Webディレクター

Webディレクター

Webディレクターとは?

「Webディレクター」とはどんな仕事なのか、業務や求められるスキルなどについてまとめました。具体的にイメージしてみましょう。

仕事内容は?

プロジェクトの責任者としてスタッフの取りまとめや進行管理などを担当

「Webディレクター」は、Webサイトやコンテンツの制作において、クライアントの要望を確認し、プログラマーやデザイナーなどの制作スタッフをまとめ、制作物やプロジェクト全体を監督・指揮・管理する仕事です。具体的な業務は、予算やスケジュール進行の管理、コンテンツの品質管理、クライアントと現場スタッフ、あるいは現場と外部スタッフの橋渡しなどがあります。また、制作や更新に関するプランニングやUIなどの仕様策定、コーディング、運用中のWebサイトのアクセス解析や更新作業のディレクションなどが業務に含まれることもあり、就業後は制作の責任者として幅広い業務を担当することになるでしょう。

求められるスキルは?

特定の資格やスキルは不要だが、スケジュール管理やコミュニケーションの能力は必要

特に必要な資格はありませんが、複数のプロジェクトを同時に担当することが多く、円滑にプロジェクトを進めるためのスケジュール管理能力は必須といえます。また、クライアントと制作スタッフの橋渡し役を担う立場上、つつがなく意思疎通できるコミュニケーション力も求められるでしょう。さらにある程度Web制作に関する知識があると、よりスムーズに仕事が進められます。

身に付くスキルやステップアップの道は?

Web制作の知識やスキルはもちろん、スケジュール管理能力やプランニング力も身に付く

Web制作に関するあらゆる知識やプロジェクトリーダーとしてのディレクション能力、スケジュール管理能力、プランニング力などが身に付きます。また、Webサイトのアクセス解析業務では、マーケティングや広告の知識なども得られるでしょう。
Webディレクターは、さまざまなクライアントが相手になるため、就業先の業務内容によっては、特定の分野に特化したスキルを磨けます。将来的にはスペシャリストや、Webプロデューサーへステップアップする道などが考えられます。

未経験からの就業は可能?

未経験OKの募集も多いが、即戦力の実務経験者を求める傾向がある

未経験者可の求人もありますが、多くは即戦力が求められる傾向にあります。Webディレクターの経験がなくても、IT業界での就業経験やWeb制作に関わる実務経験があると有利に働くでしょう。
まったくの未経験であれば、研修制度が充実している会社を選んだり、アシスタントディレクターや進行管理からキャリアをスタートさせて、キャリアアップを目指すのも一つの手です。まずは自分のスキルやキャリアを整理し、どのようなステップで就業するのがベストか考えてみましょう。

Webディレクターのお仕事を探す

Webディレクターの働き方

働き方イメージ

「Webディレクター」求人内容から、給与体系や求人傾向などについてまとめてみました。

時給&年収はどれくらい?

時給は「1,700〜1,800円程度」が相場

スタート時の時給は「1,700〜1,800円程度」(※1)という場合が多く、時給を仮に1,700円とした場合、年収は「359万円程度」(※2)になります。企業規模や業務内容、実務経験や所持スキルの有無によって、初任給が前後する傾向があるため、細かな条件については派遣会社に確認してみることをおすすめします。

※1 実際の求人情報と異なる場合がございます。
※2 1,700円×8時間×22日×12ヶ月勤務を想定し計算。

残業はどれくらいある?

月平均で「20時間前後」。繁忙期には残業が増えるケースも

Webディレクターの残業は、月20時間前後のことが多いようです(※)。ただし残業時間は、企業によってさまざまです。また、期限厳守の仕事であるため「残業なし」という企業は少ない傾向にあります。
残業は繁忙期や急を要する事案が発生した場合などが多く、場合によっては深夜勤務や休日勤務が発生することも。残業時間や繁忙期は担当媒体によっても変わってきますので、事前に確認しておくとよいでしょう。

※実際の求人情報と異なる場合がございます。

仕事の仕方は?

チーム体制でプロジェクトを進めることがほとんど。コミュニケーション力が大切

Webディレクターの仕事では、チーム体制でプロジェクトを進めていくことがほとんどです。複数のプロジェクトを同時に進めている場合は、異なるチームを編成して業務を遂行することも。多くのスタッフを指揮し、円滑な業務を実現するためには、周囲への気配りやコミュニケーションも重要です。

一般的な就業期間は?

長期勤務を前提とする求人が多い

就業時間は「始業が9〜10時、終業が17〜18時」というケースが多く、一般的なワークスタイルと大きな違いはありません。ただし、前述したように状況次第で残業が発生することも少なくないので、プライベートな時間をしっかり確保したいという方は、事前に派遣会社に相談してみましょう。
また就業期間に関しては、長期勤務者を求める場合がほとんどです。Web制作の現場でステップアップを目指す方にとっては最適な就業形態といえるでしょう。

先輩たちの体験談

先輩たちの体験談イメージ

仕事の働きがいや、難しさなどを知るためには、現役で働いている人たちの“生の声”を聞くのが一番。Webディレクターとして働いている先輩たちの声を一部ご紹介しましょう。

仕事の醍醐味は?

