メールマガジンの定期配信をご希望のお客さまは以下のボタンからお申込みください。

配信申込⁄停止

人材マネジメントライブラリ

VOL.51

チームを活性化するファシリテーション

マーケットの変化が激しい現代において、ビジネスの場面ではスピーディーな判断を求められることが多いでしょう。そのような場面で役に立つのが、戦略の構築や業務改善、問題解決などに使える「思考の枠組み」であるフレームワークです。2回に分けてお送りする「フレームワークを学ぶ」では、1回目として問題解決力が身に付くフレームワークについてご紹介します。


VOL.50

チームを活性化するファシリテーション

組織においてスピーディな結論が求められる近年、ファシリテーションのスキルが注目されています。ファシリテーションとは、人々の活動が容易にできるよう支援し、うまくことが運ぶように舵取りすることです。その力は会議だけでなく、チームや組織の運営、人間関係構築にも活かすことができます。今回はファシリテーションを活用したチーム運営について解説します。


VOL.49

部下の育児に理解ある「イクボス」を育成する

仕事をしながらの育児をする場合、上司からの理解や協力が得られると働きやすくなります。そこで今企業で注目されているのが、部下の家庭生活や出産、育児に理解があり、そのキャリアと人生を応援してくれる上司=「イクボス」です。イクボスが求められる理由、イクボスの育成方法などについて解説します。


VOL.48

雑談力を身につける

最近、書店でも「雑談力」に関する本をよく目にします。これは人間関係づくりを苦手とする人が増えている表れともいえます。雑談はビジネスの潤滑油であり、その力は相手との距離を縮め、良い人間関係を築く力となります。どうすれば雑談力が身につくのか、その手法について解説します。


VOL.47

退職者を呼び戻す 若手・中堅向け再雇用制度

結婚・出産・育児・介護といったやむを得ない事情や、転職や起業、留学などのキャリアアップを理由に、一度退職した若手・中堅人材を呼び戻す再雇用制度を設ける企業が増えています。人手不足の中、すでに業務を把握し、企業風土も理解している退職社員は魅力的な存在です。再雇用制度の事例や導入時の留意点について解説します。


VOL.46

スーパープレゼンテーション「TED」に説明力・説得力を学ぶ

スピードが求められるビジネスの現場においては、短時間で相手に説明、説得する力が求められます。世界の著名人も登壇するスーパープレゼンテーション「TED」は、プレゼンテーションのレベルが高いことで有名で、そのノウハウが注目されています。今回はそこで発揮されている説明力、説得力について解説します。


VOL.45

「最適化、習慣化」で研修効果を上げる

変化の激しい経営環境に合わせて、社内で求められる人材も多様化しつつあります。企業が望む人材像に合わせて、いかに研修を最適化させるかは人事にとって重要な問題です。また、最近は研修後の習慣化をサポートする外部サービスが生まれるなど、習慣化に悩む企業も少なくありません。今回は研修効果を上げるための最適化と習慣化の手法について紹介します。


VOL.44

ビジネスの視点を変えるリベラルアーツ

これからのビジネスリーダーは、グローバルを始めさまざまな場面で、多様な価値観を持つステークホルダーに対応する力が求められます。そこで必要とされるのが、幅広い知識や見識に裏付けられたリベラルアーツです。リベラルアーツ教育の内容、および企業の取組みについて紹介します。


VOL.43

相手に一目置かれるビジネスメール術

今やビジネスメールは仕事でのコミュニケーションに欠かせないものになっています。しかしながら、メールは文章だけで用件や気持ちを伝えなければならないだけに、慎重に利用することが大切です。ここではビジネスメールを利用するうえで注意すべき点、そしてスムーズに思いを伝えるメール作成のポイントについて解説します。


VOL.42

残業を削減する「タイムマネジメント」

厚生労働省の統計によれば、日本企業における正社員の年間残業時間は2014年には173時間と過去最長になっています。日本企業は残業が削減できないという課題を長年抱えながらも、なかなか解決への糸口を見出すことができません。最近は、朝時間を活用した残業削減策がニュースになるなど、削減に向けた動きが注目を集めつつあります。残業削減が進まない原因は何か、成功企業はどのような手法を取っているのか、などについて解説します。

このページのトップへ