メールマガジンの定期配信をご希望のお客さまは以下のボタンからお申込みください。

配信申込⁄停止

いまを勝ち抜く人間力

VOL.38

デフォルト・モード・ネットワークを活用

ぼんやりした姿というのは、怠けていたり集中力を欠いていたり効率的に仕事ができていないように周囲からは見られてしまうものです。しかし、そういったぼんやりしている時間に、脳が重要な働きをしていることが、ここ数年の研究結果から発見され、注目されてきました。「デフォルト・モード・ネットワーク」と呼ばれるその働きは、〈働き詰めるだけが成果に繋がる訳ではない〉という、歓迎したくなるような仕組みを示しています。そんな「デフォルト・モード・ネットワーク」について、ご紹介します。


VOL.37

吉田松陰の教えをひも解く

今年のNHK大河ドラマの主役は吉田松陰の妹です。これを機に、「吉田松陰」があらためて注目されています。彼は、わずか30歳で夭逝し、かの「松下村塾」で教えた期間は約2年に過ぎませんが、今なお多くの人々に影響を与え続けています。「吉田松陰」には私たちにとってもためになるたくさんのヒントが潜んでいるのではないでしょうか。そこで、吉田松陰のプロファイルから言葉までをご紹介します。


VOL.36

落語に学ぶコミュニケーション術

落語の中にあるユーモアは、相手が初対面であっても、気分をなごませ、会話を弾ませてくれます。落語を通じて学べるコミュニケーション術についてご紹介します。


VOL.35

薬膳や民間療法を活用した冬の健康法

寒くなると、風邪やインフルエンザで会社を休む人が増えてきます。また、冷え性の女性には辛い季節でもあります。体調を崩す前の予防策として、薬膳や伝統的な民間療法を活用した冬の健康法についてご紹介します。


VOL.34

いま、親孝行のあり方を見直す

親孝行をしたい気持ちはあってもチャンスが少ないという人のために、遠く離れて暮らしていても、心と心をつなぐ親孝行によって、親の生活も自分の生活も豊かにする方法についてご紹介します。


VOL.33

寝る前30分の習慣で仕事力を高める

人間の睡眠と記憶の仕組みからすると、寝る前30分の過ごし方は仕事力や人間力に大きな影響をもたらします。実践すると効果の高い学習法など、寝る前30分の有効な使い方についてご紹介します。


VOL.32

「NO」を上手に伝えるコツ

ビジネスの場面では、無理とはわかっていても、つい断りきれなくて引き受けてしまい、思うような成果を出せなくて後悔することがあります。断る意思を上手に伝え、相手も自分も嫌な気持ちにならなくて済む、円滑なコミュニケーションの取り方をご紹介します。


VOL.31

仕事力を高める食習慣

だれでも体調が今ひとつのときには高いパフォーマンスを発揮することができないものです。体調の好不調は、毎日の食事内容と大きな関係があります。思考力、判断力、行動力といった仕事力を高めるのに望ましい食習慣についてご紹介します。


VOL.30

自分を苦しめる思考グセを直す

私たちがストレスを感じるときには、「完ぺきでなければならない」といった自分を苦しめる思考グセが関係しています。思考グセにはさまざまなパターンがあり、多くの人が1つや2つは持っているものです。自分の思考グセを知り、直す方法についてご紹介します。


VOL.29

敬語の使い方を見直す

日本固有のおもてなしの精神は、言葉に表れるものです。敬語を使えば、相手に対する尊重の念や敬意を伝えることができます。誰もが100%完ぺきにできるわけではない敬語について見直し、正しく使えるようになるコツをご紹介します。

このページのトップへ