通訳

通訳

通訳とは?

「通訳」とはどんな仕事なのか、業務や求められるスキルなどについてまとめました。具体的にイメージしてみましょう。

仕事内容は?

外国語を使用して、コミュニケーションの橋渡しをする仕事

主として海外の企業や団体との会議や商談、プレゼンテーションなどの場で、言語が異なる人同士の間に立ち、外国語を駆使して双方の発言を訳し、会話上のコミュニケーションの橋渡しをする仕事です。 通訳にはさまざまな種類があり、代表的なものには発言者の話を同時進行で通訳する「同時通訳」、発言者の発言をある程度の文節で区切り、通訳者がまとめて訳す「逐次通訳」、があります。
通訳が必要とされる業界は多岐にわたり、場合によっては業界の専門知識が必要になることも。特に金融・医療・ITなどの分野では、より専門的な知識が必要とされる傾向があります。

求められるスキルは?

高い語学力や対応力が必要となる

通訳の仕事をするために必須となる資格はありませんが、対象言語の読み書きや会話をスムーズに行える高い語学力は求められます。また、日→外、外→日と交互にスイッチを切り替えるテクニック、文脈や場面に応じて的確な言葉に変換できる能力や、不測の事態にもスピーディに対応できる瞬発力や対応力も必要となります。

身に付くスキルやステップアップの道は?

語学力を磨き専門知識が身に付く

高いレベルの語学力や、言葉選びのセンスを磨け、就業する業界や分野の専門用語や専門知識を蓄積できます。
実績とスキルをつけた後には、通訳を武器にVIP付セクレタリーなど語学業務の幅を拡げたり、専門性を武器に特定の分野の通訳者として極めていく道・フリーランスとして活躍の場を広げる道などもあり、キャリアの大きな強みになります。就業する業界や対象言語によってもステップアップの道は変わってくるので、自分がどのような道に進みたいのか目標をすえながら仕事を選ぶとよいでしょう。

未経験からの就業は可能?

スキルと経験が求められるため、計画的にステップアップ

即戦力を求められる傾向が強く、実務未経験の場合はいきなりスタートするのは難しいとされています。まずは英文事務やセクレタリーなど語学を使用する仕事からスタートし、通訳を含む業務に少しずつステップアップするのが一般的です。通訳の専門学校で専門スキルをみがいたり、TOEICのスコアをあげておくなどできる準備をしておくこともおすすめです。会計やIT技術など別の職種の経験を活かして機会を得るケースもあります。

通訳のお仕事を探す

通訳の働き方

働き方イメージ

「通訳」求人内容から、給与体系や求人傾向などについてまとめてみました。

時給&年収はどれくらい?

時給は「1,800円前後」からスキル・経験に応じて変動

スタート時の時給は「1,800〜1,850円程度」(※1)、年収は「380万円程度」(※2)が相場ですが、スキル・経験に応じて2,000円台、ゆくゆく3,000円台へのステップアップもありえます。高度な専門スキルが要求される仕事のため、給与体系は比較的高めに設定されることが多くなります。初任給は企業規模や業務内容、実務経験や所持スキルによって前後するので、細かな条件については派遣会社に確認してみましょう。

※1 実際の求人情報と異なる場合がございます。
※2 東京都の参考価格です。1,800円×8時間×22日×12ヶ月勤務を想定し計算。

残業はどれくらいある?

月「9〜10時間」前後。職場によっては休日出勤も

通訳の残業は、月9〜10時間(※)。就業先によってさまざまですが、多少は残業が発生すると考えておいたほうがよいでしょう。場合によっては、突発的な残業が発生したり、休日出勤が生じることもあります。会議の日程などは個人ではコントロールしづらい要因なので、残業ができない時期があるなどの事情があれば、事前に派遣会社と相談しておくのがおすすめです。

※実際の求人情報と異なる場合がございます。

仕事の仕方は?

基本的には個人体制。同時通訳や大きな会議の場ではチームを組むことも

通訳の仕事は、基本的には自分の担当分を単独でまっとうすることになります。ただし、高い集中力が必要とされる、同時通訳や大きなコンベンションなどの場合は、一人で長時間継続するのは困難なため、複数名で交代しながら行うことも多々あります。
通訳の仕事は代替が効かず個人の裁量に任されるケースが多く、責任を持って自分の仕事をやり遂げる責任感や体力、集中力が必要となります。

一般的な就業期間は?

就業時間は一般的だが、突発的な仕事も

就業時間は「9〜18時」の間で8〜9時間ほどであることが多く、一般的なビジネスパーソンのワークスタイルに近い勤務体系です。
就業期間も数か月単位のプロジェクトや長期にわたる場合が多く、さまざまな経験を積んでいくことができます。特に専門知識を必要とする業界では、長期間の勤務で知識を蓄積することが自身の成長につながるので、じっくりと腰を据えて勉強し、ステップアップを目指しましょう。

先輩たちの体験談

先輩たちの体験談イメージ

仕事の働きがいや、難しさなどを知るためには、現役で働いている人たちの“生の声”を聞くのが一番。通訳として働いている先輩たちの声を一部ご紹介しましょう。

仕事の醍醐味は?

