法務

法務

法務とは?

「法務」とはどんな仕事なのか、業務や求められるスキルなどについてまとめました。具体的にイメージしてみましょう。

仕事内容は?

契約書のチェックや株式に係る法的諸業務など、企業のあらゆる法律関係の業務に携わる

法務部などで、会社の活動にともなって発生するあらゆる法律的な業務に対して、専門知識を活かして対処する仕事です。代表的な業務は、契約書の締結に際し、取引内容について記載の不備や漏れ、内容自体に問題がないかのチェック業務。また株式に関わる法的諸業務やコンプライアンスのマニュアル作成、社員の法務研修など、あらゆる法律関係の業務に関わることになります。
また、実際に起きてしまったトラブルに関して弁護士へ必要な説明事項を伝えたり、弁護士との契約を交わす際のやりとりを行ったりというのも法務の仕事の一つ。法律や契約といったセンシティブなテーマを扱うことになるため、ミスを犯さない注意力が必要です。派遣社員として働く場合は、部のアシスタント的な立場として、一般的な事務の仕事を担当する場合もあります。

求められるスキルは?

法律に関する知識や実務経験はもちろん、コミュニケーション力や説明能力も必要

法務として働くために、必須の資格はありません。ただし、業務を行う中で幅広い法律の知識が必要とされるため、法律関係の実務経験や学生時代に法律を学んだ経験があると有利です。行政書士、社労士、司法試験といった法律に関する資格を取得している方は、即戦力として活躍できる可能性があるので、積極的にアピールしましょう。
また、企業全体の管理を行い、社内外のスタッフとの連携も欠かせない仕事であるため、コミュニケーション力や、難しい法律をわかりやすく伝える説明能力、渉外シーンにおける交渉力、高いコンプライアンス意識などを求められる場合もあります。

身に付くスキルやステップアップの道は?

法律やコンプライアンスの知識を身に付け、資格取得の道も

企業の法令やコンプライアンスに関する知識、折衝力やコミュニケーション力をはじめ、社内外で発生したトラブルを処理していくことで問題解決能力も身に付きます。また、業務を通して法律知識を蓄え、行政書士や社労士といった資格へのチャレンジも目指せるようになるでしょう。
知識とノウハウを積んでどんな内容にも対応できるようになると、さまざまな企業で重宝されるようになるので、ステップアップを目指すのであれば、就業後も積極的に勉強を続けていくことが大切といえます。

未経験からの就業は可能?

法律に関する業務や勉強の経験が必要になる

さまざまな法律の知識が求められるため、まったくの未経験からの就業は難しい場合が多いといえます。実務経験がない場合は、資格取得の勉強をしたりするなど、法律関係の知識を増やしておくことをおすすめします。アシスタント業務の場合はその限りではないので、気になる案件があれば条件をしっかりと確認しておきましょう。
また、就業先によっては業務内容がより専門的になる場合があるので、仕事を始める前に事業内容を把握しておくことも重要です。詳細については、派遣会社に確認しておくとよいでしょう。

法務のお仕事を探す

法務の働き方

働き方イメージ

「法務」求人内容から、給与体系や求人傾向などについてまとめてみました。

時給&年収はどれくらい?

時給は「1,500〜1,600円程度」が相場

スタート時の時給は「1,500〜1,600円程度」(※1)、年収は「316万円程度」(※2)が相場のようです。また企業規模や業務内容、実務経験や所持スキルの有無によって、初任給が前後する傾向にあるため、細かな条件については派遣会社に確認してみましょう。

※1 実際の求人情報と異なる場合がございます。
※2 1,500円×8時間×22日×12ヶ月勤務を想定し計算。

残業はどれくらいある?

月「0〜10時間」前後。残業なしの会社も多い

法務の残業は、月0〜10時間(※)。残業時間は勤務先によってさまざまで、「残業なし」や「原則残業なし」という職場も少なくありません。プライベートの時間を確保したい方、残業をしたくないという方にとっては、働きやすい職種といえます。
ただし、企業が新しい動きをしているときや業務の進行スピードなどによっては残業が発生する可能性もあります。詳しくは派遣会社のスタッフに確認することをおすすめします 。

※実際の求人情報と異なる場合がございます。

仕事の仕方は?

