サウンドクリエイター

サウンドクリエイター

サウンドクリエイターとは?

「サウンドクリエイター」とはどんな仕事なのか、業務や求められるスキルなどについてまとめました。具体的にイメージしてみましょう。

仕事内容は?

デジタルメディアのコンテンツ用の音楽を制作する仕事

「サウンドクリエイター」は、WEB、CG、CD-ROM、VIDEOなどデジタルメディアのコンテンツ中で、作品に流れる音楽を制作する仕事です。プロデューサーやディレクター、映像クリエイターたちと打ち合わせを重ねながら、映像のイメージに合わせた音楽を制作していきます。近年では特にゲームソフト開発の分野にニーズが多く、作曲者(コンポーザー)と、効果音やサウンドのプログラミングを担当するサウンドプログラマーで分業することもあります。
よりクオリティの高いサウンドを制作するには、音楽の知識だけでなく、作品全体の世界観をつかみシナリオを読み解く力が求められます。豊かな個性とセンス、高い技術力が重要なスキルとなりますが、音楽で人々に感動を与えるやりがいのある仕事です。

求められるスキルは?

曲作りのセンス、コミュニケーション力などが求められる

必須となる資格はありませんが、音楽に対する知識とセンスが必要です。そのため、機材に関する知識や作曲のノウハウなどが学べる音楽系の専門学校や大学の専門学科などを卒業していると有利になります。
その他、クライアントとの打ち合わせや他のスタッフと仕事をする機会も多いため、コミュニケーション力やスケジューリング力なども大切といえます。

身に付くスキルやステップアップの道は?

音楽制作の専門的な技術や機材の知識が身に付く

音楽制作のスキルや、作曲に必要な機材の知識などが身に付きます。すべての業務でクライアントの意向を汲み取り、作品の世界観を音楽で表現する必要があるため、ヒアリング力や想像力、表現力なども磨かれていくでしょう。
また制作した楽曲が認められれば、フリーランスとして活動の幅を広げたり、音楽プロデューサーに転身し、デジタルメディア以外の仕事を行うチャンスもあり、より大きな作品やメディアの音楽制作を任されるなどのステップアップが見込めます。

未経験からの就業は可能?

実務経験者が望ましいが、DTM制作の経験があると有利

実務経験者が求められる傾向が強く、まったく未経験からの就業は難しいでしょう。ただし、専門学校や大学などで音楽制作の知識を身に付けていると就業のチャンスは高まります。まずはアシスタントなどからスタートし、制作のノウハウを学んでから、サウンドクリエイターとしてのキャリアをスタートさせる道も選択肢に入れてみましょう。
また、採用に際しては、近年主流となっているパソコン上で音楽を作曲編集するDTM(デスクトップミュージック)での制作経験などがあると有利に働く傾向があるので、経験がある方は積極的にアピールしましょう。

サウンドクリエイターのお仕事を探す

サウンドクリエイターの働き方

働き方イメージ

「サウンドクリエイター」求人内容から、給与体系や求人傾向などについてまとめてみました。

時給&年収はどれくらい?

時給は「1,600〜1,700円程度」が相場

スタート時の時給は「1,600〜1,700円程度」(※1)、仮に時給を1,600円とした場合、年収は「337万円程度」(※2)になります。また企業規模や業務内容のほか、実務経験や所持スキルの有無によって、初任給が前後する傾向にあるため、細かな条件については派遣会社に確認してみましょう。

※1 実際の求人情報と異なる場合がございます。
※2 1,600円×8時間×22日×12ヶ月勤務を想定し計算。

残業はどれくらいある?

月「10〜40時間」とさまざま。繁忙期には想定以上の残業が発生する可能性も

残業は、「月10〜40時間程度」(※)と職場によってさまざまです。職場環境や業務内容によっては、繁忙期には月40時間を超える可能性も。 サウンドクリエイターは、一般的なオフィスワークと比べて残業時間が多くなりがちな仕事です。プライベートの時間を確保したい方や、繁忙期でも就業時間を限定して働きたい方は、派遣会社に相談して残業時間が少ない職場を選びましょう。

※実際の求人情報と異なる場合がございます。

仕事の仕方は?

チームを組んで働く場合と個人ですべての作業を請け負う場合がある

案件の規模や職場によって、チームを組んで行う場合と、一人ですべての作業をこなす場合があります。チームで行う仕事はもちろん、一人で行う仕事でも、さまざまな職種の方と関わり、話し合いを重ねながらひとつの案件を作り上げるため、スケジュールなどの調整力、コミュニケーション力を求められます。

一般的な就業期間は?

技術を身に付けられる長期勤務が多い

就業時間は「始業が9〜10時、終業が18〜19時」で、一般的なビジネスパーソンのワークスタイルと同じか、ややゆっくりとしたスタートの場合が多いようです。また、曲作りの技術や機材・ソフトを扱う知識が必要な仕事ということもあり、全体的にしっかり経験を積んでステップアップできる長期勤務者を求める傾向にあります。中には繁忙期のみの短期間の求人もありますので、期間を限定して働きたいという方は条件を指定して探してみましょう。

先輩たちの体験談

先輩たちの体験談イメージ

仕事の働きがいや、難しさなどを知るためには、現役で働いている人たちの“生の声”を聞くのが一番。サウンドクリエイターとして働いている先輩たちの声を一部ご紹介しましょう。

仕事の醍醐味は?