「自分が通訳を務めた商談で大きな契約が決まったときには、プロジェクトチームの人達と喜びを分かち合いました。みなさんの努力の結晶を代弁する重要な役割を担い、チームに貢献できたことは私の誇りです」

「通訳は、人と人の間に立つ仕事なので、一度に2名以上の人のお役に立てる仕事です。仕事の一つひとつに感謝もあるので、『ありがとう』の言葉が励みになる自分にとっては、ぴったりの仕事だと思っています」

仕事の厳しさ

「聞いた言葉を直訳するのではなく、発言の流れやその国の文化、歴史などの背景を考慮した上で最適な表現・言葉を選ぶ必要があります。そうしたことを一瞬で口にするためには集中力・瞬発力だけではなく、事前準備・日々の蓄積が必要で、想像以上にタフな仕事です」

「企業間の通訳の場合、訳をミスしてしまうと、大きな損失に直結してしまうこともあるので、一言ひと言に責任を持ち、常に緊張感をもって働かなければいけません」

前職の内容

「もともと外国人付きセクレタリーとして働いていたため、海外の方や文化には頻繁に触れていました。業務はそつなくこなせていますが、言葉選びのスキルに課題を感じているので、今後はそこを重点的に磨いていきたいです」

「英語のスキルを活かせて、人と接する機会が多い仕事がしたく、通訳の道に進みました。英文経理の仕事を経験していたので、専門的な単語が頻発することへも対処でき、スムーズに業務をスタートさせられました」

担当者の声

担当者の声

担当者から、求められるスキルや、仕事におけるヒントをご紹介します。

求められるスキルは?

大前提として高い語学力が必要になるため、実務経験が求められる傾向にあります。TOEICのスコアでは900点以上が目安と考えてよいでしょう。
実際に担当する業務は、逐次通訳のみ、同時通訳担当などさまざまで、スキル・経験によっても変わってきますが、該当する業界や分野の経験・知識があればレベルの高い業務を任されるチャンスにも恵まれます。
また、専門性が高い案件を担当するためには、通訳学校や大学院などで専門トレーニングを受けているなどの条件が付加される場合もあります。

持っているとオススメの資格・業務経験はコレ!

同じ通訳でも、業界や分野によって必要な語彙・知識は異なるので、前職の経験を活かせる機会はたくさんあります。中でもニーズが高いのは銀行、証券、保険、投資などの金融系や、監査法人、医薬、ITシステム関連などで、近年ではエネルギー業界にも注目が集まっています。
また、実務経験がある方も優遇される傾向にあり、パナガイドなど簡易機材を使用した同時通訳や、役員会議、プール制の全部門対応の経験を持った方は、有利に働く場合があります。
通訳未経験の方は、外国人付きセクレタリーや翻訳業務などを経験し、業界知識を得ておくと、それを活かして通訳へステップアップできるケースもあるので、キャリアプランの一つに入れてみてはいかがでしょうか。

仕事にマッチする人物像は?

日々のトレーニングや勉強、スキルアップに熱意を持って取り組める方、コミュニケーションや表現が得意な方や、オープンマインドな方は向いているでしょう。また、ビジネスマナーはもちろん、機密保持などのコンプライアンス意識を持ち合わせていたり、事前準備や体調管理などへも配慮できたりとプロ意識を持って業務に臨める方が求められています。

テンプスタッフから役立つ研修をご紹介

提携校である「日米会話学院」には、通訳・翻訳者を養成する通訳コースが設置されており、英語力を磨くことができます。また、医薬関連業界への就業を目指す場合には、同じく提携校の「アルパ・リエゾン」の治験翻訳講座で専門的な知識を身に付けられます。ともに興味のある方は積極的に検討してみてはいかがでしょうか。
講座に通う時間がなく、英語力を強化したい場合には、パソコン、スマートフォン、タブレットから受講できる「ネクストエデュケーションシンク」でTOEIC対策をするのもおすすめです。(通訳の場合は、TOEIC900以上のスコアが目安となります)

通訳のお仕事を探す

おすすめポイント

通訳は、さまざまな業界・企業の中枢などに深く関わる可能性が高く、重要な仕事であると同時に、人と人、文化と文化をつなぎ、世界各地を飛び回ることもある、活動的でやりがいのある職種です。
また、グローバル化が進む現代では、さまざまな業界で通訳が必要とされており、活躍できるフィールドが幅広いというのも魅力の一つといえます。語学力を一層高め、高い技術と専門性を身に付けられるので、海外志向の方など、ステップアップを目指す方には特におすすめしたい仕事です。

ピックアップ求人情報

求人例 : 大手外資コンサル会社でのプール制 同時通訳のお仕事
内容 顧客間とのプレゼン、TV会議時の同時通訳、会議の事前準備等
職種 通訳業務
給与 時給 3,500円〜4,200円
時間 9:00〜17:30 休憩時間 1:00
勤務地 東京都 港区
求人例 : 広くて綺麗なオフィスで!メーカーでの日英通訳
内容 会議時通訳(逐次・同時)、各種資料作成・翻訳(日⇔英)など
職種 通訳業務 / 翻訳業務
給与 時給 2,500円〜3,000円
時間 8:30〜17:30 休憩時間 1:00
勤務地 神奈川県 伊勢原市

来社いただくと、あなたの強みを活かせる仕事の探し方を提案します。

正式な仕事紹介には来社登録が必要です。まずはお気軽にご来社ください。

来社予約

職種紹介へ戻る

あなたに合った最新の仕事情報をご紹介!

5分でカンタン

クイックWEB登録

すぐに仕事紹介を受けたい方

来社予約

業績ランキング 年間求人掲載数 オリジナル講座数

  • check業績ランキング
    No.1
  • check年間求人掲載数 
    390,000件
    以上!
  • checkオリジナル講座数
    No.1
TOPに戻る

無料登録

仕事情報提供、キャリア・コンサルティングが受けられる
来社予約はこちら(新しいウィンドウが開きます)

事前入力で登録時間を短縮!
入力はMYページから

仕事へのエントリーが便利!
優待制度で研修が受講できる
クイックWEB登録はこちら(新しいウィンドウが開きます)