旧メールマガジン⁄人事・派遣のQ&A

派遣契約に伴う派遣先企業の書類の準備・保管

(情報更新日:2012年10月26日)
(情報掲載日:2012年01月23日)

Q労働者派遣を受け入れるにあたって、受け入れ企業(以下、派遣先という)では、どのような書類を作成する必要があるのでしょうか?
A

労働者派遣法の規定により、派遣先は、労働者派遣の受け入れに際し、以下の書類を作成する必要が課せられています。

(1)労働者派遣契約
個々の労働者派遣取引について作成いたします。労働者派遣法の規定により、必ず規定しなければならない項目(派遣期間・就業時間・休日・責任者名等)が定められています。

(2)派遣先管理台帳
派遣労働者ごとに作成する必要があります。労働者派遣法の規定により、派遣労働者の氏名、派遣就業した日、派遣就業した日ごとの始業時刻および終業時刻ならびに休憩時間、雇用契約期間の定めの有無、苦情処理状況等を記載する必要があります。また、当該労働者派遣の終了後3年間の保存義務が派遣先に課せられています。

テンプスタッフでは、お客様の事務負担を考慮し、便宜上「労働者派遣契約」および「派遣先管理台帳兼通知書」を作成し、送付しております。 なお、「通知書」は派遣会社が、派遣労働者名、性別、社会保険の加入の有無等を記載し、派遣先へ通知する義務があります。

Q派遣先は「派遣先管理台帳」の記載内容を派遣元へ通知する必要があると聞きました。具体的にどのような内容を通知する必要がありますか?
A

派遣先は、派遣先管理台帳に記載した事項を派遣元に通知する必要があります。具体的には、以下の内容になります。

(1) 派遣労働者の氏名
(2) 派遣就業した日
(3) 派遣就業した日ごとの始業時刻および終業時刻ならびに休憩時間
(4) 従事した業務の種類
(5) 派遣労働者が労働者派遣に係る労働に従事した事業所の名称及び所在地その他派遣就業をした場所

この他に、派遣労働者から苦情の申し出を受けた場合には、その都度、苦情申し出を受けた年月日、苦情の内容、苦情の処理状況に関する事項を通知しなければなりません。

※ 通常タイムシート等と称している就業実績票も、派遣先管理台帳の一部であり、派遣先による書類作成、保存義務が生じます。

Q「派遣先と派遣元の通知」は、具体的にどのように行えばよいですか?
A

派遣元から派遣先への通知(通知項目:派遣労働者の氏名、性別、社会保険の加入状況)、派遣先から派遣元への通知(通知項目:派遣労働者の氏名、派遣就業した日、派遣就業した日ごとの始業時刻および終業時刻ならびに休憩時間等)については、書面による通知のほかファックスまたは電子メールの送信により通知を行うことが可能です。

Q「労働者派遣契約書」には署名、捺印をする必要があるのでしょうか?
A

必ずしも、契約当事者による署名、捺印は必要ありません。「労働者派遣契約書」は「当事者の一方が相手方に対し、労働者派遣をすることを約する契約」のことを指します。従いまして、当事者の一方が労働者派遣を行う旨の意思表示を行い、それに対してもう一方の当事者が同意する(または受け入れ側の意思表示に対し、提供する側が同意する)ことにより成立するため、署名、捺印までは必要とされていません。

このページのトップへ