メールマガジンの定期配信をご希望のお客さまは以下のボタンからお申込みください。

配信申込⁄停止

どうする?どうなる!「ニッポンの人材」

VOL.41

多様な価値観に応える「限定正社員」

限定正社員とは、仕事内容や勤務地、労働時間などが限定された正社員のことです。人材を囲い込みたい企業と、子育てや介護などを含めたワーク・ライフ・バランスの充実を図りたい労働者のニーズが合致し、近年、限定正社員制度は広がりつつあります。その反面、勤務地限定は企業側が人材を解雇しやすくなるとの指摘もあり、適正な運用についてさまざまな意見が出され、研究が行われています。


VOL.40

「ストレスチェック義務化」に備える

2014年6月に公布された「労働安全衛生法の一部を改正する法律」により、企業にストレスチェックと面接指導の実施を義務付ける制度が創設されました。2015年12月からは、従業員数50人以上の事業場で、従業員のストレスチェックが義務化されます。心のケアが初めて制度化されることになり、企業の人事部門には制度をスムーズに根付かせること、またストレスチェックを従業員ケアに最大限活かすことが期待されています。


VOL.39

採用の「なぜ?」を科学する「採用学」

「採用活動の非効率」「新入社員の職場への不適応」など、新卒採用には多くの課題があります。これらは、採用活動にムダな時間や労力を使うことになったり、入社後の社員一人ひとりのパフォーマンスを低下させることにもつながり、企業組織全体の活動の停滞、さらには経済社会全体にマイナスの影響を与えかねません。横浜国立大学・服部泰宏研究室が推進する「採用学」は、こうした問題を科学的手法で捉え、問題を引き起こす要因を明らかにすることを目的に生まれた学問です。ここでは、日本企業の採用の特徴とは何か、これからの採用に必要な要素は何かなど、採用学で研究されている内容についてご紹介します。


VOL.38

「異業種交流」で人材を育てる

企業を発展させていくためには革新や新機軸が不可欠です。競争が厳しいビジネス環境にある今、多くの企業で新規事業の創造に向けたイノベーションが求められています。そこで求められるのは、これまでの企業の枠を超えた斬新な発想ができる人材です。イノベーション人材を育成する手法として、異業種交流が注目されています。企業でどのような交流が行われているのかをご紹介します。


VOL.37

企業の未来を創る「タレントマネジメント」

タレントマネジメントは、人材をデータ化して保有し、経営戦略に合わせて活用、発掘、育成する取組みです。人材育成や後継者の選抜、組織編成や人員配置を戦略的に行えることから、導入する企業が増えつつあります。その新しい考え方とデータ活用の方向性についてご紹介します。


VOL.36

「顧客感動」をもたらす人材育成

似たようなモノやサービスがあふれる中で、「顧客満足」以上の「顧客感動」をもたらしている企業があります。「顧客感動」を実現する企業の人材育成、さらには従業員満足向上につながるポイントについてご紹介します。


VOL.35

企業の年功廃止がもたらす影響とは

大企業が次々と年功廃止を打ち出し、管理職だけでなく一般の従業員の賃金についても年功的要素をなくす改革に踏み切りました。年功廃止のねらいと、今後、会社員の処遇にどのような変化が予想されるかについてご紹介します。


VOL.34

動き出したホワイトカラー・エグゼンプション

働いた時間ではなく成果に応じて賃金を払うホワイトカラー・エグゼンプション(WE)の導入の検討を始める企業が現れてきました。政府は2015年に法改正を目指していますが、先取りして準備する企業のねらいや、WEが米国で導入された経緯と現状、導入に向けての課題についてご紹介します。


VOL.33

企業が子どものキャリア教育を支援する

子ども向けに職業体験イベントや小・中学校への出前授業を開く企業が注目されています。経済産業省は優秀な事例を表彰する「キャリア教育アワード」を実施し、第4回目にあたる2013年には60件の企業・団体の応募がありました。企業がキャリア教育に取り組む理由やメリットについて好事例を通じて紹介します。


VOL.32

企業の高度外国人材採用

日本および海外の大学・大学院を卒業した高度外国人材を採用する企業が増えています。2014年4月入社の新卒者のうち「3割を外国人とする」という方針を掲げた企業もあります。高度外国人材の雇用状況、企業が採用する理由、採用のポイントについてご紹介します。

このページのトップへ