ページの先頭です
ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

スカラシップコラム

Vol.7 フィールドワークについて

今回はフィールドワークについてご紹介します。

フィールドワークとは参加者の興味に合った分野で情報収集、現地での視察、職場実習などを通して、将来のビジョンを達成するために参加者が主体的に取り組む活動です。
渡航前(2016年3月〜5月予定)の国内事前研修や宿題にて、「行動計画書」を作成し、ご自身で具体的な目標(=ミッション)を設定します。
「行動計画書」では、現地で訪問したい会社や組織、イベントなど、コーディネーターのアドバイスのもと、日程などを調整しながら具体的なプランを立てます。
また現地で密度の濃い研修を実現させるために、派遣国の事情や市場などの調査および、他の海外諸国に関しても情報収集し、グローバルな視点で知識や感性を磨きます。

現地では、渡航前のリサーチをもとに現場視察や会社訪問、職場体験を行います。また、フィールドワークを円滑に進めるため、メンター(*)のアドバイスのもと、同じ業界や類似する目的を持つ方たちとのネットワーキングを広めます。帰国後のキャリア形成のため、しっかりとした基礎を築くことができます。
帰国後は、このフィールドワークで培った知識やスキル、ネットワークがご自身の将来のビジョンを達成するための大きなステップとなるでしょう。

(*)メンターは現地にて、良き相談相手として参加者をサポートします。
(*)現地でのフィールドワークの期間は4週間です。


■フィールドワーク(例)
<ミッション>
教育システムや教育現場のリサーチと、実習体験を通して日本文化を伝える。


<活動内容>
◆「行動計画書」の作成→ミッションを達成するための具体的な計画をたてる。
◆渡航前に日本の教育、派遣国の教育および、海外諸国の教育事情についてリサーチを行い、

 アポイントのためのメール送付や英語資料作成を行う。
◆派遣地域における教育関係者からの聞き取りを行う。(最低3名、質問内容は日本である程度決めておく)
◆日本や派遣国および、海外諸国の教育について教育関係者とディスカッションを行う。

 (日本の現状を数字含め認識し、英語でどう話すか確認しておく)
◆学校視察を行う(最低3校)。
◆教育機関で日本文化を紹介する(そのためのプレゼン資料や映像など英語で準備)。 など


スカラシップに関するお問い合わせ

よくあるご質問

語学力や自己負担いただく費用(渡航費・滞在費など)の目安など、よくあるご質問と回答集をご用意しています。
不明な点がありましたらまずはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

「テンプグループ・ワールドワイド・スカラシップ」に関するお問い合わせ、説明会のご予約、最新情報のメール登録などはこちらから。

スカラシップに関する最新情報をメールにてお知らせいたします。
本文に「スカラシップ情報希望」とご記載ください。

WEBサイトからのお問い合わせはこちらのフォームよりお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ先

03-6385-6829

受付時間:9:00〜18:00(月〜金)

ここからカテゴリ内の共通メニューです

メールマガジン登録

スカラシップに関する最新情報をメールにてお知らせいたします。

メールマガジン登録(新しいウィンドウが開きます)

テンプスタッフのママ支援(新しいウィンドウが開きます)
社会貢献活動 スカラシップ制度
イメージキャラクター テンプりん。の紹介
篠原の創業ストーリー わたしの生きる道