広告デザイン・コピーライター

メインイメージ

広告デザイン・コピーライターとは?

「広告デザイン・コピーライター」とはどんな仕事なのか、業務や求められるスキルなどについてまとめました。具体的にイメージしてみましょう。

仕事内容は?

クライアントの希望に沿った、宣伝効果の高い広告やキャッチコピーを制作

「広告デザイン」は、文字通り広告物をデザインする仕事です。広告代理店や広告制作会社、印刷会社、デザイン事務所などに勤務して、文字や写真、イラストなどをレイアウト・デザインして新聞や雑誌、社内報、PR誌、ポスター、カタログ、パッケージ、看板、ポップなどの広告物を制作します。主なクライアントは広告代理店や企業で、企画内容やコンセプト、ターゲットなどを確認し、色彩・デザイン・アピール度などにおいてより宣伝効果の高い作品を目指します。
一方「コピーライター」は、広告のキャッチコピーを考える仕事です。クライアントの希望をヒアリングし、決まった方向性に沿うキャッチコピーを複数提出し、ブラッシュアップして最終形に仕上げるまでが業務範囲となります。制作物は、テレビCMや雑誌・新聞・インターネットの広告、ポスターや商品パッケージなど、こちらも多岐にわたるのが特徴です。
広告デザインとコピーライターは協業することもあり、さらにイラストレーターやメディアディレクターなどと一緒にチームを組んで制作を進めることもあります。クライアントの希望に沿った広告を制作するため何度も打ち合わせや修正を繰り返すこともあるので、センスはもちろん、根気強さも求められるでしょう。

求められるスキルは?

広告デザインもコピーライターも、センスとコミュニケーション力が求められる

広告デザイナーとして働くために必要な資格はありませんが、デザイン力や配色感覚などデザイナーとしてのセンスを求められることはあります。さらにクライアントの要望を正確に把握するためのコミュニケーション力やヒアリング力、内容を適切なデザインに仕上げる表現力も欠かせない要素といえます。また、IllustratorやPhotoshopなどの専用のソフトを使用することが多いため、これらのソフトの知識や使用経験が必要とされます。
コピーライターも特別な資格が必要な仕事ではありませんが、言葉を選ぶセンスや文章力、幅広い知識を所持していることは欠かせないスキルといえます。また広告デザイナーと同様、クライアントや周囲の意図を正確に汲み取るコミュニケーション力が求められる仕事です。クリエイティブな仕事はセンスに左右される部分も大きいので、日頃からセンスを磨く努力を続けられることも、重要なスキルの一つです。

身に付くスキルやステップアップの道は?

マーケティング力、コミュニケーション力が身に付く

広告デザイナーとして経験を積めば、デザインに関する知識やルール、コミュニケーション力も身に付きます。また仕事の性質上、集客やマーケティングについても学べるため、ノウハウを学んで制作ディレクターやプロデューサーなどを目指すことも可能です。デザインの知識を活かして書籍や雑誌などを制作するエディトリアルデザイナーへ転職する方もいます。
一方コピーライターは、ワードセンスが磨かれることはもちろん、常に市場を調査しながら「どんな言葉なら相手に刺さるか」を考えることになるため、マーケティング力や分析力といったスキルが身に付きます。ステップアップに関しては、学んだ市場調査のノウハウを活かしてマーケティング職への転職、フリーランスのコピーライターとして幅広いジャンルでコピーワークを極めていく道などがあります。

未経験からの就業は可能?

ほとんどの場合未経験不可。専門学校などで学ぶ道がある

どちらの職種も即戦力を求められるため、未経験OKの仕事はあまり多くありません。未経験の方は、デザイン専門学校やコピーライター養成講座などで、専門知識や技術を学ぶことからスタートしましょう。さまざまな作品を制作してアピールし、実力を評価されれば、仕事の幅も広がります。なお「広告デザイン」は、広告物以外でもデザインの実務経験があれば優遇されるケースもあります。詳しくは派遣会社に相談してみるのがよいでしょう。

広告デザイン・コピーライターのお仕事を探す

広告デザイン・コピーライターの働き方

働き方イメージ

「広告デザイン・コピーライター」求人内容から、給与体系や求人傾向などについてまとめてみました。

時給&年収はどれくらい?

