CADオペレーター

CADオペレーター

CADオペレーターとは?

「CADオペレーター」とはどんな仕事なのか、業務や求められるスキルなどについてまとめました。具体的にイメージしてみましょう。

仕事内容は?

ものづくりの業界で、専用ソフトを使って図面を作成

設計士やデザイナーが作成した設計図を元に、「CAD(Computer Aided Design)」と呼ばれる専用ソフトを使って、図面や完成予想図を作成する仕事です。製図に加えて、すでに作成された図面データの修正・加工を行うこともあり、最終納品物を作るためにさまざまなリクエストに対応します。
また、CADには平面図の2Dと立体図の3Dがあり、近年は3D設計の需要も高まってきています。CADは、建築、電機・空調設備、自動車部品、住宅設備などの業界や、各種メーカーの設計部門、アパレル会社のデザイン部門など、多くのものづくりに関わる現場で導入されており、働く場所の選択肢が広いという点も魅力です。

求められるスキルは?

CADソフトの使用経験は必須

CADオペレーターとして働くために必須の資格はありません。しかしCAD関連の専用ソフトを操作する必要があるため、使用経験は必須といえます。場合によっては、近年ニーズが高い3D設計の経験などが求められることもあります。
また、正確な情報を図面に落とし込む慎重さや丁寧さ、責任感も重要視されます。さらにデスクワークが中心の仕事であるものの、現場の責任者など多くの人たちと一緒に業務を進めていくため、基本的なビジネスマナーやコミュニケーション能力もあるとよいでしょう。

身に付くスキルやステップアップの道は?

CADソフトのスキルが身に付く

業務で使用するCAD関連ソフトの操作スキルや、図面製作の知識が身に付きます。業界や職場によって使用するソフトは異なりますが、CADの基礎操作をマスターすれば、他のCADソフトにも応用できるため、オペレーターとしてのスキルは確実にアップするといえます。
ステップアップに関しては、オペレーターとして経験を積んで、より高い専門スキルを持つ“職人”オペレーターとして活躍するケースや、上流の設計者の道へ進むケースがあるようです。将来的に仕事の幅を広げるために、2D CADのオペレーターとして働きながら3D CADの知識を増やしていくことも可能です。 CADオペレーターは、技術者として非常に需要が高い仕事です。現場経験を積むことで、より大きなプロジェクトに関わるチャンスも増えてきます。

未経験からの就業は可能?

未経験者はCADの知識があることが最低条件

未経験OKの仕事もありますが、CADソフトの操作ができることが条件の場合が多いです。作業を進めていく上では、正確性とスピードが求められるため、就業前に通信講座やスクールなどで、基本的な技術を習得しておくことをおすすめします。また、CAD以外にも各分野の専門的な知識を求められる場合もあるので、就業前に業界知識なども勉強しておくようにしましょう。

CADオペレーターのお仕事を探す

CADオペレーターの働き方

働き方イメージ

「CADオペレーター」求人内容から、給与体系や求人傾向などについてまとめてみました。

時給&年収はどれくらい?

時給は「1,500〜1,600円程度」が相場

地域や実務経験の有無、求人内容によって相違はありますが、スタート時の時給は「1,500〜1,600円程度」(※1)が相場です。時給を仮に1,500円とした場合、年収は「316万円程度」(※2)になります。また、実務経験者は、スタート時の時給が優遇される場合がありますので、給与体系に希望がある場合は、事前に派遣会社に確認しておきましょう。

※実際の求人情報と異なる場合がございます。
※2 1,500円×8時間×22日×12ヶ月勤務を想定し計算。

残業はどれくらいある?

月平均で「20時間前後」

勤務先の就業規則などによって残業の有無は変わりますが、平均すると月20時間前後(※)であることが多いです。CADによる図面の作成作業は複雑で時間がかかるものもあり、仕事量などによっては、想定よりも残業が増えてしまう可能性もあります。しかし、中には残業が少なめな会社や、シフト制を採用している会社もあるので、働く時間について希望がある方は、事前に派遣会社に確認することをおすすめします。

※実際の求人情報と異なる場合がございます。

仕事の仕方は?