「ゲームは作品によってまったく世界観が違うので、作品のシリーズについて勉強したり、他のスタッフにヒアリングしたりしながら作業します。その分、完成版が世に出た時の喜びはひとしおです」

「自分の制作した音楽が、作品の中で流れているのを聞いたときの感動は言葉にできないほどです。作品を見た人たちやスタッフたちから『あの音楽良かったよ』と言ってもらえると自信がつきます」

仕事の厳しさ

「バグやゲーム内容の変更が出てしまうと、その影響を受けて残業して対応しなくてはならないことも。帰宅が遅くなり生活が不規則になりがちなので、体調管理には特に気をつけています」

「綿密に打ち合わせしながら作業をしますが、それでも完成後に大きな修正が発生してしまうこともあります。気合をいれて作った音楽がボツになってしまうとやはり悲しいです」

前職の内容

「前職では音響技術者として働いていました。もともとDTMでの作曲が趣味だったので、自分の音楽を作品として世に残したいと思い、映像制作会社に転職しました。実際に映像と自分の作った音楽が一緒になって流れると毎回感動してしまいます」

「メーカーで営業の仕事をしていましたが、大好きなゲーム音楽への憧れが捨てきれず一念発起。専門学校に通いながらDTMを勉強してゲーム制作会社に転職しました。想像以上に忙しく大変な仕事ですが、その分やりがいも大きいです」

担当者の声

担当者の声

担当者から、求められるスキルや、仕事におけるヒントをご紹介します。

求められるスキルは?

一口にサウンドクリエイターといっても、作曲、編曲(アレンジャー)、SE(効果音制作)、サウンドディレクション、サウンドプログラムなどさまざまな役割があります。企業が求める職種、役割によって求められるスキルも変わりますが、基本的には楽器が弾けることというよりも、DTMソフト(DAWソフト)や機材が使用できることが求められます。
また、チームやプロジェクト単位での仕事がほとんどのため、クライアントや他部署の要望を的確にヒアリングできるコミュニケーション能力や、音楽についてはある種素人である方々に対して、自身が制作した音楽の意図を説明するプレゼンテーション能力なども必要となります。

持っているとオススメの資格・業務経験はコレ!

資格は必要ありませんが、音楽に関する知識と機材が使用できること、さらに即戦力となり得る実務経験が求められる傾向があります。実務経験がない場合であっても、サウンドクリエイターの専門学校や音楽大学を卒業している方には就業のチャンスがあります。実際に専門学校や音楽大学の卒業者は、数多く業界で活躍されています。

仕事にマッチする人物像は?

作曲や編曲のスキルに秀でた方はもちろん重宝されますが、サウンドクリエイターの仕事は、チームやプロジェクト単位でのお仕事がほとんどなので、いかに周囲のスタッフと上手にコミュニケーションを取れるかが重要となります。そのため、音楽的センスに加え、協調性や社交性、理解力、折衝力がある方がマッチしているといえます。

テンプスタッフから役立つ研修をご紹介

サウンドクリエイターの仕事は、社内外の方とチームでプロジェクトを進める場合が多いため、スムーズにやり取りできるコミュニケーション力が求められます。そこで活用いただきたいのがコミュニケーション力や基本的なビジネスマナーなどのビジネススキルを身につけられる「ビジネススキルアップ 」の各種講座です。「ビジネススキルアップ」には、好きな時間に自分のペースで学べる「無料eラーニングL-TEMP」やビジネスマナー、自己啓発やOAスキル、語学が学べる「テンプオープンカレッジ」などがありますので、自分のスキルや目指したい職場の環境に合わせてぜひご活用ください。

サウンドクリエイターのお仕事を探す

おすすめポイント

サウンドクリエイターは、「好きが仕事になる」典型的な職種で、音楽制作が好きな方には、天職ともいえる仕事でしょう。ただし、そこにはクライアントの意向があるので、自身が好きな音楽だけを作ればよいわけではなく、プロデューサーや他のクリエイターたちの意見を取り入れ、チームでよいものを作り上げていく必要があります。「さまざまなレギュレーションの中で、どう自分のセンスを発揮するか」は、クリエイターとしての腕の見せ所。苦労して作り上げた作品が、日の目を見たときの感動はひとしおです。
また、ゲームや映像などのエンターテインメント業界に就業することが多いので、そういった業界が好きな方にとっては、とても刺激的な環境で働けるチャンスです。ぜひチャレンジしてみてください。

来社いただくと、あなたの強みを活かせる仕事の探し方を提案します。

正式な仕事紹介には来社登録が必要です。まずはお気軽にご来社ください。

来社予約

職種紹介へ戻る

あなたに合った最新の仕事情報をご紹介!

5分でカンタン

クイックWEB登録

すぐに仕事紹介を受けたい方

来社予約

業績ランキング 年間求人掲載数 オリジナル講座数

  • check業績ランキング
    No.1
  • check年間求人掲載数 
    390,000件
    以上!
  • checkオリジナル講座数
    No.1
TOPに戻る

無料登録

仕事情報提供、キャリア・コンサルティングが受けられる
来社予約はこちら(新しいウィンドウが開きます)

事前入力で登録時間を短縮!
入力はMYページから

仕事へのエントリーが便利!
優待制度で研修が受講できる
クイックWEB登録はこちら(新しいウィンドウが開きます)