時給は「1,500〜1,600円程度」が相場

スタート時の時給は「1,500〜1,600円程度」(※1)の場合が多く、時給を仮に1,500円とした場合、年収は「316万円程度」(※2)が相場のようです。また企業規模や業務内容、実務経験や所持スキルの有無によって、初任給が前後する傾向にあるため、細かな条件については派遣会社に確認することをおすすめします。

※1 実際の求人情報と異なる場合がございます。
※2 1,500円×8時間×22日×12ヶ月勤務を想定し計算。

残業はどれくらいある?

月平均で「20時間前後」。残業のない職場も

「広告デザイン」「コピーライター」は納期厳守の仕事のため、残業はともに月20時間(※)からそれ以上の場合もあり、他業種と比べてやや多い傾向にあります。ただし、勤務先によっては「残業なし」という職場もあるので、なるべく残業を減らしたいという方は「残業なし」の職場を探してみてはいかがでしょうか。

※実際の求人情報と異なる場合がございます。

仕事の仕方は?

個人体制かチーム体制かはプロジェクトの規模次第

「広告デザイン」「コピーライター」の仕事は、いずれもプロジェクトの内容によって個人で行うかチームで行うかが異なります。チームで行う場合でも、打ち合わせで方向性を決めたあとは、それぞれ個人での制作作業となることも少なくありません。
チーム体制の場合はメンバーで話し合いながら仕事を進められる一方、スムーズな連携が必要。個人体制で行う場合は、責任やプレッシャーが大きいものの、自分のペースで仕事を進められるメリットもあります。自身がどのような体制で仕事を進めていきたいかを考え、希望があれば最初に派遣会社に相談してみましょう。

一般的な就業期間は?

長期就業が多い一方で、少ないながら短期間の求人も

就業時間は「始業が9〜11時、終業が17〜20時」で、一般的なビジネスパーソンのワークスタイルよりもやや遅めの時間からスタートする場合も多いようです。月曜から金曜日までに週5日勤務が標準的ですが、納期や担当案件の進行具合によっては、土日や深夜勤務、長時間の残業が発生する可能性もあります。
また就業期間に関しては、長期勤務者を求める傾向が強いものの、なかには期間を限定した短期募集もあります。短期間で働きたいという方は、条件を指定して就業先を探してみてはいかがでしょう。

先輩たちの体験談

先輩たちの体験談イメージ

仕事の働きがいや、難しさなどを知るためには、現役で働いている人たちの“生の声”を聞くのが一番。広告デザイン・コピーライターとして働いている先輩たちの声を一部ご紹介しましょう。

仕事の醍醐味は?

「自分が作ったデザインの広告を街で見かけたり、誰かがその広告の前で立ち止まったりしていると、誇らしい気持ちになります。家族や友人が、自分が手掛けた広告をきっかけに商品に興味を持ってくれたときも、この仕事をやっていてよかったと思います」

「『これだ!』と思うコピーが思い浮かんだときは、コピーライターながら言葉にできない気持ちになります。そのコピーをクライアントが気に入ってくれたり、実際に広告になったところを見ると大きな自信につながります」

仕事の厳しさ

「納期が絶対の仕事なので、締め切りに間に合わせるために、想定以上の残業が発生してしまうことも少なくありません。急なスケジュールの変更や休みが不定期になってしまうこともありますね」

前職の内容

「以前は印刷会社でDTPオペレーターをしていたので、その知識やスキルが活かせています。クライアントと打ち合わせに参加したり、自分が中心になってデザインを作り上げたりという業務に、クリエイターとしてのやりがいを感じています」

「業界未経験でしたが、養成講座に通い、憧れだったコピーライターの職に就くことができました。前職は商品販売の営業。トークで伝える言葉と文字で伝える言葉には、大きな違いがありますが、営業で培ったお客さま目線を武器に、刺さる言葉を日々作り出しています」

担当者の声

担当者の声

担当者から、求められるスキルや、仕事におけるヒントをご紹介します。

求められるスキルは?

広告デザインの仕事では、商品や企業の特徴をひと目でアピールでき、かつ人の興味を惹けるデザインを制作するスキルが求められます。センスや表現力を磨くことはもちろんですが、それを表現する技術も必要でしょう。 一方のコピーライターは、「あるがまま」を伝えるための文章を書くのではなく、対象とする商品や企業の魅力が最大限に伝わり、思わず手に取ってみたくなるような文章を書く、高度なスキルが要求されます。
また両者に共通していえるのは、クライアントや同じクリエイティブに関わるスタッフと意見交換をしながら業務を進めていくことになるため、コミュニケーション力も必須であるということ。「どんな人がターゲットなのか」を明確に把握するマーケティング力や、「どんな表現が好まれるのか」といった時代の空気感を読み取るセンスも必要といえるでしょう。

持っているとオススメの資格・業務経験はコレ!

