メールマガジンの定期配信をご希望のお客さまは以下のボタンからお申込みください。

配信申込⁄停止

どうする?どうなる!「ニッポンの人材」

VOL.48

まもなく施行 「女性活躍推進法」に備える

女性の職場における活躍を推進する「女性活躍推進法」(女性の職業生活における活躍の推進に関する法律)が2016年4月1日に施行されます。常用雇用301人以上の事業主は、この日までに自社の女性の活躍状況や行動計画などを策定する必要があります。どのような準備や対策が必要となるのかについてご説明します。


VOL.47

「待ち」から「攻め」へ 変わる人材採用

穏やかな景気回復を背景に、新卒、中途ともに採用競争が激しくなっています。企業はこれまでのように人材を「待つ」のではなく、自ら「攻め」の採用を行うことが求められています。既存の採用手法に加えて、人材データベース・SNSの活用や社員紹介といったダイレクトソーシング、他社との差別化を意識した採用活動など、新たな手法を加えて実践する企業が増えています。


VOL.46

人と人の“間”を活性化する「組織開発」

組織開発は、「人と人」「人と組織」「組織と組織」といった関係性に注目し、変革に取り組むアプローチです。関係性がよくなることで、自発的に組織の問題解決に取り組んだり、効率的な組織活動を提案するといった風土を生み、組織としての健全性や目標に到達する力を高めることができます。大手企業でも実践するところが増えている組織開発の概要と取り組み例についてご紹介します。


VOL.45

特集 2015年9月30日施行「改正労働者派遣法」

2015年3月に第189回通常国会に提出された労働者派遣法改正案が9月11日に成立しました。成立から約20日後の9月30日には施行日を迎え、新しい法律のもとでの運用が開始しています。派遣期間制限の見直しをはじめ、大きく変わる事項を中心にご説明します。


VOL.44

「離職防止策」で人材を確保

安定企業から成長企業にステップアップするには、人の能力を最大限発揮させることが必要であり、それには「従業員満足度」の向上が欠かせません。従業員満足度は顧客から感謝されて得る充実感や自分の成長実感などを軸とした、仕事に関わる項目に対する満足度であり、それを欲する気持ちが企業の成長につながります。自社の従業員満足度をヒントに、いかにそれを高め、企業の活力とするのか。その手法について解説します。


VOL.43

「離職防止策」で人材を確保

人材流出は、企業にとって大きな悩みのひとつです。優秀な社員が離職することで企業は生産性の低下や顧客・企業機密の流出の不安にさらされるなど、さまざまなダメージを受けます。人材の離職防止に向けて、いかに情報を集め、離職要因を見つけ、有効な対策を打つのか。人事として対応する手法について解説します。


VOL.42

まもなく導入「マイナンバー制度」に備える

2016年1月に運用が始まるマイナンバー制度。企業でも従業員やその家族の税や社会保険などの手続きでマイナンバーが使われるため、番号の収集や情報管理といった利用体制を整える必要があります。マイナンバーはどのようなもので、導入スケジュールはどうなるか、どのような管理やセキュリティが必要かなどについて解説します。


VOL.41

多様な価値観に応える「限定正社員」

限定正社員とは、仕事内容や勤務地、労働時間などが限定された正社員のことです。人材を囲い込みたい企業と、子育てや介護などを含めたワーク・ライフ・バランスの充実を図りたい労働者のニーズが合致し、近年、限定正社員制度は広がりつつあります。その反面、勤務地限定は企業側が人材を解雇しやすくなるとの指摘もあり、適正な運用についてさまざまな意見が出され、研究が行われています。


VOL.40

「ストレスチェック義務化」に備える

2014年6月に公布された「労働安全衛生法の一部を改正する法律」により、企業にストレスチェックと面接指導の実施を義務付ける制度が創設されました。2015年12月からは、従業員数50人以上の事業場で、従業員のストレスチェックが義務化されます。心のケアが初めて制度化されることになり、企業の人事部門には制度をスムーズに根付かせること、またストレスチェックを従業員ケアに最大限活かすことが期待されています。


VOL.39

採用の「なぜ?」を科学する「採用学」

「採用活動の非効率」「新入社員の職場への不適応」など、新卒採用には多くの課題があります。これらは、採用活動にムダな時間や労力を使うことになったり、入社後の社員一人ひとりのパフォーマンスを低下させることにもつながり、企業組織全体の活動の停滞、さらには経済社会全体にマイナスの影響を与えかねません。横浜国立大学・服部泰宏研究室が推進する「採用学」は、こうした問題を科学的手法で捉え、問題を引き起こす要因を明らかにすることを目的に生まれた学問です。ここでは、日本企業の採用の特徴とは何か、これからの採用に必要な要素は何かなど、採用学で研究されている内容についてご紹介します。

このページのトップへ