働き方改革は、多様な働き方を実現することで働き手を確保することを一つの目標としています。その意味において、従業員個々の仕事や生活を支援する福利厚生の充実が、企業と従業員の双方を幸福にする施策となりつつあります。どのような福利厚生が企業と従業員を幸福にしていくのか。これからの方向性について考えます。


現状を変えていくには固定観念や思い込みを打ち破らなくてはなりません。そのためには自分への質問で現状を問い直す「キラー・クエスチョン」の手法が有効です。「顧客は誰か」「自分たちは何を売っているのか」「組織はどう機能しているか」などの質問で自身を問い直し、イノベーションを起こして現状を打破する手法を学びます。


働き方改革関連法が施行される2019年、仕事現場への注目度が増し、企業価値を生む「現場力」がより一層問われることになります。社員が「現場力」を発揮し、日々問題解決を行うことができれば、企業としての対応力、創造力の強化につながります。「現場力」とは何か、その力をいかに育成するかについて解説します。


働き方改革が推し進められ、生産性向上が叫ばれるなか、社員のモチベーションをいかに管理していくかが課題となっています。モチベーション・マネジメントを行うことは、部下をやる気にさせ、組織を活性化することにつながります。 どうすれば人や組織がより意欲的になれるのか、その考え方や手法について解説します。


2018年6月に働き方改革関連法が成立し、2019年4月1日から順次施行されます。法改正では、労働者がそれぞれの事情に応じた多様な働き方を選択できる社会を実現する働き方改革の推進に向け、さまざまな措置が実施されます。改正の概要、改正スケジュール、準備すべきポイントについて解説します。


「エンプロイー・エクスペリエンス」とは企業が従業員視点に立ち、従業員が満足する働きがいや働きやすさについて考え、その実現を図る新しい従業員支援の考え方です。企業は従業員に対し、働く中での満足感や感動といった「経験価値」をいかに与えるかについて考えていきます。なぜそのような考え方が生まれたのか、具体的にどのような施策を取るべきかについて解説します。


“ひと言声かけ”は、誰でもいつでも行える身近なコミュニケーション手法です。「絶対に失敗するな」ではなく「失敗してもいいから頑張れ」とポジティブな言い方にするだけで印象は大きく変わります。ほんのひと言が人間関係を劇的に変えることもあるのです。なぜ声かけが大事なのか、効果的な声かけとはどのようなものかなどについて解説します。


変化の激しい時代には、企業のリーダーが持つ価値観や倫理観の重要度が増します。そこで注目されているのが、倫理観を重視し、自分の価値観や考え方に根ざして人を導くオーセンティック・リーダーシップです。変革の時代に自分の価値観によって人を導くという考え方は、すべてのリーダーにおいて求められる要素といえます。オーセンティック・リーダーシップの概要、開発の手法について解説します。


ジョブローテーションは、仕事の効率化や離職の抑制、人材育成、適材適所の実現、社内コミュニケーションの活性化、モチベーション維持など、企業が抱えるさまざまな悩みの対応策となるべき可能性を秘めています。その効果および活用方法について解説します。


メンター制度を導入しても、「メンターに指導力がない」「メンターが時間を割けない」「上司が理解不足」「形骸化した」など、導入時や運用で失敗するケースが少なくありません。その背景にはメンター自身の業務の忙しさによる影響や、制度の周知徹底および人材育成体制の不備などが見られます。どのようにすればメンター制度で失敗しないのか、よりよい成果を出す方法について解説します。

このページのトップへ