DTPデザイン・オペレーター

DTPデザイン・オペレーター

DTPデザイン・オペレーターとは?

「DTPデザイン・オペレーター」とはどんな仕事なのか、業務内容や求められるスキルなどについてまとめました。具体的にイメージしてみましょう。

仕事内容は?

デザイナーはデザインの作成、オペレーターはデータの修正や加工を担当

DTPデザイナーやオペレーターは、専用のソフトウェアを使って出版物や広告物のデザイン、レイアウトから入稿用データまで作成する仕事です。扱う媒体は、雑誌や書籍、フリーペーパー、会報誌、ポスター、広告など多岐にわたります。
職種としては、一般的にテキストや写真、イラストなどのデザインやレイアウトを考え形にする「DTPデザイナー」と、デザイナーが作成したデータをベースに、実際の画像やテキストを取り込んで修正や加工を行う「DTPオペレーター」に分けられます。DTPデザイナーはデザインの美しさや機能性などの追及、DTPオペレーターは誌面の正確性の追及と、少々役割は異なりますが、いずれも出版物の制作には欠かせない存在です。
企業の規模を問わず短期間での制作や急な対応を要する案件もあるため、クライアントの意向に沿った提案や正確な作業はもちろん、スピード感やスケジュールの遵守なども求められる傾向にあります。またクライアントや担当する案件によっては、デザインや構成の企画提案からオペレーション、予算管理にいたるまで、制作業務全般に携わることもあります。

求められるスキルは?

特定の資格は不要。デザイナーはセンス、オペレーターは正確性がカギ

DTPデザイナーやDTPオペレーターとして働くために、必要な資格はありません。ただし、実務経験や出版・広告物に関する基礎知識があるとベターです。また現在デザインやレイアウト業務で使用されているのがInDesign、Illustrator、Photoshopといった制作ソフトなので、これらのソフトウェアの使用経験や知識がある方は、積極的にアピールしましょう。
なお必須ではありませんが、DTPに関する資格に、主に実務上必要なパソコン・ソフトの知識が試される「DTP検定」や、デザインから製版までの専門的な知識が試される「DTPエキスパート」があります。自分の実力を試したい、採用時のアピールやステップアップの武器にしたいという方は、受験をおすすめします。
またDTP業務では、短納期や、お客さまの要望に応えるためデザインを複数提案するなど、業務量が多い案件もあります。そのため、作業スピードや正確性、さらにスケジュール管理能力が要求されることもあります。さらに、デザインやレイアウトを考えるDTPデザイナーにはセンス、デザイナーや編集者からの修正指示を受けてから作業を行うDTPオペレーターは、作業スピードや正確性を求められるでしょう。

身に付くスキルやステップアップの道は?

制作ソフトの使用スキル、印刷物に関する知識が身に付く

業務で使用するDTP関連ソフトのスキルを身に付けられます。また実務経験を重ねていくうちに、基本的な印刷知識や制作フローを覚えたり、より高度なデザイン制作ができるようになったりと、自身の成長を肌で感じることができます。
ステップアップに関しては、デザインを学んでDTPオペレーターからDTPデザイナーになるパターンや、ディレクション力を身に付けてディレクターへ転身するパターンが主流のようです。中には、フリーランスで活躍したり、イラストレーターになる場合もあります。

未経験からの就業は可能?

未経験からのスタートも可能だが、即戦力へのニーズが高め

未経験可という求人も少なくありませんが、仕事量の多さや、小規模な個人事務所であることを理由に即戦力を求めている傾向が強いようです。また、業界未経験者可の求人であっても、基本的なパソコン・制作ソフト使用スキルを必須としている場合も。不安のある方は、通信講座などでスキルの習得をしておくとよいでしょう。

DTPデザイン・オペレーターのお仕事を探す

DTPデザイン・オペレーターの働き方

働き方イメージ

「DTPデザイン・オペレーター」求人内容から、給与体系や求人傾向などについてまとめてみました。

時給&年収はどれくらい?