チーム体制か個人体制かは会社によって異なる

職場の規模や担当業務によってチームで行うか個人で行うかが異なりますが、個人で仕事を完結させるケースのほうが若干多いようです。 文書の作成やチェックが業務の大半を占めることから、自分のペースで仕事を進められる個人体制はやりやすい部分もありますが、社内外の渉外や締め切り対応などの対応も多く、迅速に仕事をこなすことが求められるので、与えられる責任は大きなものになります。
またチーム体制の場合や、アシスタントしての業務の場合は、周囲との連携が重要なポイントになるので、円滑なコミュニケーションを図れるように心がけることが重要になります。
どのような体制で仕事を進めていきたいか、希望があれば最初に派遣会社に相談してみましょう。

一般的な就業期間は?

長期勤務を求める傾向があり、資格取得の勉強をたっぷりできる

就業時間は、「始業が8時30分〜9時、終業が17時30分〜18時」という、一般的なビジネスパーソンのワークスタイルに近い形態である場合が多いです。
また就業期間に関しては、長期勤務者を求める傾向が強いです。長期の勤務であれば、法律の知識もどんどん蓄積できるので、行政書士、社労士などへのステップアップを目指したい方にもおすすめです。

先輩たちの体験談

先輩たちの体験談イメージ

仕事の働きがいや、難しさなどを知るためには、現役で働いている人たちの“生の声”を聞くのが一番。法務として働いている先輩たちの声を一部ご紹介しましょう。

仕事の醍醐味は?

「自分の学んできた法務の知識が、企業や社員のために活かされていると思える瞬間が、何度も訪れます。その中でも『働きやすくなった』とか『企業が成長できた』と言われたときは、特別嬉しいです」

仕事の厳しさ

「契約書のチェックをメインに行っています。一つでもミスを見逃してしまうと、のちに大きな法的トラブルに発展することもあるため、常に緊張感を感じながら働く必要があります」

「複数の契約書チェックを同時に行うときは、心身ともに負荷がかかってきます。一通の契約書のチェックでも大変ですが、それを同時に行う場合、残業してこなさなければいけません」

前職の内容

「前職では、裁判所で事務仕事をしていました。扱う仕事に違いはあるものの、法律の仕事に従事していた経験は、転職に際して大きなアドバンテージになっていると感じています」

「かつては金融関連の企業でコンプライアンス管理をしていました。法務の仕事は高いコンプライアンス意識が求められるので、法律に関する知識が豊富でなくても、『コンプライアンスに強い』という強みによって、就業することができました」

法務のお仕事を探す

ピックアップ求人情報

求人例 : 正社員を目指せる★大手ネット企業で法務部門の事務アシ
内容 契約書の案文作成・検討、法務関連の取りまとめ等
職種 一般事務・他オフィスワーク / 法務文書作成業務
給与 時給 1,700円
時間 9:00〜18:00 休憩時間 1:00
勤務地 東京都 品川区
求人例 : 勉強中の方もチャレンジOK!法務事務のお仕事
内容 契約書チェック、査読、データ入力
職種 法務文書作成業務
給与 時給 1,800円〜2,300円
時間 9:00〜17:30 休憩時間 1:00
勤務地 神奈川県 横浜市
求人例 : 梅田直結オフィス!上場企業でリーガルチェックのお仕事
内容 法務事務全般、リーガルチェック、契約書の作成・チェック
職種 法務文書作成業務
給与 時給 1,450円
時間 9:00〜18:00 休憩時間 1:00
勤務地 大阪府 大阪市

来社いただくと、あなたの強みを活かせる仕事の探し方を提案します。

正式な仕事紹介には来社登録が必要です。まずはお気軽にご来社ください。

来社予約

職種紹介へ戻る

あなたに合った最新の仕事情報をご紹介!

5分でカンタン

クイックWEB登録

すぐに仕事紹介を受けたい方

来社予約

業績ランキング 年間求人掲載数 オリジナル講座数

  • check業績ランキング
    No.1
  • check年間求人掲載数 
    390,000件
    以上!
  • checkオリジナル講座数
    No.1
TOPに戻る

無料登録

仕事情報提供、キャリア・コンサルティングが受けられる
来社予約はこちら(新しいウィンドウが開きます)

事前入力で登録時間を短縮!
入力はMYページから

仕事へのエントリーが便利!
優待制度で研修が受講できる
クイックWEB登録はこちら(新しいウィンドウが開きます)