ページの先頭です
ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

ニュースリリース

2014年5月26日
テンプスタッフ株式会社
広報室

ICC国際交流委員会 グローバル人材育成
「アジア・インターンシッププログラム」 開始
〜成長続くシンガポール・ベトナムで就業体験を〜

総合人材サービスのテンプグループで、留学支援事業を手掛ける株式会社テンプ総合研究所(称号:ICC国際交流委員会、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:曽根靖雄)では、2014年6月より、アジア(シンガポール・ベトナム)にてアジア・インターンシッププログラムを開始致します。

成長続く東南アジアで就業体験

成長続く東南アジアにおいて、アジアのハブとして機能するシンガポールには、日系はもちろん外資系企業のアジアヘッドオフィスも多く、また成長目覚しいベトナムでは、日系企業の進出が7年前と比較し2倍以上(※1)となるなど、急速な成長が続いています。それに伴い、弊社では、2012年ごろから大学生を中心に「将来、新興国で働きたい」「アジアの活気ある雰囲気の中で就業体験したい」など、アジアの企業や団体でのインターンシップに関する問い合わせが昨年比3割増となっています。そこで弊社では、同ニーズに対応するため、これまでのアメリカ・オーストラリア・カナダに加え、2014年7月より、アジア(シンガポール・ベトナム)にて海外インターンシッププログラムを開始(※2)致します。

充実の研修先と安心のサポート

シンガポールでの研修先はアプリ開発、貿易、マーケティング、サービス系など幅広く、英語の使用頻度が80〜90%と高いため、英語を活かし、かつ活気あふれるアジアのビジネスシーンを体感できます。一方、ベトナムの研修先は日系企業を中心に、Web開発会社や広告、製造などで、英語の使用頻度が低く、英語力に自信がなくてもチャレンジすることが可能です。両地域共に、日本語を話せる現地スタッフがサポートするので、安心して研修にご参加いただけます。また、英文履歴書やカバーレター作成から、研修先の選定、面談の設定、オフィス英語やビジネスマナー研修など、カウンセリングからマッチング、そして出発前アドバイスまでしっかりとサポートします。
弊社では、今後もさまざまなプログラムを通じて、グローバル人材の育成を支援致します。

  • (※1)日本貿易振興機構より 1,299社(2014年4月)
  • (※2)一部企業へのインターン派遣は2013年8月から開始
「アジア・インターンシッププログラム」 概要
対象 大学生・大学院生および若手社会人
研修先 シンガポール:貿易・IT・マーケティング・サービス・NPOなど(TOEIC750程度中心)
ベトナム:製造・IT・日系出版社など(TOEIC600程度中心) ※研修先は適正チェック後、面談を経て決定
期間・費用 2014年8月出発4週間 シンガポール約42万円・ベトナム約28万円 (渡航費別)
流れ STEP1 ・無料カウンセリングご予約・ご希望や可能性、プログラム詳細などをコンサルティング
STEP2 ・適性チェックの実施(1.英会話力 2.ビジョンやバッググラウンド 3.やる気や心構え)
STEP3 ・英文履歴書、カバーレターの作成、ICC申込書の提出
STEP4 ・参加申込証拠金(預かり金)を指定口座へご入金
STEP5 ・研修先打診開始 → 研修先との面談(Skype) → 研修先決定
STEP6 ・インターンシップ準備講座を受講 オフィスで使われる英語やマナーをレクチャー
STEP7 ・出発前オリエンテーションを実施(渡航前に準備するものや空港での注意点など)
STEP8 ・現地到着 → 到着オリエンテーションを実施(現地生活やインターンでの心構えなど)
STEP9 ・研修終了 → 帰国
【報道関係者各位のお問い合わせ先】
テンプホールディングス(株)/テンプスタッフ(株)広報室
TEL:03-6385-6829 / FAX:03-6385-6107

ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。発表日以降に変更となる場合もあります。
あらかじめご了承ください。

ここからカテゴリ内の共通メニューです

テンプスタッフのママ支援(新しいウィンドウが開きます)
社会貢献活動 スカラシップ制度
オリジナルキャラクター テンプりん。&ミルりん。の紹介
篠原の創業ストーリー わたしの生きる道