをお願いします。

【相談者】

34歳 女性
接客、一般事務など、複数の職種で数社を経験。現在仕事を探しているが、自分のアピールポイントが分からず悩み中。

【回答】

経験してきた仕事内容を深堀りし、次に活かせる経験・スキルを整理しましょう。

まずは以下の手順で過去の職歴を書き出し、これまで経験してきたことや得られたスキル=自分のアピールを整理してみましょう。

1、職歴すべての勤務期間・勤務先・仕事内容・退職理由を書き出す。

◎仕事内容
そこで得られたと思う知識やスキルもできるだけ書き出す。その仕事をする上での工夫や人から褒められたこと、また自分が得意・好きだったこともあれば、書き添えておく。

◎得られたスキル
仕事内容を踏まえ、その経験で得たスキルを書き出す。

◎退職理由
会社都合・契約終了・自己都合と分け、いずれも理由を書き出す。満了または継続の話があったが満了終了した場合は、継続しなかった理由も書いておく。

以下のように表にしてみると、考えやすいでしょう。

例)

勤務先 勤務期間 仕事内容 得られたスキル 退職理由
●×百貨店 20××年4月
〜20△△年6月
・接客
・商品説明
・売上集計
コミュニケーション力、マナー
(人当たりの良さを褒められた)、
何を知りたいか聞きだす力、
伝達力
・自己都合(正社員)
・夜遅い勤務で体がきつかった
△●商事 20●×年8月
〜20▲▲年12月
・一般事務
(書類作成、
電話応対)
PCスキル(Word、Excel)、
期日までに仕事を終えるスケジュール
管理力
・契約満了(派遣社員)

2、書き上がった内容を冷静に読み返す。

仕事内容(職種)がバラバラであっても得たことの中に共通するものがあるはずです。仕事が変わっても続けてきたこと、大切にしてきたことを見つけて、そこをアピールポイントにしていきましょう。

◎志望動機のヒント
企業に応募する時の志望動機は、退職理由の中にヒントがあります。仕事を辞めた理由に、あなたの職業観や仕事に対する価値観が現れています。「何」を求めて次の仕事を探したのか、「何」を大切にしてこれからも働いていきたいのかを考えてみましょう。
また自分の希望だけでなく、企業がどんな人材を求めているのかを理解し、それを「提供できる自分である」ことを、アピールすることをお忘れなく。

【まとめ】

転職回数が多いことは、逆に言えばいろいろな職場を見てきた、いろいろな仕事をしたから身に付いたスキルがあるという強みにもなります。この機会にじっくり考え、アピールポイントを整理してみましょう!

ここからカテゴリ内の共通メニューです

登録情報の変更・追加

来社登録をした方の仕事紹介希望の受け付け、登録情報の変更・追加ができます。最新の情報に更新することで、適切な仕事案内や状況に合わせたサービスが受けられます。

紹介した人も、された人もうれしい お友達紹介
スマホで学習できる無料eラーニング
キャリア情報サイト まなびCampanera(新しいウィンドウが開きます)
自分のスキルをチェック アドバイス&チェック