旧メールマガジン⁄ビジネスタイプ診断

「営業目標にあと一歩およばず未達成に。そのときのあなたの感想は?」

いかなる状況であっても、仕事を進めるうえでやる気を維持することは大切です。しかし、時には息切れすることもあるかもしれません。そこで、あなたがやる気を喪失する状況と、その場合にやる気を維持するためのヒントをご紹介します。

あなたには目標が課せられています。しかしながら、あと一歩のところで目標未達成に終わってしまいました。
そのときのあなたの考えに一番近いのはどれですか?

>>ビジネスタイプ診断 トップへ

1.「自分としたことが気が緩んでいた」を選んだあなた
診断結果: 猪突猛進で仕事一筋の熱血タイプ

気の緩みが失敗の原因と考えるあなたは、自分の個人的な欲求をおさえ、会社が目指す方向と自分自身の目標を一致させて考えることができます。成果にもこだわるので、会社の評価でも認められることが多く、周囲から賞賛を受ける人が多いでしょう。会社では、まさに「目標の人物」とさせたい人物像といえます。

アドバイス

自分のことを後回しにしてでも成功へ向けて猪突猛進するあなたは、ときに自分の感情を犠牲にしすぎるところがあります。そのため、実は気づかないところで疲労がたまり、あるときぱったりやる気がわかなくなってしまったり、やる気は継続しても体力が続かなくなったりすることがあるかもしれません。たまには自分の素直な感情にも目を向けてリセットすることが、長い目でみたときにはやる気の継続につながるでしょう。

>>>問題に戻る

2.「自分に足りない能力はなんだろう」を選んだあなた
診断結果: オール・オア・ナッシングの完璧主義者タイプ

失敗の原因を追求しようとするタイプのあなたは、物事を根本から掘り下げて論理的に考えることができる聡明さが持ち味です。自分に厳しく、ミスがあった場合には二度と繰り返さないようにします。何事にもまじめで真剣に取り組み、完璧にこなそうとしますので、会社や仲間たちからも一目置かれていることでしょう。

アドバイス

自分に厳しいあなたは、他人に対する評価も厳しいところがあります。そのため、自分の定めた基準に満たない人と仕事をするとストレスを感じてしまい、やる気が削がれてしまうことがありそうです。そういう人と仕事をするときには、あえて仕事とは別の場面でコミュニケーションをとるといいかもしれません。相手の意外な一面をみることが相手への肯定につながり、結果的に自分自身のやる気が削がれることもなくなるでしょう。

>>>問題に戻る

3.「残念だがしかたがない」を選んだあなた
診断結果: 周囲との強調を重んじる平和主義者タイプ

まず結論を受け容れるしかないと考えるタイプのあなたは、自分の考えに固執することがあまりないため常に穏やかで、比較的どんな人ともうまくやっていくことができます。調整能力が高く、その場を丸く収めるのも得意なので、チームの潤滑油としてなくてはならない存在でしょう。

アドバイス

他の人の意見を心から尊重することができるあなたは、逆に自分の意見を主張することに対して抵抗を感じがちです。そのため、自分の意見を求められたり、重要な決断をしたりする状況において、そのストレスからやる気が削がれてしまうことがあります。普段の何気ない場面でも、自分の主張をもち決断することに慣れておけば、そのような状況でストレスを感じることも少なくなり、やる気の維持につながるでしょう。

>>>問題に戻る

4.「来月達成するために、何かおもしろい策はないものか」を選んだあなた
診断結果: 新しいものに興味津々のプラス思考タイプ

すぐに次のステージへ移り新しい計画を考えようとするタイプのあなたは、次から次へアイデアを生み出すことができます。物事をプラスにとらえる傾向が強いため、“できる”イメージをチーム全体に波及させ、さらにチームメンバーのよいところを見つける能力にも長けています。まさにムードメーカーといってよいでしょう。

アドバイス

物事をプラスにとらえる傾向が強いあなたは、マイナスな面についてはできる限り見たくないという気持ちがあるかもしれません。そのため、失敗を受け容れなければいけないときには大変落ち込み、やる気がなくなってしまう可能性があります。しかし、失敗を経て生まれたアイデアほど強いものはありません。それを目指し失敗を恐れなければ、やる気は継続し続けるでしょう。

>>>問題に戻る

>>ビジネスタイプ診断 トップへ

このページのトップへ