旧メールマガジン⁄ビジネスタイプ診断

「新しいパソコンを買うとき、あなたが参考にするのは?」

物事を選択、決定するときの基準は、集団の中で他者と関わるときに、どんなことを重要視するのか、という基準にも影響してきます。
そこで、パソコンのような、高価で複雑な機能を持つ機器を選ぶときのあなたのタイプから、チームの部下から見たあなたが「どのようなタイプのリーダーか」を診断し、そのタイプごとに、あなたの部下が持つかもしれない小さな「不満のタネ」の可能性と、解決のためのヒントをアドバイスします。

家で使っているパソコンを買い替えることになりました。
新しいパソコンを選ぶ際に、あなたが最も参考にするのは次のうちどれ?

>>ビジネスタイプ診断 トップへ

1.「友達や家族の意見」を選んだあなた
診断結果: 意見をうまく吸い上げてくれる「議長タイプ」のリーダー

身近で親しくしている人の意見を大切にするあなたは、「私について来なさい」というより「みんなの意見を聞かせて欲しい」というタイプ。プロジェクトにおいても、一方的に指示を出すのではなく、常にチームメンバーの意見を取り入れながら物事を進めていきます。
メンバーからは、皆の意見をしっかりと受け止め、まとめあげてくれる「議長タイプ」のリーダーとして力を認められているようです。

アドバイス

チーム全体の協調性を重んじ、皆が居心地よく働ける状況を作り出すのが得意なあなた。ただ、対立や突出を避けるチーム内の雰囲気を、「ちょっと物足りない」と感じている部下もいるかもしれません。
そのような兆候を感じたら、時にはチーム内部でのプレゼンなど、チームメンバー同士が競争できる要素をプロジェクトに取り入れてみる、タスクの一部を完全に部下に任せ、リーダー的役割を担わせる、など、部下の積極的な姿勢を評価し、それを活かせる機会を設けるとよいでしょう。

>>>問題に戻る

2.「ネットのクチコミ、評価サイト」を選んだあなた
診断結果: クールに見守ってくれる「ブレーンタイプ」のリーダー

知識や情報を積極的に収集して分析・判断することを好むあなたは、固定観念に惑わされず、何事も客観的に見ることのできるタイプ。
チームメンバーに対しても、自主性に任せつつポイントを押さえたアドバイスができるので、チームを一歩下がったところからしっかり見ていてくれる「クールなブレーンタイプ」のリーダーとして信頼を得ています。

アドバイス

部下の働きぶりやプロジェクトの状況を把握するのは得意なあなたですが、自分の考えをわかりやすく伝えることがちょっと苦手な面があるので「具体的な指示が少なくて、どう動いたらよいのか分かりにくい」と当惑している部下がいるかもしれません。
「最低限の要点だけで済まさず、詳しい説明、指示を付け加える」「具体例を多くあげる」など、人に合わせて表現を工夫するとよりよいでしょう。

>>>問題に戻る

3.「実際に商品を見ての直感」を選んだあなた
診断結果: つまずきにすぐ気付いてくれる「カウンセラータイプ」のリーダー

機能や価格などの情報よりも、実際に商品に触れてみた印象を大切にするあなたは、人に対しては「チーム内の役割云々ではなく、一人の人間として向きあいたい」と考えるタイプ。
チームメンバーの不調やデリケートな悩みにも気づき、一人ひとりと密なコミュニケーションをとりながらサポートすることができるので、「カウンセラータイプ」のリーダーとしてメンバーの支えになっています。

アドバイス

問題に気づいたら、親身になってじっくりと相談し解決していくタイプのあなた。しかし部下の中には、情緒的なコミュニケーションが苦手で、あなたからのアプローチをかえって重荷に感じてしまうタイプの人もいるかもしれません。
そのような部下には、長く会話をして解決しようとするよりも、役に立ちそうな本を薦めてみる、などのさりげないサポートのほうがかえって効果的なことも。部下にあわせてアプローチ方法を変えてみるとよいでしょう。

>>>問題に戻る

4.「店員のアドバイス」を選んだあなた
診断結果: 成功に導いてくれる「指導者タイプ」のリーダー

欲しいと思う商品のイメージや必要な機能を店員に伝え説明を受けたり質問したりしながらその場で決定できるあなたは、初めて出会う人とも積極的に関わり、その人の個性・適正に応じてそれを100%活かせる場所に配置する、といったことができるタイプです。
自分自身も精力的に仕事をこなし、部下からも「この人についていこう!」と思える「指導者タイプ」のリーダーとして頼りにされています。

アドバイス

いつも精力的に活動できるのがあなたの長所ですが、その勢いにおされて、仕事にプレッシャーを感じたり、家庭でのトラブルがあったりしても言い出すことができずに悩んでいる部下がいるかもしれません。
時には手を休めて、業績面の結果だけで部下を見ていないかどうか自己チェックしてみるのも大切です。

>>>問題に戻る

>>ビジネスタイプ診断 トップへ

このページのトップへ