ページの先頭です
ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

留学後の先輩たち

第20回 シアトルコース参加

宇野真梨子さん

(インターン:日本人向けフリーペーパー運営会社)
音楽系出版社にて編集 → 実用書系出版社にて編集

人生を大きく変えた3ヶ月

20代最後という時期に3ヶ月間海外に滞在できたことはとても貴重な経験であり、また今後の生き方にも大きく影響を与える経験になりました。今までの自分の常識が通用しない海外生活で、最初は戸惑いもありましたが、その違いを楽しむことができるようにマインドが変わっていったことに自分でも驚いています。都市でありながら身近に大自然があり、それらを日常的に楽しむことができるシアトルでの生活は、ワークライフバランスを考えるきっかけにもなりました。

言い回しをまねしてみることからスタート

もどかしい思いも何度も味わいましたが、ネイティブの方の言い回しや表現をまねすることから始め、徐々にレベルアップさせることができました。インターンシップでは英語での電話対応や翻訳、インタビューなど、日本ではできない経験をし、生きた英語に触れるとともに、英語を使えると仕事の幅が広がることを痛感。帰国後はTOEICスコアが100以上もアップしました!

大人として付き合う、ホストファミリーとの関係

最初はホストファミリーとの距離感で悩みましたが、ホストマザーの「いつもYesと言わなくてもいい」という言葉をきっかけに、自分らしく過ごせるようになりました。彼女はベトナム出身で、アメリカに来て英語を勉強し、現在ナースとして働いている方。自分に自信を持っていて、強く、ポジティブな彼女との会話から学ぶことも多かったです。

かけがえのない仲間との出会い

今回シアトルで生活する上で、本当に頼りになったのは同じスカラシップのメンバーでした。お互い依存し合わず、でも本当に困ったときや悩んでいるときには助け合い、皆が自分らしい成果を残せました。志の高い仲間と過ごした3ヶ月はとても充実したものであり、今後もそれぞれの道に進みながら、お互いに刺激し合える関係になりそうです。

英語や日米文化に関する書籍を目標に転職

忙しい日本での仕事を離れ、自分と見つめ合う時間を得たことで、自分の性格、嗜好性、仕事に求めるものなどを再確認することができました。帰国後は、今までの職歴やインターンシップ経験を活かした仕事をしたいと思い、地元名古屋の出版社に就職しました。英語や、日米の文化に関する書籍を企画・編集することが現在の目標です。

ここからカテゴリ内の共通メニューです

メールマガジン登録

スカラシップに関する最新情報をメールにてお知らせいたします。

メールマガジン登録(新しいウィンドウが開きます)

テンプスタッフのママ支援(新しいウィンドウが開きます)
社会貢献活動 スカラシップ制度
イメージキャラクター テンプりん。の紹介
篠原の創業ストーリー わたしの生きる道