どちらの職種も就業に必要であったり、有利になったりする資格は特にありません。しかし、広告デザインの場合は、実務経験やIllustrator・Photoshopなどの専用ソフトを使いこなすことが求められる場合もあります。
広告制作会社や広告代理店で、さまざまな制作の現場を経験し、実務経験を積んでいく方も多くいます。デザインの専門学校や民間企業が運営するコピーライター養成講座のようなものもありますので、実務経験を積む上で基本的な知識を補足したいのであれば、これらのスクールを活用するのもよいでしょう 。

仕事にマッチする人物像は?

世の中のトレンドや、それに合わせて変わっていく言葉の響きに敏感な方、半歩先を行く感覚を持てる方がマッチしています。さらに、対象となる商品や企業の魅力を見つけ最善の表現で発信できるスキルや、さまざまな人と積極的にコミュニケーションを取れるスキルを持つ方は、なお向いているといえます。
また、意外と体力勝負な面があるのもこの仕事の特徴です。長時間勤務や複数回に及ぶ修正依頼などが発生することもあるので、これらの負荷にもめげない心身のタフさも必要かもしれません。

テンプスタッフから役立つ研修をご紹介

「広告デザイン」の仕事は、IllustratorやPhotoshopなど画像編集ソフトのほかにInDesignという組版ソフトを使用することがあります。これを使用するうえで活用いただきたいのが、InDesignの基本操作から応用操作を実践的な演習で学べる「Challenge InDesign」です。未経験の方はもちろん、ブランクができてしまった方にも有益な講座となっています。DTPオペレーターとしてのノウハウを、実践的な演習を交えて身に付け、広告デザインの仕事にお役立てください。

広告デザイン・コピーライターのお仕事を探す

おすすめポイント

広告デザインもコピーライターも、目に見えないものを形にして世の中に新しい価値観を提供する魅力的な仕事です。制作の過程では苦労も多いですが、自分の制作した作品が世の中に広まり、そのリアクションをダイレクトに感じた瞬間の感動は何物にも変えられないものです。商品の広告やキャッチコピーなどがヒット作品となったときは、大きな達成感を得られるでしょう。

ピックアップ求人情報

求人例 : <Lunchは社食で!マスコミ大手>Web広告制作サポート
内容 広告入稿、差し替え対応などWEB広告に関する事務アシスタント
職種 広告デザイン業務 / 編集・制作業務 / Web制作業務
給与 時給 1,700円
時間 9:30〜17:30 休憩時間 1:00
勤務地 東京都 港区
求人例 : TVCMでもお馴染み♪玩具総合店のアートディレクター
内容 DMやチラシ、店頭POPやポスター、デジタル広告のアートディレクター
職種 広告デザイン業務
給与 年収 400万円〜500万円
時間 9:00〜18:00 休憩時間 1:00
勤務地 神奈川県 川崎市
求人例 : \人気の化粧品会社で!/経験を活かして広告業務
内容 カタログ、ポスター、パンフレットなど大手コスメメーカーで広告・デザイン業務
職種 広告デザイン業務 / DTPデザイン業務
給与 時給 1,400円〜1,450円
時間 9:00〜17:20 休憩時間 0:45
勤務地 愛知県 名古屋市
求人例 : 正社員が目指せる!化粧品メーカーで販促物の制作業務
内容 販促制作部門にて、各種販促物の制作業務
職種 広告デザイン業務
給与 時給 1,400円〜1,500円
時間 9:00〜18:00 休憩時間 1:00
勤務地 大阪府 大阪市

来社いただくと、あなたの強みを活かせる仕事の探し方を提案します。

正式な仕事紹介には来社登録が必要です。まずはお気軽にご来社ください。

来社予約

職種紹介へ戻る

あなたに合った最新の仕事情報をご紹介!

5分でカンタン

クイックWEB登録

すぐに仕事紹介を受けたい方

来社予約

業績ランキング 年間求人掲載数 オリジナル講座数

  • check業績ランキング
    No.1
  • check年間求人掲載数 
    390,000件
    以上!
  • checkオリジナル講座数
    No.1
TOPに戻る

無料登録

仕事情報提供、キャリア・コンサルティングが受けられる
来社予約はこちら(新しいウィンドウが開きます)

事前入力で登録時間を短縮!
入力はMYページから

仕事へのエントリーが便利!
優待制度で研修が受講できる
クイックWEB登録はこちら(新しいウィンドウが開きます)