ページの先頭です
ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

弊社エキスパートが語る「アウトソーシング成功の秘訣」

近年、コストの削減、業務効率の向上などを目的に、アウトソーシングを活用する企業が増えています。その一方で、「導入するにあたって、どこから手をつけてよいのかわからない」「アウトソーシングをすることによるコストメリットがあるか疑問」など、導入や運用に課題や不安を抱えている企業も多いようです。
そこで今回は、弊社におけるアウトソーシング仕掛け人、取締役アウトソーシング事業担当の和田孝雄が、具体的なプロジェクトでの経験をもとにアウトソーシング成功の秘訣を語ります。/p>

なぜ今、アウトソーシングが注目されるのか?

人材ポートフォリオの再構築が迫られている

理由は大きく2つあります。1つめは、企業の経営課題の変化に、派遣だけでは対応しきれなくなっていることです。少し前まで、組織のスリム化とコストダウンが企業の課題でした。これを解決するためには、業務繁忙期にあわせて確保していた社員を閑散期にあわせて縮小し、繁忙期には派遣を活用すれば充分でした。しかし今は違います。派遣法が厳格運用され、政令26業務以外は3年以上派遣利用ができません。これにより、「派遣社員をどこまでの業務で、どう活用すればよいのか」など、人員計画、配置について相談を受ける機会が増えてきました。多くの企業では、コストダウン以前に社員/派遣/パート・アルバイト/アウトソーシングという人材ポートフォリオの再構築が迫られているのです。

人材の流動化による安定した雇用の創出

もう1つの理由は、労働者の安定した就業機会の確保です。例えば、一企業のなかでは、事業の撤退や業務再編において、各地で働く人材を雇用調整しなくてはならないケースがあります。企業の中で全てを抱えていては雇用の安定は図れません。そこで、私たちがさまざまな企業の業務を請け負い、1つのプロジェクトが終われば次のプロジェクトへと人材を動かすことで、一企業ではできない人材の流動化が可能となり、より安定した雇用創出ができるのではないかと考えています。実際に、東京の拠点を地方へ移し、アウトソーシングを活用し地方の雇用を創り出すと同時に、東京で働いていた方々の就業先確保と業務の効率化を実現した例があります。

アウトソーシングのメリットはコストダウンだけではありません。経営課題の解決に加え、より大きな視点ではCSR(Corporate Social Responsibility=企業の社会的責任)の遵守にもつながる有効な経営手法の1つなのです。

プロから見た、導入成功の秘訣

業務プロセスの改善に踏み込む

アウトソーシングで成功する場合と失敗に終わる場合の違いは明白です。変化を避け、コスト削減だけを追求するケースは失敗することが多く、一方で、業務プロセスの改善にまで踏み込むケースは成功する可能性が高まります。

同じ業務をプロセスを変えずにコストだけ下げるには限界があります。アウトソーシング導入を考える業務の多くは、非効率な業務、重複している業務を含んでいます。私たちアウトソーサーが業務改善に一緒に取り組むことで、事業を効率的にまわす仕組みをつくる→生産性を向上→部門のパフォーマンスがあがる→この結果コストも下がる。これが成功事例に共通する特徴です。アウトソーシング導入に失敗するケースの多くは、業務プロセスの改善に踏み込めない場合がほとんどです。経営層は環境変化への適応を求めているのに、さまざまな理由で変化に対応できず現状維持のまま進んでいく。単なるコストダウン要望だけから入ると、結果として業務量は増加してトータルコストが下がらないといったケースもあります。
つまり、目先のコスト改善だけを目指すのではなく、業務改善の視点からはいり、将来的に経営課題の解決につなげていく進め方が大切なのです。

運用への不安をいかに解消するか

また、アウトソーシング導入に踏み切れない企業の多くは、コンプライアンスを含む運用への不安をいだいているのではないでしょうか。「安定した運用ができるのか?」「本当にプロセスの改善ができるのか?」。同じ受発注業務でもA社とB社では運用方法がまるっきり異なりますし、さらには同じA社の中でも部署によっては仕事の進め方や次工程に対する仕事のスタンスも異なるケースがあります。
その違いを明確にできるかどうかがポイントでもあり、コンプライアンス体制の強化にも有用になります。私たちはあらゆる業種の企業に派遣スタッフを送り、業務の中身を把握しているという自負があります。だからこそ、より深く掘り下げた業務プロセスの改善をご提案できるのです。豊富な人材と派遣で培った運用マネジメント力をベースに、企業のビジネパートナーとして伴走するスタイルで、新しいアウトソーシングの形を創り続けています。

アウトソーシング導入のポイントとは?

