メールマガジンの定期配信をご希望のお客さまは以下のボタンからお申込みください。

配信申込⁄停止

いまを勝ち抜く人間力

VOL.42

室内にも植物を増やそう

夏の強い陽射しを遮る木陰や、風にサワサワと揺れる枝葉の音は私たちに涼をもたらし、街や公園で目にする緑は爽快感や開放感を与えてくれます。そんな植物からの恩恵を、屋外で受けるに留めておかず、室内でも体感してみませんか。


VOL.41

会社の外にある学びの場をのぞいてみよう

社会に出て組織の一員となると、新人研修に始まり、中堅向け研修、管理者研修など、従業員向けの大小さまざまな研修や勉強会が用意されているものです。しかし、学ぶ機会は、職場内に限られているわけではありません。
会社の外へ一歩足を踏み出して、外の世界を見渡してみると、社会人向けの学びの場は多種多様です。日常的な仕事や職場でのやりとりからは学び難い知識やノウハウや教養があふれています。それらはきっと、将来や人生の可能性を後押ししてくれるはずです。そんな社外の学びの場を、一度のぞいてみませんか。


VOL.40

香りをさりげなく日常にとりこむ

風薫る5月、新緑や花の香が漂ってくる心地よいシーズンが到来しました。風が運ぶ自然の香りを楽しむだけでなく、最近は、部屋を香りで満たすディフューザー、アロマキャンドル、香り機能付きの空気清浄機も登場し、日常的な「香り」に対する意識が次第に高まってきています。蒸し暑い季節になると気になる臭い対策用に、消臭スプレーや消臭石けんが店頭に並べられるほどです。
今や「香り」は、オフィス空間やビジネスにも活用されるまでの存在感を見せるようになっています。そこで、日本古来の教養として受け継がれて来たお香文化も含め、「香り」の歴史、効果、取り入れ方をご紹介します。


VOL.39

ジョギングで心身ともにリフレッシュ

春は、新入社員の入社、異動、新プロジェクトの開始など、身の回りに新しいことが起きたり、新たな人との出会いが増えるものです。新鮮な気持ちになりやすく、やる気も高まり、新しく何かを始めたくなる季節だと言えます。そんなタイミングにおすすめしたいのが、健康面にもメンタル面にもいいこと尽くしという「ジョギング」です。
最大の魅力は、いつでも、どこでも、誰でも始められる手軽さと気楽さです。スポーツが苦手な方にも、体力に自信のない方にも、趣味の時間があまり確保できない方にも、注目していただきたい「ジョギング」について、基礎からご紹介します。


VOL.38

デフォルト・モード・ネットワークを活用

ぼんやりした姿というのは、怠けていたり集中力を欠いていたり効率的に仕事ができていないように周囲からは見られてしまうものです。しかし、そういったぼんやりしている時間に、脳が重要な働きをしていることが、ここ数年の研究結果から発見され、注目されてきました。「デフォルト・モード・ネットワーク」と呼ばれるその働きは、〈働き詰めるだけが成果に繋がる訳ではない〉という、歓迎したくなるような仕組みを示しています。そんな「デフォルト・モード・ネットワーク」について、ご紹介します。


VOL.37

吉田松陰の教えをひも解く

今年のNHK大河ドラマの主役は吉田松陰の妹です。これを機に、「吉田松陰」があらためて注目されています。彼は、わずか30歳で夭逝し、かの「松下村塾」で教えた期間は約2年に過ぎませんが、今なお多くの人々に影響を与え続けています。「吉田松陰」には私たちにとってもためになるたくさんのヒントが潜んでいるのではないでしょうか。そこで、吉田松陰のプロファイルから言葉までをご紹介します。


VOL.36

落語に学ぶコミュニケーション術

落語の中にあるユーモアは、相手が初対面であっても、気分をなごませ、会話を弾ませてくれます。落語を通じて学べるコミュニケーション術についてご紹介します。


VOL.35

薬膳や民間療法を活用した冬の健康法

寒くなると、風邪やインフルエンザで会社を休む人が増えてきます。また、冷え性の女性には辛い季節でもあります。体調を崩す前の予防策として、薬膳や伝統的な民間療法を活用した冬の健康法についてご紹介します。


VOL.34

いま、親孝行のあり方を見直す

親孝行をしたい気持ちはあってもチャンスが少ないという人のために、遠く離れて暮らしていても、心と心をつなぐ親孝行によって、親の生活も自分の生活も豊かにする方法についてご紹介します。


VOL.33

寝る前30分の習慣で仕事力を高める

人間の睡眠と記憶の仕組みからすると、寝る前30分の過ごし方は仕事力や人間力に大きな影響をもたらします。実践すると効果の高い学習法など、寝る前30分の有効な使い方についてご紹介します。

このページのトップへ