基本はチーム体制、職場によっては個人体制の場合もあり

設計者や同じCADオペレーターたちとチームを組み、図面を作成していくことが多いですが、職場によっては一人で業務を行う場合もあります。また、在宅勤務が可能な仕事もあります。「子育てをしながら働きたい」「時短勤務でプライベートと仕事を両立したい」という方は、リモートワークとしての選択肢も視野に入れて相談してみてはいかがでしょうか。

一般的な就業期間は?

長期採用が多く、シフト制の企業もある

長期間の就業を前提としている求人が多い傾向にあります。これは、CADオペレーターがさまざまな業界で求められている仕事であり、企業側にとっては優秀な人材をしっかりと確保したいためです。
また就業時間に関しては、一般的な就業スタイルに近く、9時前後〜18・19時ごろの時間が多いようです。一部ではシフト制を採用している会社や、在宅勤務が可能な会社もあります。CADオペレーターの求人数は、時期を問わず比較的多い傾向にあるので、自分のライフスタイルに合った求人をじっくり探してみましょう。

先輩たちの体験談

先輩たちの体験談イメージ

仕事の働きがいや、難しさなどを知るためには、現役で働いている人たちの“生の声”を聞くのが一番。CADオペレーターとして働いている先輩たちの声を一部ご紹介しましょう。

仕事の醍醐味は?

「自分が図面を描いた部品を使って作った製品が完成し、それを手にしたときは達成感を感じます。関わった仕事が何らかの形として残ることもモチベーションのひとつです。また、CADオペレーターを求める業界は想像以上に多く、一度スキルを身に付けておけば、転職先を見つけやすくなります」

「CADオペレーターは専門的な知識や技術が必要で、奥が深い仕事です。先輩が作った素晴らしい図面を見ると、自分はまだまだと思ってしまいますが、ひとつ仕事を終えるたびに、自分の成長を感じられるので、高い意欲で仕事を続けられています」

仕事の厳しさ

「細かい作業が多いため、常に緊張感をもって仕事をしなければいけません。仕事が立て込む繁忙期は、どうしても残業が増えてしまうので、体力的にも辛くなってしまいます。とはいえ、やり終えた際にはとても達成感があります。仕事の区切りがついたら心身をしっかり休めて、次の仕事に備えています」

前職の内容

「前職は販売員をしていました。もともとインテリアデザイン系の専門学校でCADを習っていたので、そのスキルを活かせる仕事をしたいと思い転職を決意。ブランクが心配でしたが、先輩にも教えていただきながらスムーズに仕事をはじめることができて一安心した記憶があります」

「建築会社の事務として働いていた前職時にCADに興味を持ちました。結婚を機に退職してCADソフトの使い方をスクールで学びました。現在は別の建築系の会社に勤めて事務兼CADオペレーターとして働いています。手に職が付いたことで、以前よりも任される業務が増えて、仕事に楽しさを感じられるようになりました」

担当者の声

担当者の声

担当者から、求められるスキルや、仕事におけるヒントをご紹介します。

求められるスキルは?

カギとなるのはCADの実務経験です。実務経験者は優遇される傾向にあり、実務経験がない場合はスクールなどでCADを学んだ経験があれば、就業のチャンスが広がります。また、建築意匠設計のCADオペレーターは少し特殊で、必須ではないものの建築士資格があると就業しやすくなります。
CAD以外ではOAスキルも重要です。ExcelとWordの使用経験は必須で、近年はPowerPointでの提案資料作成経験や、Illustrator、Photoshopなどの画像処理ソフトを使える方が歓迎されることも。また、長時間パソコンに向き合う仕事ですが、営業担当者や指揮命令者とのコミュニケーションも重要。社会人としてのビジネスマナーやコミュニケーション力も必要です。

持っているとオススメの資格・業務経験はコレ!

CADオペレーターの求人は、建築、土木業界に多いため、必須ではないものの、『建築士(一級、二級)』や『土木施工管理技士』などの技術系をお持ちだと、優位に働く可能性があります。また、CADの実務経験はもちろんですが、それぞれの業界で働いた経験も貴重になりますので、積極的にアピールしてみてはいかがでしょうか。

仕事にマッチする人物像は?