課題をどこまで深く掘り下げられるか

本当にアウトソーシングが必要なのかどうかを見極めるには、業務プロセスへの深い理解と課題の抽出が不可欠です。アウトソーシングの成功には、さまざまな業種の詳しい業務内容を把握できる企業を選択することが大切です。テンプグループの場合、通常3ヶ月から半年程度をかけ、課題を深く掘り下げていきます。まずは派遣スタッフを投入して、現場のヒアリングとともに課題を探り、分析を行い、テストランを経て本格導入に踏み切ります。自社でも把握しづらい業務プロセスを、プロの視点から改善点に絞って抽出しています。

短期ではなく、長期的視点での運用を

今まで「社員人件費+派遣スタッフ費用」だったものが、「アウトソース費用(業務リーダー+派遣スタッフ費用相当分)」がかかりますから、社員の業務を代替する人件費相当分のコストが上がって見えるケースがほとんどです。まずはトラブルのない安定した運用体制をつくり、プロセス改善を行ってコストを下げていきます。また、アウトソーシング導入で何がどう改善されたか明確化する運用もポイントです。テンプグループでは、重要評価指標(KPI)を設定し、月ごとに業務報告を行い、結果の評価を行います。そして評価指標ごとに毎月見直しをかけ、改善を繰り返すことで安定した運用体制とコスト改善を図っていきます。

コアな業務は社内に残す

社内に業務ノウハウを有する人材がいなくなると困るという理由から、アウトソーシングを見送る企業も見受けられます。この問題は、本当にコアな部分だけを残す業務プロセスの切り分けや、業務のマニュアル化で解決できることがあります。また派遣ではなく、より厳格な管理が可能なアウトソーシングのほうが、コンプライアンス体制も万全です。

私たちにお任せください。

テンプグループでは、アウトソーシングのご相談を受けた企業に対して、ただ単に「こうすれば成功する」というお話はしていません。今まで手掛けてきたプロジェクトの失敗談なども説明し、安定した運用体制を構築するため専任のプロジェクトマネージャーを配置することもあります。

「どこにリスクが潜んでいるのか?」「どうプロセスを変えればいいのか?」「導入の方法は?」「運用後の体制は?」。こうした疑問点にはこれまであらゆる企業の経営課題解決に携わってきた情報とノウハウを提供し、単なる外注先ではなく、信頼あるビジネスパートナーとなるために力を尽くしています。アウトソーシング導入への興味や不安があれば、ぜひご相談ください。

テンプグループのアウトソーシング導入のメリット

  • ・的確な業務の効率化を実現。結果としてコスト削減を行います。
  • ・アウトソーシングに限らず、経営課題を解決する提案を行います。
  • ・成功事例だけではなく、失敗事例から学んだ豊富なノウハウを提供します。
  • ・コンプライアンスの強化も業務の効率化と平行して実現します。
◆プロフィール
テンプスタッフ(株)取締役 アウトソーシング事業担当
1991年テンプスタッフ(株)入社。テクノサポート営業部部長、神奈川営業部部長、営業企画本部本部長を経て、2006年に取締役企画本部長に就任。2010年4月より新設したアウトソーシング事業本部にて、アウトソーシングの導入による業務プロセスの改善を通じ、企業の経営課題の解決に取り組む。

バックナンバーはこちら

(2013年4月現在)

ご依頼・お問い合わせ お気軽にご相談ください

0120-055-507 月〜金 : 9:00〜19:00 土 : 9:00〜16:00(日・祝を除く)

お問合わせフォーム

「お問い合わせフォーム」からのご相談については、
ご希望のご連絡方法(メール、電話)で担当者より本日中にご連絡させていただきます。
(17時30分以降および土日祝日のお問い合わせについては、翌営業日のご連絡となる場合がございます。)


テンプグループが選ばれる理由
注目のアウトソーシング!企業様からの声

よくあるご質問

テンプナレッジマガジン

旬なテーマで人材活用やビジネスに関するお役立ち情報をメールでお届けします。

配信のお申し込みはこちら