「自分が企画から制作まで、すべてに携わったWebサイトやコンテンツがローンチされてユーザーから大きな反響があったときに達成感を感じます。苦労も多いですが、世界中の人に見てもらえるかもしれないと思うと、モチベーションが上がって頑張れます」

「Webサイトやコンテンツの制作全般に携われるのはもちろん、案件によっては広報やPRの仕事や広告出稿などにも携わることができます。制作の仕事は、まったく同じものを作ることがない仕事なので、毎日が刺激的です」

仕事の厳しさ

「Webサイトをゼロから立ち上げ、完成するまでの間には、予期せぬさまざまなトラブルが発生してしまいます。ディレクターとして、それらを冷静かつ迅速にリカバリーしなくてはならないのですが、状況判断などが難しい場面もあります」

「ディレクターは陣頭指揮をとる役割なので、自分が適切な判断を素早く下せないと仕事が遅延してしまいます。仕事を始めたばかりのころは、スムーズなディレクションができず、周囲に迷惑をかけてしまいました。社内外の制作に関わるスタッフと信頼関係を構築することも大切なので、日々さまざまなことに気を配っています」

前職の内容

「以前はWebデザイナーのアシスタントとしてサイトやコンテンツの制作に関わっていたのですが、より幅広いWeb制作のノウハウを学びたいと思いWebディレクターに転職しました。アシスタント時代に習得した制作の知識は、Webディレクターとしても役立っています」

担当者の声

担当者の声

担当者から、求められるスキルや、仕事におけるヒントをご紹介します。

求められるスキルは?

Webディレクターは、クライアントの要望と、デザイナー、ライター、コーダー、プログラマーなどの制作スタッフをまとめ、プロジェクト全体の進行と品質管理を担保することを求められるため、クライアントとの折衝力や制作担当への指揮・監督能力などのスキルが大切です。また、よりよい制作物をつくるためには、クライアントへデザインやサイトの機能・技術の提案まで行う必要もあり、Web制作に関する総合的な知識も持ち合わせている必要があります。

持っているとオススメの資格・業務経験はコレ!

特別な資格は必要ないものの、Webサイトの制作工程を熟知していると有利なので、サイトやコンテンツ制作・Webデザインの実務経験はプラスになります。グラフィックデザイナーとしてのキャリアがある方は、デザインの基礎知識を活かした提案で活躍できるはずです。また、サイト制作にはWebマーケティングの知識も必要です。マーケティング出身の方はもちろん、広告代理店の営業経験者なども、その経験を活かせるでしょう。

仕事にマッチする人物像は?

即戦力が求められることもあり、IT業界で実績のある方や、制作工程を熟知している方がマッチします。また、クライアントと社内外のスタッフの橋渡し役として活躍することになるため、クライアントの要望を正確に聞き出したり、制作サイドの要望をしっかりと伝えられるコミュニケーション能力や交渉能力を持った方も向いています。

テンプスタッフから役立つ研修をご紹介

スケジュール管理や連絡伝達、提案資料の作成など、さまざまなシーンでパソコンを使用します。パソコン操作に不安のある方や、スキルアップを目指す方は、ExcelやWordを中心に機能の理解や応用力を身に付けられる「OAスキルアップ」の受講をご検討ください。
また円滑な業務進行のためコミュニケーションやビジネスマナーのスキルを磨きたいという方には「ビジネススキルアップ」がおすすめです。そのほかにも、テンプスタッフでは確実にスキルアップできるさまざまなプログラムをご用意していますので、ご自身の目的に合わせて、最適な講座を選んでください。

Webディレクターのお仕事を探す

おすすめポイント

ユーザーの心を惹きつける魅力的なWebサイトやコンテンツを制作する仕事で、20〜30代を中心に人気の職種です。クライアントの要望をヒアリングしながら、方向性やデザイン、コンテンツの内容などを考えて形にしていく作業は、クリエイティブな仕事をしたい方や、世の中にあたらしい価値観を提供したい方などに向いているといえます。
制作物ができあがったとき、クライアントの要望通りのものが表現できたとき、ユーザーのリアクションがよかったときなどに、大きな達成感と充実感を得られる点も魅力的です。

ピックアップ求人情報

求人例 : 高時給★正社員を目指せる!顧客向けWebページのディレクション
内容 大手食品メーカーの特設ページのディレクション
職種 Web制作業務
給与 時給 2,100円
時間 9:00〜18:00 休憩時間 1:00
勤務地 東京都 千代田区
求人例 : 有名大手!広告代理店グループ会社にて制作ディレクション
内容 広告代理店グループ会社にて制作ディレクション
職種 Web制作業務
給与 時給 2,000円
時間 10:00〜18:00 休憩時間 1:00
勤務地 東京都 港区
求人例 : 有名大手企業で働く!大規模サイトのディレクション
内容 広告代理店グループ会社にて制作ディレクション
職種 Web制作業務
給与 時給 1,600円
時間 9:00〜18:00 休憩時間 1:00
勤務地 大阪府 大阪市

来社いただくと、あなたの強みを活かせる仕事の探し方を提案します。

正式な仕事紹介には来社登録が必要です。まずはお気軽にご来社ください。

来社予約

職種紹介へ戻る

あなたに合った最新の仕事情報をご紹介!

5分でカンタン

クイックWEB登録

すぐに仕事紹介を受けたい方

来社予約

業績ランキング 年間求人掲載数 オリジナル講座数

  • check業績ランキング
    No.1
  • check年間求人掲載数 
    390,000件
    以上!
  • checkオリジナル講座数
    No.1
TOPに戻る

無料登録

仕事情報提供、キャリア・コンサルティングが受けられる
来社予約はこちら(新しいウィンドウが開きます)

事前入力で登録時間を短縮!
入力はMYページから

仕事へのエントリーが便利!
優待制度で研修が受講できる
クイックWEB登録はこちら(新しいウィンドウが開きます)