時給は「1,500〜1,600円前後」が多め

求人内容にもよりますが、スタート時の時給は「1,500〜1,600円前後」(※1)、が多めです。時給を仮に1,500円とした場合、年収は「317万円程度」(※2)になります。実務経験の有無によって初任給は前後する傾向にあるようです。

※1. 実際の求人情報と異なる場合がございます。
※2. 1,500円×8時間×22日×12ヶ月勤務を想定し計算。

残業はどれくらいある?

月平均で「10〜20時間程度」(※)。繁忙期には残業が続くことも

勤務先の就業規則などによって残業の有無が変わるため、一口にこのくらいとは言えないのがDTPデザイン・オペレーターの残業時間。納期厳守が求められるため、繁忙期には残業が増えてしまう場合もあります。ただし、シフト勤務としている場合も多いので、派遣会社の営業担当やコーディネーターに確認するのがよいでしょう。

※実際の求人情報と異なる場合がございます。

仕事の仕方は?

チームを組んで進行することが多い。一人で一冊丸々担当することも

基本はチームを組んでの実務になります。最初は上司や先輩の指示のもと、担当媒体を割り振られることが多いでしょう。慣れてきた頃には、複数の案件を同時に進行したり、一人で一冊を担当したりという形に移行します。
また、DTPオペレーターの場合は在宅勤務が可能な仕事もあります。自宅に作業ができる環境が必要ですが、「子どもがまだ小さくて、長時間目を離せない」「家事をしながらマイペースで働きたい」という方にとっては、魅力的な選択肢です。

先輩たちの体験談

先輩たちの体験談イメージ

仕事の働きがいや、難しさなどを知るためには、現役で働いている人たちの“生の声”を聞くのが一番。DTPデザイン・オペレーターとして働いている方の声を一部ご紹介しましょう。

仕事の醍醐味は?

「この仕事の醍醐味は、やはり自分の制作したものを不特定多数の人に見てもらえることや、読者に評価してもらえたときの充実感・満足感にあると思います。制作物へのリアクションは、かなりダイレクトに伝わるので、プレッシャーもありますが、それ以上にたくさんの刺激があります」

「編集者、ライター、デザイナー、プランナー、ディレクター、校正者、営業担当者、印刷会社など、一つの印刷物を作りあげるために、想像以上の人が関わっていることを知りました。個人プレーのようで、実はチームプレー。多くの人の努力の結晶として作品が世に出たときの感動を、体験できるのは、この仕事ならではだと思います」

仕事の厳しさ

「締め切り厳守の仕事なので、納期が近い、制作期間が短いといった案件を担当している場合は、残業が続くことも少なくありません。一日中パソコンと向き合い続けることになるので、繁忙期には、肉体的・精神的に辛いことも。制作物が校了すれば、達成感や充実感に満たされるのですが…」

「自信のあるデザインができたと思っても、上司やクライアントの要求するレベルに至らずボツになってしまったときは、さすがに落ち込みます。クリエイティブが求められるのと同時に、スピード感も必要とされるので、質とスピードを両立させられるようになるまでは、かなりの時間がかかりそうです」

前職の情報

「経験を活かせるからか、編集者、校正者、ライター、デザイナーなどの出版業界や広告業界出身の方が多い印象を受けます」

「異業種から飛び込んでくる方も多いようです。どうしても制作に関わる仕事がしたいという夢を叶えるため、将来的にデザイナーとして独立するためのファーストステップとしてなど、理由はさまざまですが、どの方もクリエイティブな仕事の一端を担えることに強い充実感を覚えています」

担当者の声

担当者の声

担当者から、求められるスキルや、仕事におけるヒントをご紹介します。

求められるスキルは?

