ページの先頭です
ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

ニュースリリース

2013年2月27日
テンプスタッフ株式会社
広報室

ICC国際交流委員会 円安も追い風に
「インターンシップ・イン・ジャパン」サービス開始
外国人の日本でのインターンシップを支援
〜日本文化・歴史・ビジネスに興味のある外国人対象・受け入れ企業募集中〜

総合人材サービスのテンプグループで、留学支援事業を手掛けるICC国際交流委員会(名称:株式会社テンプ総合研究所、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:曽根靖雄)は、日本文化・歴史・日本式ビジネスに興味のある外国人を対象に、日本でのインターンシップをアレンジ・サポートする「インターンシップ・イン・ジャパン」を開始致します。

■欧米人に根強い日本人気と高まるグローバル人材ニーズ
  欧米諸国において、アニメやファッション、サービス、建築など日本の歴史・文化や日系メーカー・サービス業の日本式ビジネスモデルに興味を持つ外国人は多く、来日外国人数は震災前の水準まで回復しています(※1)。また一方、外国での就業経験を持つグローバル人材ニーズは特に先進国で高まっており、中でも、治安がよく暮らしやすい日本でのインターンシップに興味を持つ外国人数は、2011・2012年比で2倍以上に増加しています(※2)。
■幅広い企業・団体から希望者に合ったインターン先をアレンジ
  そこで弊社では、日本の文化・歴史・日本式ビジネスに興味を持つ外国人を対象とした日本でのインターンシッププログラム「インターンシップ・イン・ンジャパン」を開始致します。当プログラムは、一日や一週間など短期間で見学や企画体験を行う日本型のインターンシップではなく、即戦力として長期間、企業や団体で就業経験を積むアメリカ型のインターンシップスタイルとなります。インターンシップ先は、希望者の要望や受け入れ企業・団体の要望や風土をもとに、アレンジを行います。これまで弊社では、日本人を対象に、米英にて現地の企業に4,000名を超えるインターンシップマッチング実績を有しており、今回はそのノウハウを用いて、外国人向けのサービスを提供します。受け入れ企業として、IT企業を中心に現在約50社の登録があるほか、希望者の多様なニーズに対応するため、さらに50社程度を募集します(業種は、貿易・金融・サービス・ファッション、デザイン、建築、教育・公的機関など)。
■企業は外国人受け入れで新たな発見が
  受け入れ企業は、すでに外国人社員や外国との取引部署があるグローバル企業から、海外進出に向け外国人の価値観やビジネススタイルを知りたい国内企業まで幅広く、英語対応レベルもさまざまです。受け入れ企業にとっては、外国人インターンシップ生を通して、新たな発見や発想から生まれるビジネスへの貢献が期待できるほか、多様な価値観や働き方に触れることで、多様性やグローバル化への対応にもつながります。なお、受け入れは無償・無給で、ビザ代の負担などもないため、コスト面を気にせず、海外進出や外国人受け入れの準備が可能です。

弊社では今後もこのたびの「インターンシップ・イン・ジャパン」をはじめ、小学生から社会人まで幅広い年代を対象に、海外留学や海外インターンを通じてグローバルに活躍する人材を支援致します。

(※1)日本政府観光局「国・地域別/目的別訪日外客数」2011年2月679,393名/2012年9月658,011名

(※2)弊社調べ(「インターンシップ・イン・ジャパン」、トライアル期間問い合わせ数)


「インターンシップ・イン・ジャパン」概要
対象者 海外在住/日本在住の外国人(20歳以上)
※学生・社会人いずれも受け入れ可能
期間 4週から最大6ヶ月まで ※国籍により滞在できる期間が異なるため期間に幅があります
インターンシップ先 貿易・金融・サービス・教育・公的機関など(※受け入れ企業募集中)
語学レベル 英語のみ使用の方から日本語でのコミュニケーションが可能な方まで幅広く対応
詳細 http://www.japaninternships.com/

【報道関係者各位のお問い合わせ先】
テンプホールディングス(株)/テンプスタッフ(株) 広報室
TEL:03-6385-6829/ FAX:03-6385-6107
ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。発表日以降に変更となる場合もあります。
あらかじめご了承ください。

ここからカテゴリ内の共通メニューです

テンプスタッフのママ支援(新しいウィンドウが開きます)
社会貢献活動 スカラシップ制度
オリジナルキャラクター テンプりん。&ミルりん。の紹介
篠原の創業ストーリー わたしの生きる道