基本的にオフィスでのパソコン作業が中心なので、コツコツ仕事をすることや、デスクワークが好きな方に向いている仕事といえます。
数は少ないものの現場に出る機会がある会社も存在するので、『社外に出る仕事がしたい』という方は、希望に合った派遣先を探してみるとよいでしょう。また職場によっては、CAD以外の業務(入力、書類作成、電話対応等)が業務に含まれるケースもあります。CAD以外にいろいろな業務経験を積みたいと考えている方は、事務サポートと兼任の職場を選ぶとよいでしょう。このようにCADオペレーターは、さまざまなワークスタイルが選べる仕事です。求人数も多いので、ご自分の理想に合った求人を見つけてみてください。

テンプスタッフから役立つ研修をご紹介

CADオペレーターの仕事は、専用ソフトであるCADの実務経験か、スクールなどでCADを勉強した経験が求められることがほとんどです。操作に自信のない方や応用力を身に付けたい方は、『CAD・DTPデザイン系専門職スキルアップ』のご利用をご検討してみてはいかがでしょうか。同サービスでは、Challenge AutoCADをはじめとしたCADオペレーター向けの無料研修制度が利用できます。実務未経験の方から、ブランクのある方まで、いろいろな方に向けた研修がありますので、ぜひ積極的にご参加ください。

CADオペレーターのお仕事を探す


おすすめポイント

CADオペレーターは、高い専門性を持った仕事であるため、スキルを向上させていけば自然と業務の幅が広がり、就業先ではさまざまな案件に関われるようになります。ステップアップを目指す方には、最適な仕事のひとつです。また、CADオペレーターはさまざまな業界からニーズがある職種であることもポイント。多くの経験を積めば、転職時にも有利となるでしょう。

ピックアップ求人情報

求人例 : 建築未経験でもOK!大手設計事務所のCADオペレーター
内容 AutoCADなどで都市計画に関する図面・協議用資料作成
職種 CAD操作業務(建築・土木系)
給与 時給 1,600円〜1,640円
時間 9:10〜18:10 休憩時間 1:00
勤務地 東京都 新宿区
求人例 : OJTもしっかりで安心!レイアウトデザインのお仕事
内容 建物全体の間取りなどのデザインを伝えるための意匠図面の作成
職種 CAD操作業務
給与 時給 1,100円〜1,200円
時間 9:15〜17:45 休憩時間 1:00
勤務地 神奈川県 横浜市
求人例 : 車通勤OK☆大手電機メーカーでの図面修正・加工メイン
内容 図面の修正・加工、仕様書の加工、修正など
職種 CAD操作業務
給与 時給 1,400円
時間 8:30〜17:00 休憩時間 0:45
勤務地 愛知県 名古屋市
求人例 : 高時給&残業時間相談可!不動産管理会社でCADオペレーター
内容 不動産管理会社での建築系CADオペレーター業務
職種 CAD操作業務
給与 時給 1,500円〜1,700円
時間 9:00〜18:00 休憩時間 1:00
勤務地 大阪府 吹田市

来社いただくと、あなたの強みを活かせる仕事の探し方を提案します。

正式な仕事紹介には来社登録が必要です。まずはお気軽にご来社ください。

来社予約

職種紹介へ戻る

あなたに合った最新の仕事情報をご紹介!

5分でカンタン

クイックWEB登録

すぐに仕事紹介を受けたい方

来社予約

業績ランキング 年間求人掲載数 オリジナル講座数

  • check業績ランキング
    No.1
  • check年間求人掲載数 
    390,000件
    以上!
  • checkオリジナル講座数
    No.1
TOPに戻る

無料登録

仕事情報提供、キャリア・コンサルティングが受けられる
来社予約はこちら(新しいウィンドウが開きます)

事前入力で登録時間を短縮!
入力はMYページから

仕事へのエントリーが便利!
優待制度で研修が受講できる
クイックWEB登録はこちら(新しいウィンドウが開きます)