資格は必須ではありませんが、実務経験が求められることが多いです。またチラシや広告、販促ツールなどの単ページものに関してはIllustrator/Photoshop、雑誌や書籍などのページものに関してはInDesignの操作が可能であることを求められることが多いです。
またスキルとしては、印刷に関する知識(CMYK、トンボなど)、複数名で協力し作業を正確に行うためのコミュニケーション能力、印刷工程の理解力、他の人が修正しやすいデータを作るための機能に対する理解力、などが求められます。
場合によっては、指示通りに行うオペレーションだけではなく+レイアウトデザインの力も求められます。

必要な資格・業務経験はコレ!

DTPオペレーターは実務経験が最も重視される傾向にありますが、下記の資格を持っていると仕事の幅が広がりやすくなります。
・DTPエキスパート
・色彩検定
・アドビ認定アソシエイト
またDTPオペレーターは後工程になるため、印刷会社、製版会社、制作会社での経験があると有利なことがあります。

仕事にマッチする人物像は?

PC作業が多いことと、制作物の確認作業も行いますので、コツコツ仕事を進めるのが好きな方に向いていると思います。

テンプスタッフから役立つ研修をご紹介

DTPデザイン・オペレーターの仕事は、アドビシステムズ社 の『InDesign』や『Illustrator』という専用のソフトウェアを使用しての作業が基本です。実作業では、デザイナーや編集者の細かなオーダーに応えたり、複雑な図版を作成したりするため、これらを一通り使いこなせる状態での就業が望ましいです。そこで活用いただきたいのが、『InDesign』の基本操作・応用操作から実践的な演習までを3日間で学べる『Challenge InDesign』という講座。未経験の方はもちろん、ブランクがある方にも有効な講座ですので、ぜひご活用ください。

DTPデザイン・オペレーターのお仕事を探す

おすすめポイント

紙の制作物だけでなくWEB制作をすることもあるので、WEBに関する知識が身に付くこともあります。そのため、業務の幅も広がります。

ピックアップ求人情報

求人例 : 高時給★大手企業でDTP業務&制作編集のオシゴト
内容 自社パンフレット・折込広告などの編集進行管理、DTP制作
職種 DTPデザイン業務 / 編集・制作業務
給与 時給 1,700円〜1,750円
時間 9:30〜18:30 休憩時間 1:00
勤務地 東京都 新宿区
求人例 : 制作経験を生かそう!人気のブライダル企業で店舗向けツールのデータ作成
内容 各店舗で利用する顧客向けブライダル関連ツールの作成
職種 DTPデザイン業務
給与 時給 1,500円
時間 10:00〜18:30 休憩時間 1:00
勤務地 神奈川県 横浜市
求人例 : 残業ほぼなし!未経験もOK・DTPデザイン業務
内容 カタログ、ポスター、チラシなどの修正・変更、制作業務
職種 DTPデザイン業務
給与 時給 1,400円
時間 9:00〜17:30 休憩時間 1:15
勤務地 愛知県 名古屋市
求人例 : 正社員を目指せる!パッケージデザインの仕事
内容 住宅の照明プラン受付・作成やチェック業務  
職種 DTPデザイン業務
給与 時給 1,400円〜1,500円
時間 8:45〜17:45 休憩時間 1:00
勤務地 大阪府 大阪市

来社いただくと、あなたの強みを活かせる仕事の探し方を提案します。

正式な仕事紹介には来社登録が必要です。まずはお気軽にご来社ください。

来社予約

職種紹介へ戻る

あなたに合った最新の仕事情報をご紹介!

5分でカンタン

クイックWEB登録

すぐに仕事紹介を受けたい方

来社予約

業績ランキング 年間求人掲載数 オリジナル講座数

  • check業績ランキング
    No.1
  • check年間求人掲載数 
    390,000件
    以上!
  • checkオリジナル講座数
    No.1
TOPに戻る

無料登録

仕事情報提供、キャリア・コンサルティングが受けられる
来社予約はこちら(新しいウィンドウが開きます)

事前入力で登録時間を短縮!
入力はMYページから

仕事へのエントリーが便利!
優待制度で研修が受講できる
クイックWEB登録はこちら(新しいウィンドウが開きます)