旧メールマガジン⁄人事・派遣のQ&A

派遣法/派遣労働者の労働時間管理

(情報掲載日:2012年1月23日)

Q派遣労働者に関する労働時間等の管理や、時間外労働・休日労働を行ってもらうために必要となる「時間外労働・休日労働に関する協定届」の締結は、「派遣元」「派遣先」どちらが行うのですか?
A

派遣労働者の「労働時間等の管理」は指揮命令者である派遣先が行い、「36協定の締結」は雇用主である派遣元が行います。

■ 労働時間等の管理
派遣先は、派遣元との労働者派遣契約に定めた範囲で派遣労働者の指揮命令を行い、労働時間の管理を行います。

■ 36協定の締結
派遣元は、労働者の過半数代表者との間で、36協定を締結します。

  • 参考
    労働基準法では、「労働時間等の管理」、「36協定の締結」は雇用主の責任において行うと定められています。しかし、労働者派遣は雇用主(派遣元)と使用者(派遣先)が異なる特殊な形態であり、派遣労働者に対する指揮命令を派遣先が行うことから、派遣先で就業する派遣労働者への保護を欠くことのないよう、労働者派遣法において「労働時間の管理」など就業上発生する一部事項について派遣先の使用者責任を定めています。(労働者派遣法第44条2項)
Q派遣労働者に法定時間外労働をお願いする場合、派遣先が留意すべきことは何ですか?
A

派遣労働者の法定時間外労働等については派遣元の36協定が適用されます。派遣元の36協定内容を確認し、その範囲内で行わせてください。

■ テンプスタッフ(株)/36協定で定める範囲 (2012年1月時点)
法定時間外労働;1日10時間、1ヶ月45時間、1年360時間まで
法定休日労働;1ヶ月2回まで

尚、「1年」の起算は労働基準監督署に提出した協定届によって異なります。
テンプスタッフ(株)では、4月1日〜翌年3月31日を1年と定めています。

このページのトップへ