Entry正社員採用(無期雇用派遣)エントリー

研究開発職

さまざまな環境でスキルを磨き、
自分だけの価値を生む

千葉康隆

理工学研究科 生命科学専攻卒

千葉康隆

理工学研究科 生命科学専攻卒

―あなたの仕事内容を教えてください。

食品関係の研究所で、動物飼料の研究をしています。微生物を培養して、得られた産物を分析するDNAワークが中心です。
学生時代は、カビなどの有用微生物や植物に関する研究を続け、博士課程まで進みました。こうした生物バイオの知識を活かす就職先は、なかなかの狭き門。業界を問わずにやりたい仕事のできる場所を探しているうち、無期雇用派遣という働き方を知りました。このポジションなら、これまで身につけてきたDNAワークや分析機器の手技が活かせる場所が見つかると思い、パーソルテンプスタッフに入社を決めました。

―働く楽しさややりがいは何ですか?

いま僕が担当している役割は、設定した条件や環境で、求められているデータを正しく導き出すことです。会社によって実験のやり方が異なっていたり、詳細な分析結果を必要とされるなど、条件はさまざま。そんななかで、常に高いクオリティで実験を行うのが、プロとして求められていることだと思っています。言われたことをこなすだけが、派遣の仕事ではありません。目の前で得られるデータと誠実に向き合って、こつこつ経験を重ねていけば、自分のスキルアップにもつながっていく。もちろん、周りの評価が上がっていくのも肌で感じています。

―今後のビジョンを教えてください。

無期雇用派遣という働き方には、たくさんの可能性があります。たとえ経験がさほど豊かじゃなくても、必要な知識さえあれば門戸が開かれるし、成長できる。だからこそ会社や業界を限定することなく働き、さまざまな経験を蓄積しながら、自分にとってベストな仕事・ベストな場所を見つけていきたいと思っています。ゆくゆくは、パーソルテンプスタッフの本社勤務もいいですね。僕が入社したのは、学生時代から何かと相談に乗ってもらっていた縁があったから。今度は現場経験と理系スキルを活かして、僕なりに研究者の支援ができたら素敵だと思います。

Pagetop